« え!美味しくないの? | トップページ | 甘さが好まれる果物 »

映画〔追想〕を観る

この映画はロシア革命で犠牲になったロマノフ王朝ニコライ2世の末娘アナスターシャがただ一人生き延びているという噂をささやかれる時代に起こる物語です。1956年制作で皇女アナスターシャに仕立てられる謎の女を演じるのはイングリット・バーグマン。ロマノフ家の莫大な資産を狙い一芝居を試みるロシアの元将軍にユル・ブリンナー。

イングリット・バーグマンは、アンナという女性は本当に皇女だったかもしれない、という役柄には実に打ってつけの女優だと思います。当時、気品と美しさをこれほど持ち合わせている女優は他になかったのではとバーグマンファンだった私は思います。

ユル・ブリンナーは精悍な風貌で、鷹のような目と小柄ながら引き締まった身体は大変セクシーな俳優でした。女優をセクシーというときは気品は関係なくとも、男優をセクシーと云う場合そこには気品がなければならないというのが私の持論。。。

私は若い頃からアナスターシャは生き延びているという話にロマンを感じていましたが、NHKでこのロマンにばっさり終止符を打つようなドキュメンタリー放送をしたのを観てしまいがっくりし、ブログに書きましたが、その記事をご覧下さった〔ツシマ〕様という方が〔ロシアでは都合であのような打ち切り方をする。アナスターシャがあの革命で殺されたという事実は科学的に確認されたわけではありません〕というようなコメントを頂いて、ほっとした事を思い出しました。今日の映画を観てあらためてアナスターシャは後半幸福な生涯を送ったのではと思いました。

P1110546

|

« え!美味しくないの? | トップページ | 甘さが好まれる果物 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« え!美味しくないの? | トップページ | 甘さが好まれる果物 »