« 〔ゆくてなし〕という意味 | トップページ | ブログで見つけた久しぶりのMさん »

苦しいときを脱す

現在本展覧会に出品する大作を手がけている真っ最中。これが山あり谷ありの難苦行で、何度目かつぶしがあったのですが今日やっと何とか形になりました。やれやれ・・・coldsweats01私の場合エスキース〔下絵〕はほとんど役に立ちません。キャンバスに描きだしてから気が変わりますから。。。

私は才能の無い凡人ですから難行苦行は毎年のこと。こうも苦しい目に何年も遭っているとこれも快感になるんですよ。〔苦笑〕 苦しい目に自らを追い込むんです。強がりを云うようですがあっさり出来てしまうのはつまりません。しかしそれでいいものが出来れば云うことはないのですが、その挙句の駄作ですからね。愚作か。。。weepその代わり胸にストンと落ちるものが描けたときちょっと大げさですが生きがいを感じます。

今回で何が何でも描き進めないとお花見にも行けなくなってしまうわィ。

P1030651

ユニークな招き猫

|

« 〔ゆくてなし〕という意味 | トップページ | ブログで見つけた久しぶりのMさん »

絵画」カテゴリの記事

コメント

大作になるといろいろ難航するものですね。
絵画と文章はジャンルが違いますが、同じように難航することがしょっちゅうです。途中で放棄することも勿論あります。
私は「プロ」の文章家ではありませんが、プロだろうとアマだろうと同じでしょう。そういう話はよく聞きますから。
でも、たまに短文をアッという間に仕上げるのも楽しいですね。そういう場合はスカッとします。
長文だろうと短文だろうと、それぞれの味わいがあります。
絵画でもスケッチ風に早く仕上げるのもありますね。大作の完成をお祈りしますheart02
余談ですが、この招き猫も面白いですね。

投稿: 矢嶋武弘 | 2010年3月31日 (水) 08時34分

矢嶋様

矢嶋さんの文章には常に読み手を慮る配慮が感じられます。記者と言う長年のご職業柄の賜とは思いますがプラスホットなお人柄が妙味としてちりばめられていますね。伝わり易い書き方と矢嶋さんの人間性が垣間見えてその独自性が多くのフアンを惹き付けているのだと思います。

おっしゃる通り、絵画ほどプロ、アマの境界線が曖昧なものはないと思います。文筆家のそのようですね。細かく書くことは憚られますが。。。eye

お気遣い感謝します。今の段階では上手くいきそうで饒舌なのはそのせいです!bleah

この招き猫は長野海野宿のおみやげやさんのものです。変わっていますよね。。。

投稿: おキヨ | 2010年3月31日 (水) 11時14分

おキヨ様、お疲れ様です!大作が完成に近づいているようですね!!!

本日のおキヨ様の文章は、私の気持ちを代弁しているようで共感しました。

おキヨさんは人物をメインとした構成の作品づくりをされていると想像しますが、私の今回の作品は長崎・五島列島にある「頭ケ島教会」を描きました。

私もひと段落しましたので、小旅行を検討中です!

投稿: 竹内康行 | 2010年3月31日 (水) 18時24分

竹内様

貴方様も頑張っておられますね!製作中のお気持ちはおそらく私と同じと思います。かなり昔ですがいつかはきっと楽になるときが来る、と思いましたがこれが甘い考えでしたbearing
楽になるどころかどんどん難しくなります。

奥村とぎゅうが100歳にして〔これからだというのに・・・〕と高齢で描く事が不自由になったのを口惜しがったのですから、絵というものは際限がないということが解かります。ここで大家の名前が出るというのも大それた話ですね(^^ゞ

そうですか、私はまだひと月ほど余裕がありますのでこれからデティールにはいります。

また奥様との御旅行の様子を楽しみにしております。

投稿: おキヨ | 2010年3月31日 (水) 19時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 〔ゆくてなし〕という意味 | トップページ | ブログで見つけた久しぶりのMさん »