« うつらうつらのアカデミー授賞式 | トップページ | 世界で一番の幸福と不幸 »

トイレの話

真っ当な日本語がもしかして消滅するかも、というような事態が荒川区に起こっているようです。荒川区では〔公衆便所〕を語感がよろしくないということで〔公衆トイレ〕に統一表記する話が持ち上がり賛否両論という記事をある方のブログの〔おもしろニュース〕でみました。

そう聞いて私はあれ?すでに観光地、公園などで〔公衆トイレ〕と表記されていなかったっけ?と思いましたが私の勘違い?ともあれ論争となるからには〔何を抜かす!立派な便所という日本語があるのになんで外来語をいわなくちゃならんのだ!!便所一本やりで来た日本男児の俺様がいまさらトイレだなんてふやけた言葉を言えるか!〕といわれる御仁がいらっしゃるとおもいます。我が家でも夫はトイレでもお手洗いでもなく便所というはず。。。〔云うのは勝手、表記の話でしたね coldsweats01

でも不思議に思うのは、日本では御便所を指す言葉がとても多いのになんでトイレかなと思う事があります。

私が知っているだけでも〔手洗い 雪隠(せっちん) はばかり 厠(かわや) 手水(ちょうず) ご不浄(ふじょう) 〕みんな旧い言葉になってしまいましたがそれぞれ意味を持った美しい言葉がこんなにあるのです。

それなのにトイレで統一しようとは残念な気がしますね。かく云う私も(ちょっとトイレ。。。)といいますけどねhappy02

P1030592

 風情豊な海野宿  2008年撮影

|

« うつらうつらのアカデミー授賞式 | トップページ | 世界で一番の幸福と不幸 »

雑記」カテゴリの記事

コメント

おキヨさま、掲載された『海野宿』の一角に公衆便所の表記がありましたとすれば、どんな表記が良いんでしょうねぇ? 「厠」も「ご不浄」も『雪隠』も何となく良い感じですよネ・・

投稿: 伊藤 | 2010年3月22日 (月) 06時17分

ほとんど常用されているので「公衆トイレ」という言い方にはあまり違和感を感じないのですが、こんな形で提起され、改めて眺めると、日本語と外来語の組み合わせで妙かな?という気がしないでもありません。
今は見かけることが少なくなってしまい、絶滅危惧種化している「公衆電話」を「公衆テレフォン」などと言うと、長○さんとか、ルー・大○さんになってしまいますものね。

投稿: 風花爺さん | 2010年3月22日 (月) 06時45分

伊藤様
海野宿のような場所にはトイレなどという言葉を表記してもらいたくないですが、きっと矢印で(トイレ)と書いてあると思います。すでに(トイレ)の表記は全国的ではありませんか?(お手洗い)と半々ぐらいでしょうか。。。
私は頑強に(厠)とか(雪隠)という表示があってもユニークでいいのではと思います。その前で(トイレはどこかな?)と探す人もいたりして。。smile

投稿: おキヨ | 2010年3月22日 (月) 11時19分

風花爺さん様

荒川区では今まで公園などに昔ながらの公衆便所と表示されていたのでしょうか?それとも公的文書の上の話だけなのか詳しくは知りませんが、いずれにしてもいま頃このことが論争になるとは以外でした。

たしかに・・・delicious彼らの言葉をわらう人もこれが一般化してしまうと変と思わないという実に変な話で。。。

最低限正しい日本語は確保して欲しいと思っています。

投稿: おキヨ | 2010年3月22日 (月) 11時44分

おキヨさん
日本語の素晴らしさ。おっしゃるとおりです。反面、このところ「コンピテンシー」という言葉と、「アビリティー」の認識の違いが、話題になることがあります。
国民の関心事に合わせて、言葉の数が異なりますね。
中国の料理への関心の深さが、料理の焼き具合、揚げ具合などの強さや温度までが判るほど言葉が沢山あるようです。
国民性を大切にしたい反面、トイレという言葉で曖昧なまやかしを感じるようだと、トイレという言葉が、日本語化したという事かも知れませんネ。

投稿: 風の樹人日記 | 2010年3月26日 (金) 09時49分

風の樹人日記様
お恥ずかしい事に、私〔コンビテンシー〕と〔アビリティー〕という言葉の意味をを存じませんで、辞書、PC検索で意味を解かりました。ブログのお仲間のおかげでこうしていろいろ学べる事ができてあらためてパソコンというものの有意義さを感じています。

貴ブログを相変わらずコメントなしで拝見する失礼をしております。

私は先生の青に魅せられ思い切ってブルー系に挑戦したもののただいま大変苦労しております。ブルーを扱うには相当な色彩感覚が無いと無理なのではと心がなえております。
もう少しがんばって見たいと思います。。。

投稿: おキヨ | 2010年3月26日 (金) 13時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« うつらうつらのアカデミー授賞式 | トップページ | 世界で一番の幸福と不幸 »