« 気になる木の事 | トップページ | 木村忠太展 »

光源氏は色魔?

私は2ヶ月ほど前から瀬戸内寂聴訳の〔源氏物語〕を読んでいますがこれがなかなかす進まない。なんたって全訳十巻まであるのですから、高齢の私、読みきれずに途中で死んでしまう可能性もありです。

なぜ今頃になって〔源氏物語〕かというと、瀬戸内寂聴が何年か前にテレビで盛んに〔私の訳した源氏物語読みやすくて面白いわよ~!〕と宣伝していましたのでそれならとのせられたわけです。そのときに買って読まずに置いていたものが書棚の奥からひょいと出てきたので。。。^^

前に全巻を一冊にまとめたダイジェスト版にような本を読みましたが、これが超特急のようで物語を楽しめません。やはり雅の世界を味わうには全巻読むしかないのです。それがやっと2巻目を読み終わったというわけ。。。読み進まない理由は、☆ さんざPCをした後、寝しなに読むのですからわずか数行で寝てしまう。☆ 現代語に訳したとはいえ原文に沿った文体なので他の小説とはちがう。 ☆ 人の名前が途中でこんがらがってしまう!(^^)! です。

平安朝時代の女性〔姫君〕はみだりに人前に顔を曝す事はなかったようで、当事の恋愛は女房〔仕える女官〕の手引きで男性がしのんでゆくという方法だったようです。そして一夫多妻。物語は美貌の男君光源氏が可憐な少女から56.7歳の老女まで、なかにはとんでもないブスまでcoldsweats01を相手に恋愛遍歴をしまくるという、なんともそればっかりというもので、小説とはいえいささか呆れてしまいました。

そもそも源氏物語と言うのは、紫式部が女房達に語り聞かせるために書いた大衆小説で文学作品などではなかったということです。やたら色好みの美しい男性を主人公にし、手広く恋愛を繰り広げるストーリーというのもそういうことだとうなずけますね。退屈しのぎにかかれたもの?このあと光源氏が明石へ島流しにされる事はダイジェスト版で知っていますが、ここでもちゃっかり女狂い。女性達も光源氏の美貌には目が眩むのですね。それに光源氏女を惑わすいい匂いがするんです。。。一体どれほどの美貌か知りたいもの。ヨン様ぐらいかナ?happy01

P1110520_2

この子ひとりでにこんな格好に。。。?

P1110522

普段はこうです

|

« 気になる木の事 | トップページ | 木村忠太展 »

雑記」カテゴリの記事

コメント

タイトルが「色魔?」というのでギョッとしましたが、実際はそれに近いのでしょう。
ヨーロッパの「ドン・ファン」と同じでは・・・
厖大なので私も全巻は読んでいません。昔、○○の巻というのを少し読みましたが、ついていけませんね。忘れました。
でも、光源氏は男性の夢でもあり、女性にとっても憧れだったのでしょうね。
光源氏以降1000年間、こういういい男は出ていませんからhappy02

投稿: 矢嶋武弘 | 2010年3月14日 (日) 11時59分

矢嶋様
私はなんとしても言葉が荒いですね。夫の影響かと存じますbleah
色好みといえば言葉として柔らかいのですが結局同じことです〔爆〕

私も昔数行ごとに訳された源氏物語を読み始めてあまりの読みづらさに途中放棄した事があります。
瀬戸内寂聴の訳したものはかなり読みやすく、第3部はいよいよ物語が佳境に入って面白くなりそうです。最初は登場人物に混乱が起きましたが、もう大丈夫〔爆〕大衆小説などと暴言を吐いてしまいましたが、撤回いたします!

投稿: おキヨ | 2010年3月14日 (日) 18時36分

おキヨ様

大河で"龍馬伝"を見ていると福山さんが素敵過ぎて
龍馬さんってどんな人?と本をたんまり借りてきました。
母にも読ませると。。。吐き捨てるように
「ただの女好きpunch」と続きを読もうと
しません。

福山さんを使ったのはミスキャストだったかも
知れませんね。。。notes

今夜も楽しみにしているのですが。。。

源氏の君も。。。ただの女好きを文学にまで仕立てた
紫さんを褒めるべきかもnote

投稿: sunday | 2010年3月14日 (日) 18時50分

Sunday様
あら、竜馬さんも女好きなんですね!いいじゃありませんか。英雄色を好むってね、秀でた大人物ほど女性にいやされるものと昔から相場がきまっています。
しゃくにさわるのは小人のくせしてそちら方面だけは一人前というやつ・・・身近にいる人間punch

なぁんでぇ~!福山雅治で竜馬伝を観る人が増えたって話ですよ。私も観てます!heart02

投稿: おキヨ | 2010年3月14日 (日) 21時04分

源氏物語は大和和紀の「あさきゆめみし」がおすすめです。マンガですけど情緒に溢れていますよ~~~~

投稿: ひかる | 2010年3月16日 (火) 02時29分

ひかる様
な~るほど!マンガですか~flairこれは名案です。
源氏物語は大勢の似た名前の人物が登場しますのでで最初混乱してしまいますが、視覚的に区別ができるとわかりやすいですね!
それで大筋がつかめると訳ものを読んですっと物語の流れについていけますね。
私も今第3巻が面白くなってきました。やっぱり〔源氏物語〕は価値ある超大作かも。。。下卑た書き方をして源氏に申し訳ない。。。coldsweats01

投稿: おキヨ | 2010年3月16日 (火) 11時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 気になる木の事 | トップページ | 木村忠太展 »