« ジャネット・ジャクソンを観る | トップページ | 人間年をとると・・・ »

日本人は美術展好き

新聞に〔美術展の世界ランキングで日本の来場者が世界一多い〕という記事を新聞で目にしました。

2009年度の特別展で、1位〔国宝 阿修羅展〕2位〔正倉院展〕3位〔皇室の名宝 日本美の華〕4位 〔ルーブル美術展〕の4位までは日本が占めベスト10の半分は日本の展示会が最も来場者が多かったということです。

世界で一番美術に関心があるのは日本人ということが数字で表された事になります。。。たしかに特別展となると驚くほど来場者があり、ときによっては目的の展示品を観る事さえ困難ということが私も幾度か経験しました。年代別にすると来場者の大多数は中高年で、若い人はまれです。ラジオで聴いた話では若い人は仕事などで時間の余裕がないという理由の他に、入場料金が高いということがあるそうです。国によっては学生の入場料は安くなるか、無料という国もあるそうです。これほど美術に興味を持つ国民なのに若い人が金銭の理由で観たい展覧会も観られないということになっているとは知りませんでした。

しかしなんだか腑に落ちない話・・・日本人は人が集まる所には行きたがるという習性も強いですからね・・・run

P1040222

|

« ジャネット・ジャクソンを観る | トップページ | 人間年をとると・・・ »

雑記」カテゴリの記事

コメント

>日本人は人が集まる所には行きたがるという習性も強いですからね・・・・

同感です!私も若い頃は何度か大混雑の中を観覧したことがありましたが、あれは疲労以外は残りませんね!このところは並んでまで観覧することはしなくなりました。

特別展もいいですが、日本各地には素晴らしい作品を常設している美術館があるので、私はそちらでじっくりゆっくりして堪能したいものです!!!

PS.おキヨさんの大作・・・そろそろ完成されたのでしょうか?

投稿: 竹内康行 | 2010年4月10日 (土) 02時06分

年を取ると出不精になりますね。面倒くさくなったりします。したがって、美術展や展覧会へ行く回数が減りました。
若い人たちが行かないのは忙しいだけでなく、料金が高い(?)ということも間違いなくあります。
今は60歳代の団塊の世代が最も貯金を持っており、また時間もあります。
薄型テレビをどんどん買っているのはこの世代です。だから、彼らに大いに美術展に来てもらいましょう。
可哀そうなのは30歳代の人たちで、ローンなどの借金に追われ美術展どころではありません。
入場料金を割り引きするなら、むしろ「30歳代」にすべきでしょうね(笑)

投稿: 矢嶋武弘 | 2010年4月10日 (土) 10時20分

竹内様
世界的に有名な特別展には長蛇の列で30分待ちで進む〔入場ではなく進むだけ^_^;〕の目に遭った事があります。今ではルノアール展を時々やっていますが、最初某デパート美術館で行なわれたときには展示品を観たような見なかった様な。。。他の方も同様と思いますから考えると馬鹿らしい話です。結局その場へ行ったというだけで終わります。

余談ですが、そのとき長島茂雄さんの背中に張りとくようにして会場を進んだ記憶のほうがルノアールの絵より鮮明に覚えています〔爆〕

絵ですか~~・・・〔ため息〕あと一ふん張りというところです。今年の花見は夕方近辺で済ませます。(ー_ー)!!問題の色は会場効果に期待したいところですね^_^;

それより、かさねがさねの受賞おめでとうございます!!あやかりたいところですwink〔最初に書くべきでしたね〕

投稿: おキヨ | 2010年4月10日 (土) 11時02分

矢嶋様
高齢に加え私は肝心の脚に故障を抱えた為により出不精になりました。地方で良い展覧会があればじっくり観るということで今は満足ですね。地方の美術展覧会は上質なものを吟味されていますので充分に満足できますし。。。
しかし何はともあれ、興行的には世界一なのですからこれはこれですごい事だと思います。日本はまだまだ余裕のある国という印象をもたれるのではないでしょうか。

私も若いひと、特に学生ですね、に芸術面の展覧会の入場券は半額、場合によっては無料ということもあって欲しいですね。こんなことで若い人達が芸術文化からどんどん離れていくというのはどうかと思います。学校だってこの教育は先進国では劣っているという話ですもの。。。

投稿: おキヨ | 2010年4月10日 (土) 11時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジャネット・ジャクソンを観る | トップページ | 人間年をとると・・・ »