« ケ・セラ・セラ | トップページ | 何度観ても怖い〔鳥〕 »

シベリアという菓子

夕飯の支度をしていたら夫が〔あ、これこれ!シベリアだ、懐かしいな〕というのでテレビを観たら、私にとっても懐かしいお菓子が画面に。。。私は〔あんこのカステラ〕といっていたお菓子が〔シベリア〕という名前だったのは知りませんでした。地方によってはご存じない方も居るでしょうが、戦後駄菓子屋で買えた中高年には懐かしいお菓子です。〔もしかしたら戦前からあったものかもしれません。〕

シベリアという名前の由来をはじめて聞きましたが、カステラの間に挟んだ羊羹ようの餡子がシベリア鉄道のようだったからという話でした。夫がこのお菓子が好きで駄菓子屋で〔アラスカ〕をちょうだいといって笑われたそうです。

お菓子の名前を勘違いして笑われた話をもうひとつ。。。

昔、郷に〔ボリューム〕というケーキがあって、我が家ではみなこのケーキが大好きでした。姉妹が交代で買いに行くのですが、末の妹が買いに出かけ〔グラマーをください!〕といって店員さんに大笑いをされたというのです。妹は私と違い巨乳のグラマーでしたからね。happy01

121_2157

シベリアではありません。 

|

« ケ・セラ・セラ | トップページ | 何度観ても怖い〔鳥〕 »

雑記」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
突然失礼します。 「アラスカ」と「グラマー」に受けてしまいまして。(^ァ^)

お菓子の「シベリア」は、当地(千葉県)のスーパーにもありまして、私も買い求めたことが何度か。
そうは高くないお値段で、今もって駄菓子の扱いです。
普段から見掛けるので、きっと固定した客層があるのでしょうね。
明治の昔からあったそうですけれど、地域によっては現役の味のようです。

投稿: もとよし | 2010年4月30日 (金) 00時11分

もとよし様
ようこそおいでくださいました\(~o~)/
いまでこそ豊な胸は自慢になりますが、そうじゃない時代もあって、当時18歳の妹は恥ずかしさのあまり半べそをかいて帰ってきましてそのわけを家族に話しまたまた大笑いになってしまいました。今でも語り草になっています。

シベリアというお菓子は今ではほとんど見かけませんが、処によって根強く残っているのをテレビで知りました。やはり駄菓子系でしょうか。。。

明治時代からのお菓子でしたか。和洋折衷のシベリアはモダンなケーキではなかったでしょうか。。。

今後とも拙ブログよろしくお願いします。

投稿: おキヨ | 2010年4月30日 (金) 10時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ケ・セラ・セラ | トップページ | 何度観ても怖い〔鳥〕 »