« 加山雄三さん | トップページ | 夜の訪問者 »

上達しない幸せ

レオナルド・ダ・ビンチがとても飽きっぽい性格だったということをご存知?それは人がやることなんでもすぐ出来ちゃうからつまらなくて執着出来ないからだったそうです。

私がクロッキーをはじめて何年になるやら。。。はじめから人体を描くのが好きでしたから、不定期なものを入れると30年はデッサンやらクロッキーをやっていた事になります。が、私 飽きません! 不器用で上達が遅いですから。。。そうかといって進歩がゼロということでもないところがミソ。昔のものと比較してみると目に見えない進歩がわずかに見えます。これがなければいくらなんでも虚しいと思うかもしれません。でも結局は単純に〔好き〕という気持ちが一番かもしれませんねlovely

描けば描くほど難しく、それ以上に楽しい作業なので自分の不器用に感謝したいくらいに思っています。

P1110750

絵も下手ですが写真はもっとヘタ 頭が切れちゃいました^_^;

P1110752

10分はきつい!

昔モジリアーニ展で彼の粗末なクロッキー帳を観た事がありますが、これでもかというほど同じ箇所の線を繰り返し引いていましたね。

ヘタな描き手ほど全体をまとめたがる?coldsweats01

|

« 加山雄三さん | トップページ | 夜の訪問者 »

絵画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 加山雄三さん | トップページ | 夜の訪問者 »