« 新米さん頑張ってね | トップページ | ケ・セラ・セラ »

美しいキム・ノヴァク

ヒチコック映画1957年制作〔めまい〕を観ました。配役はジェームス・スチュワートとキム・ノヴァク。 過去の亡霊に取り付かれたと思える不可思議な行動をする友人の妻の調査を依頼された元警官が、彼女に魅かれていくという内容です。

主演女優のキム・ノヴァクのミステリアスな美貌は絶品でした。当時キムほどコワク的〔字が出ない^_^;〕な雰囲気を醸す女優は他に居なかったと私は思います。抑えた表情と量感のある肢体は〔女とはこういうもの・・・〕といっているようです。この映画を撮ったとき彼女は25歳といいますから、いまどきのショ○ベン臭いネエチャンお若い方々とは一味もふた味も違います。ただ、演技力の点では疑問符がつくのではないかと。。。eye  主演のジェームス・スチュワートは懐かしい俳優。でも私この俳優ほど〔好きでも嫌いでもない〕というフラットな気持で観た俳優はありませんね。それだけにその無個性ともいえる癖のない容貌、演技が共演女優をよりいっそう輝かせる力を持った俳優ではないかと思います。

P1030022

|

« 新米さん頑張ってね | トップページ | ケ・セラ・セラ »

映画」カテゴリの記事

コメント

キム ノバック。
懐かしい大ファンだった青春期が、カメラのシャッターを押すように、一瞬蘇りました。
同じ頃の「めまい」だったのでしょうね。

投稿: 風の樹人 | 2010年4月27日 (火) 22時03分

風の樹人様

キム・ノヴァクは断然男性ファンが多かったですね。香り立つような妖艶さが魅力でした。

先生の365日展1年間楽しませていただきましたが、いよいよ今日で終了という事になりますね。後は気ままにUPされるのでしょうか?

のちほどお礼に伺わせていただきます。

投稿: おキヨ | 2010年4月28日 (水) 00時26分

昔は映画のヒロインは「美女」と決まっていましたね。
ヴィヴィアン・リー、エリザベス・テーラー、グレース・ケリーなどなど。
「ピクニック」でデビューしたキム・ノヴァクもその系譜のひとりですね。
正統的な美女でありながらグラマラスな肢体が確かに「蠱(頑張って何とか表示してみました)惑的)でしたね。
いつのころから美女ではなく個性が尊ばれるようになったのでしょうか?
オードリー・ヘプバーンの登場からでしょうか?
J・スチュワートの馬面で、飄々とした演技は、特に西部劇で印象に残る一人です。
ところで男心を惑わす「蠱」という字は「虫三匹」で構成されているのでしょうかね。

投稿: 風花爺さん | 2010年4月28日 (水) 06時44分

昔は映画のヒロインは「美女」と決まっていましたね。
ヴィヴィアン・リー、エリザベス・テーラー、グレース・ケリーなどなど。
「ピクニック」でデビューしたキム・ノヴァクもその系譜のひとりですね。
正統的な美女でありながらグラマラスな肢体が確かに「蠱(頑張って何とか表示してみました)惑的)でしたね。
いつのころから美女ではなく個性が尊ばれるようになったのでしょうか?
オードリー・ヘプバーンの登場からでしょうか?
J・スチュワートの馬面で、飄々とした演技は、特に西部劇で印象に残る一人です。
ところで男心を惑わす「蠱」という字は「虫三匹」で構成されているのでしょうかね。

投稿: 風花爺さん | 2010年4月28日 (水) 06時44分

風花爺さん様

スクリーンで美女を観ないでは映画の意味がないと思いましたね。正統派美形の時代は・・・そうですね、いわれて見ればオードリー・ヘプバーンの登場でしょうか。妖精といわれた彼女もカタチ的には欠点の多かったですものね。。。
今に至ってはむしろ欠点を武器にした女優が美女として通って居ます。

J・スチュワートは私が知った時点ですでに〔アメリカの一般的なおじさん〕的で若い女の子〔私です(*´σー`)〕が好きになる対象外でした。今観るとその安定感が彼の魅力だとわかりました。

虫が3匹皿の上に・・・美味しい虫のご馳走でしょうか。妙に可笑しくてしばらく笑ってしまいました。
さすが風花さん、ユーモアーがセンスが知的です。
私は虫3匹はとうとう探せません。

投稿: おキヨ | 2010年4月28日 (水) 11時34分

キム・ノヴァクの役は最初ベラ・マイルズという女優にオファーがあったらしいです。なんでもヒッチコックのお気に入りだったそうで。でも彼女が断ってキムが出演したとか。これはこれでよかった。でベラ・マイルズってだれ?「コロンボシリーズ」にゲストで出てるんですよ。もちろん犯人役。お暇なら探してみて。

投稿: オムロン | 2013年6月 1日 (土) 09時53分

オムロン様

そうでしたか。ベラ・マイルズは先日観た〔サイコ〕のジャネット・リーの妹役として出ていましたね。
美人女優としてかっては洋画雑誌などにも顔を連ねていましたが、キム・ノヴァックほどの輝きをはなつ力はなかったですね。キムのおかげであの映画は成功したと思います。

再放送があれば必ず観ますよscissors

投稿: おキヨ | 2013年6月 1日 (土) 10時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新米さん頑張ってね | トップページ | ケ・セラ・セラ »