« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

けだし名言

○どこへ行こうとしているのかわからなければどの道を通ってもどこへも行けない

これはニクソン政権時代の大統領補佐官 キッシンジャーの名言です。政治家ですから政治のことを念頭に置いた言葉だとは思いますが、すべてのジャンルに通用する言葉のようでもあります。

たとへば私の、夫が申す究極の〔暇つぶし・・・(-_-X)〕である絵画ですが、手法にかなりのブレがありなかなか定まりません。よく言えば狭い範囲に捕われることなく、ともいえますが、これが都合のいい言い訳で、実態はいったいどこへ行き着きたいのかじぶんで判らないのが正解。。。私は絵画研究所には入学したものの、特定の指導を受けることなく黙々とデッサンの勉強をしただけで後ほぼ独学です。これが心細い限りで、良いと思った展覧会などを数多く見て歩いては優れた先人たちのあらゆる技法を学び取ろうとするあまりにかえって混乱をきたす結果となりました。

そういうことでいまだに迷子状態にある私にはこのキッシンジャーさんの名言はじつに、じつに身に応えるものとなるのです。

P1030798

| | コメント (0)

魅力的な鬼瓦氏

昨日の流れで書きますね^^

長姉が伊豆長岡に嫁しましたが、そこは温泉町なので芸者さんが大勢います。当然置屋さんが多く、東北の堅い家に育った姉は馴染むのに苦労をしたようでした。

お向いさんも置屋さんで、元芸妓の女将さんは小股の切れ上がった美人でしたが、旦那はおよそ不釣合いな〔鬼瓦〕的ご面相。eye私も1,2度、やくざ映画の俳優でも通用するようなキャラクターの氏を垣間見た事がありましたが、世間知らずの姉が〔姐さんもまたどこがよくてあんな人と・・・〕というのとはちょっと違う感じを受けたものです。たしかに迫力のあるタイプでしたが、平凡な義兄と違う、ある種の魅力を蓄えた男性に見えました。そこは男性というものを知り尽くした置屋の御母さんが選ぶだけの男性です。つまらぬことで女性を不幸に陥れるような事のない、どこか厚みのある人物に、当時二十歳そこそこの私にでも感じられました。見た目の好さにしか目のいかない嬢や育ちの姉にはわからない内側からの風格をもった男性だったような気がします。

イケメン、イケメンと騒いでいる今時のお嬢さん方、鬼瓦のような容貌の彼氏はいっそう貴女を美人に見せること請け合いです。happy01

09041302gorillainfant_big   

ゴリラのような人もいいですねdelicious

| | コメント (0)

昔の男性

今の時代は異性を上っ面だけで判断する傾向にありません?もちろんいつの時代でもそりゃ見た目のよさのほうが、悪いよりいいわけですが、はっきりいって今の人の異性の評価はあまりにも軽佻で浮薄すぎるような気がします。それでは自分が悪いわけではないのに不細工に生まれた人は立つ瀬がないじゃありませんか。〔いい方が露骨?coldsweats01

私の若い頃は〔年寄りの枕詞〕そりぁ多少は見た目もないことはなかった?(*ノv`)のですが、女性が男性を観るときなにより肝心なのはインテリジェンスではなかったかと思います。そこはかとなく知性を感じさせて、女が聞くことぐらいの大概は応えられるという知識を持った男性が頼もしく最も魅力的だったんですね。かといって学歴はあまり関係なく、独自で知識を得る知恵があればOKで、たとへば働きながら夜学へ通うというような。。。そういう人は、貧しくとも内側から知性の輝きを放っているのが判りました。

〔おキヨさん、特定の人を思い浮かべながら話しているのでは。。。〕って?

そうですが、いけませんかいsmile

P1110920

竜馬の兄役で好演している杉本哲太さん。 好きな俳優です。

| | コメント (0)

身辺整理?

夫が定年後市から区画された家庭菜園用の畑を借りていたのですが、4,5日前突然〔畑を返そうかな〕といいはじめました。家の近くにもう一箇所、これは個人の畑を借りているのですから家庭菜園を全部やめてしまうわけではありません。

じつはこの畑に夫が興味を失った理由があるのです。市から借りている畑ではおもにサツマイモを作って自分と私の兄弟に送って喜ばれていたのですが、御殿場市で暮らす私の妹の夫が定年になり、これがまた家庭菜園でサツマイモを作り、〔どうだ!〕といわんばかりに、プロ並の形のいいものを送ってよこしたのです。こちらは市から借りた町中の石ころの多い畑、向こうは富士山麓の一角で農作業に適した場所、サツマイモの形の良し悪しは歴然です。〔これからは御殿場から貰ったほうが楽でいいや〕というわけで夫は兜をぬいだ形になりました。happy01

それとなんといっても78歳という年ですからそろそろ整理できるものは整理しておこうという心境かもしれません。

P1110930

P1110931 

P1110932_2

今日の空は秋雲のようでした。

| | コメント (4)

ダイエット知らず

ダイエットというのも辛いらしいですね。好きなだけ食べた結果、ダイエットに苦しむわけですから自業自得のような気もしますが。。。昔の食生活では結構な大食漢でもそうは太らなかったのですが、食物の内容が変わったのでしょう。カロリーの高いものが溢れていますからね。

私は幼い時分から食べるという事に関心が薄く、食の細い子供でしたので見た目も悪く、兄弟にごぼうというあだ名が付けられるくらい貧相で可愛げのない子供でした。思春期になって同級生が女性らしくふっくらした体型になっても私は相変わらず小さく細いまま。初潮も遅く、何とか人並みの体型になったのは高校の終わりぐらい。やっと153センチの45キロ〔身長は少なくなっているはず^_^;〕となった体重はそのまま今に至っています。体型はその年代で変化しているはずなのに体重はほぼ変わりなく太りやすい体質の方には羨ましがられます。いまだに牛肉、とかマグロとかうなぎなど世間が美味しいといっているものはあまり好きではないですね。生まれつきの貧乏性だと思います。肥満になっても思い切り美味しいものを食べたほうが幸せか、美味しいもの知らずで世の中終わるか、どちらがいいでしょうね。。。

Img_2409

| | コメント (2)

自分の〔宝物〕

人にはそれぞれ大切に思う物品があるのではないでしょうか。思い出の品、美術品 書物 親の形見など。。。

ブログのお仲間〔風花爺さんの2重生活〕の風花さんがお気に入りの書物を発見し、大変お喜びのご様子です。たぶん密かに小躍りされたのではないでしょうか、ご自分の〔宝物〕を探し当てたのですから。

私も、他人にはガラクタとしか思えない自分だけの宝をいくつか持っていますが、目下の〔宝物〕はリビングに飾ってあるこれ↓惚れ惚れする造形美heart01

P1010617

P1010620

これは2年ほど前桐生骨董市でひと目で気に入り1万円で手に入れたもの。。。銅で出来た馬で、緑青がとても美しい。よくみると金を塗った形跡があります。下の台汚らしいのですが、おそらく何かの装飾でそこからもぎとられたと思うのです。

私はこれを、古代船が安全を願って船の舳先につけたものだと想像しています。サモトラケのニケほどではないにしても、船もろとも海底に沈んだ金銀と共にこの馬も引き上げられた? 無価値と判断され捨てられたものがまわりまわって私の手に。。。この推理〔妄想〕駄目かしら。。。happy01

この馬が何であったかご存知の方はご一報を。。。

| | コメント (10)

偶然ということの凄さ

特に書く話題のないときにはこんな話を。。。私が上京して2年ほど経った頃、伊豆の姉の所へ行こうと、八重洲口でお土産を買っていて、何気なく隣を見ると、あろうことか郷里〔青森〕のかってのボーイフレンドだった男性が並んでお土産を買っていました。大都会の人混みの中でこんな偶然神様のいたずらにしか思えない出来事です。

夫と伊豆を旅行中、富士鳴沢風穴にいきましたが、暗い洞窟の中で、奥のほうから声高に話す声を聞きつけた夫が〔あれ!?兄貴の声だな〕と。。。立ち止まって声の主を待っているとやっぱり夫の次兄でした。これも偶然にしては凄い話で、義兄は東京、私達は埼玉で、私達の結婚以来数年逢っていないのに、富士風穴の中で逢ったのでした。

もうひとつ。画友2人と展覧会を観に、埼玉から東京に来て、混んだ山手線に乗っていたとき偶然にも同じ車両に画友の一人Hさんの妹が乗っていました。彼女は東京で働いていて休日に買い物に出て兄と同じ電車に乗り合わせたのです。何百分の1の確立だと思います。

これらの偶然を経験すれば、宝くじを買ってみようかという気にもなりますね。

114_1484

| | コメント (0)

サラリーマン川柳

サラ川、すっかり定着しましたね。

私も毎年楽しみにしていますが、これ、1位に選ばれたものと自分が最も面白いと思った作品とは少しばかり違うんですよ。

今回、第23回サラ川の1位は  〔仕分け人、妻に比べりゃまだ甘い〕だそうですが私なら5位の〔すぐ家出、諭吉は我が家の問題児〕を1位にしましたね。ま、タイムリーという点で〔仕分け人・・・〕を1位にしたのは妥当かな。。。4位〔離さない、10年経つと話さない〕これもなかなか。実体験上好きな作品です。9位の〔70才 オラの村では青年部〕これはうなずけます。私の絵画団体では〔何処でもそうだと思います〕御大方は70、80代が多く、60代は青年の部類、私が40代で入会した当時小娘扱いでした。〔70才オラの村では・・・〕はちょっと深刻ですがわかりますね。 

過去第13回の1位〔プロポーズ あの日にかえってことわりたい〕この作品私気に入っています。云ってやりたいと思ったときがありましたからね。paper

P1090150

 

| | コメント (4)

学歴の事

ふたたび竹内政明著〔名文どろぼう〕の話になります。

書の中に、学歴コンプレックスについての事が書いてありますが、作家の吉川英治が学歴のないことに周りが気を使ったことで扇谷正造氏が直接本人からうかがったところ、コンプレックスというのではなく、小学校、中学校、高校、大学のそれぞれ時期時期に応じての学校友達が居ないというのが淋しい、という事だったそうです。

松本清張は学歴という怨念の炎を終生胸にかざし続けた人と書いてあります。菊田一男も学歴のないことに苦労をしたらしく、〔無理をしても学歴は多く持っていたほうがいい。余分な苦労をしなくて済む〕というように書いてあります。

私は高校止まりですが、当時私の田舎では女性が大学まで進む人などあまりなくて、高校卒にコンプレックスを持つ事はありませんでした。ただ、絵画の世界に足を踏み入れてみて、はじめて美術大学卒でない事に強いコンプレックスを持ちましたね。絵を雑誌などで紹介されるとき、必ずいっしょに学歴、受賞歴 展覧会歴が記載されます。華々しい経歴の作家の中に学歴の乏しい私が混じると、なんだか場違いのところに居るような、落ち着かない気分にさせらたことが一度ならずありました。。。このコンプレックスを武器にして・・・というほどの力量を持ち合わせていれば話は別ですが。。。

P1090146

| | コメント (6)

深夜のつぶやき

私は夜行性動物?なので入浴時間のたいていは深夜2時頃となります。真夜中の入浴は一日にうちで最もリラックスできる時間。これも連れ合いが同じ屋根の下に居るという安心感があることで、もしこれが一人だったら怖がりの私一人で我が家の風呂へ入れないかも。。。

怖い理由は、排水口から聞こえる老若男女の異様な声!

お風呂のお湯を抜くときに排水口が突然賑やかにしゃべり出すんです。ホントですよ。野太い男の声で〔おれぁ、おまぇ、ついこの前、ムショから出てきたばかりよ、○□△@*☆○△〕土地者らしいオバちゃんの声で〔なんたって、最近物が高くてこまっちまうよ○△□%#@$*○□*〕若い男の声〔あ~、またフラちまった。俺のどこがそんなに気に入らないんだよ~□△○‘*#$&*△□〕若い女の声で〔あのさぁ、あそこのコンビニの店員ちょっとイケメンよねぇ、+@△□○@&$#ハハハ*@$〕その他おばあさんの声やら赤ちゃんの声も。。。ホントですよ。お湯がすっかり流れきるとその賑やかなおしゃべりも静まりますけど。。。ホントですよ。

皆様 申し訳ありません。悪気はないんです。。。m(_ _)m

P1040358

| | コメント (6)

雀の親子

この時期、鳥達も子育てのシーズンのようです。以前雀の親子の興味深い光景を目にしたことがありました。

我が家の庭に雀が3羽舞い降りて、その中の母親らしいほっそりした雀が、ややふっくりした2羽に交互に口移しで餌を上げています。と、他の雀がやってきたので、母雀は餌場を守ろうとし他雀を追い払いにかかります。すると今まで母親から餌を口移しで貰っていた子雀達は母の留守に自分で餌をついばんでいるではありませんか。なんだ、自分で出来るじゃないの!と思っているところへ母雀が戻り再び餌を口移しで餌を与えます。小雀たちは知らん顔で母の嘴から餌を貰っています。

出来たら忙しい母雀に〔お母さん、もうその子たちに世話は要りません。およしなさい〕と教えたいと思いましたね。人間にもこういう、やたら子の世話をしたがる母親と、それをいい事にいつまでも甘えっぱなしの子供というもたれ合いの親子が居ますねぇ。

P1090152

| | コメント (0)

名文どろぼう

今、台所読書として竹内政明著〔名文どろぼう〕という本を読みはじめました。この本を1も2もなく読みたいと思ったのは、作者が私が長年〔一体どういう人物だろう〕と思っていた、いわば憧れの人。。。

竹内さんは読売新聞の看板コラム〔編集手帳〕の6代目執筆者。

我が家は結婚当時から45年以上読売新聞一筋できましたから、長年編集手帳を読んでいることになるのですが、2001年からの筆者竹内さんの、 博識でユーモラス、鋭く、暖かくそして人情味溢れる名文に心を奪われてきました。

この方の著著が面白くない訳がなく、〔名文どろぼう〕は洒脱で抱腹絶倒、久しぶりに、ページの残りが気にかかる本でした。

P1110919

私は文才のある人は好きですが、流れるような美文だけでは駄目、にじみ出る人情味 と良質のユーモアーが条件です。

| | コメント (6)

荻井クン

以前から〔ツイッターとはなにぞや?〕と思っていましたが、少しづつツイッターなるものが解かるにつれなにやら面白そうで、おキヨ専属のパソコンサポーター荻井クンに〔ワタシでもできるかしら~?〕と聞くと〔出来ますとも、出来ますともdelicious〕ということでしたので、早速セットしてもらい今日から〔ツイッターをはじめました~!みなさまこちらのほうもよろしくお願いいたします~~scissors〕→  →  →

今年に入ってからはじめて顔をみる荻井クン、ややふっくらしたようですが相変わらずの美青年。イケメンというより美青年というほうがしっくりします。よく言えば清潔感ただようルックス、意地悪い言い方をしてしまえば、ちょっと成人男性としての匂いが希薄なタイプ。〔このブログを彼が見てないといいのですが・・・bleah〕 

6年前、はじめて我が家を訪れた荻井クンを見て〔ん!?高校生か?〕と思ったのですが当時24歳。今年ですでに30歳の彼、6年経ってもあまり変わりませんねぇ。。。一言で言って誰にも好感を持たれるタイプで、猜疑心の塊の様な私でもすんなり受け入れてはや7年目に入りました。客商売にはやっぱり〔見た目〕の好さが一番らしくて、お商売のほうは順調という事です。

その性格の良さは、必要なものの置き場所がわかっている彼、自分で出してセットし、帰る時はきちんと元に戻して、年寄には出来るだけ負担をかけないという、いまどきの若い者にしてはりっぱですね。

これだけ褒めておけばブログを覘かれたとしてもダイジョーブでしょうsmile

P1110917

狭い台所で仕事中の荻井クン

| | コメント (2)

うつ病が増えているそうな・・・

うつ病の患者が増えているらしいですね。新聞紙上で頻繁に〔うつ病〕という字を見かけるようになりました。社会の仕組みが複雑になると並行して、気分障害の病気が多発するみたいです。

知り合いの娘さんが結婚した内科医師がうつ病と診断され、長期で自宅療養をすることになったのですが、自宅に居る限り普通の健康状態となんら変わりがなくとても元気だそうです。3ヶ月病気休暇をとり、夫婦で旅行などをして自信をつけいざ職場に復帰すると、仕事をする気が起こらず気分が優れないなどの症状が起こるということでした。こういう方は〔単に職場に適応できないやわな人間〕と思われる事もあるそうですが、これが立派?なうつ病と診断がつくそうです。

うつ病は働き盛りの人間ばかりではなく〔老人性うつ病〕というのもあり、こちらは非常に解かりにくいそうです。疲れやすく 何をやるにしても気分が散漫、飽きっぽい、自信が持てない 〔自分は生きていても世の中の為にならない〕とマイナス意識に捕われるなどの症状を年のせいと考えるからだそうですが、実はうつ病という事があるそうです。

思えば私も 疲れやすい、気が散漫 飽きっぽい 自信がない 世の中の為にならない〔ことにうつつを抜かしている〕・・・診察を受ける必要がありそうですね。。。bearing

114_1479

| | コメント (6)

そーだったの~!

文豪 谷崎潤一郎を〔大谷崎 ー だいたにざき〕といいますね。私はいままで、その呼び方は文豪の中の文豪という解釈で大谷崎というのだろうと思っていました。

違うんですね、これが・・・。単に、これも作家である弟の谷崎精二と区別する為にそう呼んだのそうです。仲の悪かった弟精二は〔兄がなら自分はかい!〕とさぞ嫌な気分ではなかったでしょうか。とこれは私の勝手な推察bleah 作家として偉大な業績の谷崎潤一郎は、自分と比べて、作家としてうだつの上がらない弟を蔑視したようで、これが不仲の原因ということです。

今日は知ったかぶりのこれだけ。ちょっと疲れて眠い。。。(-.-)zZ

116_1625

十和田湖

| | コメント (2)

節約と無駄

さすがにこの年になれば昔ほど物を欲しがらなくなりますが、それでもしばし雑事から解放されると、さしあたって欲しいものなどないのに〔ちょと買い物にでも・・・note〕という気分になるから不思議です。

この間ラジオを聴いていたら、男性が奥さんにしてもらいたくない事のひとつに〔1円でも安いものを求めてお店を渡り歩く事〕というのにはちょっと以外でした。1円でも安いものを探す奥さんは堅実だし、けなげで男性にとって好ましいのでは?それがどうやら安月給の身にはあてつけがましいし、みっともないという理由らしいのです。

なになに、家計のためとか節約とかの言い分は単なる理由付け!女はそういう行為がただ好きなだけ。走り回ってガソリンや時間の無駄を考慮に入れないのが、昔から云う〔猿の浅知恵〕なんですね。〔真面目に節約している方ゴメンネm(__)m〕

一円でも安いものをとガソリンと時間を無駄にしてはこーゆー事をするんですよ。↓(^-^;

P1110913_2 

無駄!  コーヒー党で紅茶は飲みません(*^.^*)

綺麗でしょうheart02

| | コメント (2)

単独行動

今日は久々の単独行動です。夫は会社の同僚だった方の車に同乗して行田まで病気見舞いに出かけました。

お出かけといっても隣町にあるショッピングモールで買い物をしただけ^_^;夫がいっしょだととても出来ない、タリーズの店内でコーヒーの香りに包まれながら昼下がりのひととき読書を楽しみました。家でよれよれの普段着で台所で飲むコーヒーとは一味違いますね。shineその後映画館に立ち寄ってみましたが観たいものがなくから戻り。。。

私のブログにおいでの方は私が無理やり夫を誘うとお思いではありませんか?逆なんですよ~。外歩きは夫のほうが好きなのです。私がたまに野山にスケッチに行こうとすると〔危ないからオレが運転していってやるよ!〕と高飛車にでるのですが、〔近いし、危険のない道を通るから、〕と拒否すると〔僕も連れて行ってくれませんか〕と低姿勢できます。美人の私が誘惑されるとでも思っているのかしら〔ここは笑うトコロ`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!〕

P1110914

チョイ悪ババァ?smile

P1110915

ちょっとエレガント です♪

P1110910

と、足元まで隠れる製作用のエプロン、スリッパ、コーヒーなど

| | コメント (0)

紛らわしい日本語

私は、人生も後半になったいまでも、ごく普通に誰もが使っている、また知っている母国語を正しく理解できていなかったり、思い違いをしているという事に苦笑することがあります。

たとえば、〔よどめく〕という言葉を〔どよめく〕と覚えてしまって、その意味の違いを解かってからも書物などでいまだに取り違えて読んでしまうということがあります。〔おざなり〕と〔なおざり〕も紛らわしい言葉の代表格。〔おざなり〕の意味は適当、いいかげん、〔なおざり〕は何もせずにほっておくということでいいと思いますが、これもまた一瞬混乱します。

宴会などで、中年女性が〔うば桜だね〕と言われ、むっとした方もいらっしゃるかと思いますがここは喜ばなければ。うば桜とは年はとっても美人ということで、不美人は向けられない言葉だという事です。ですから〔うば桜ですみません〕は〔年はとってもあたしはビ・ジ・ン〕といっている事になります・・・そういえば私〔うば桜〕なんていわれた事がないなぁ。。。think

〔おっとり刀〕の意味も間違い易いですね。〔おっとり・・・〕というと悠長な行動を指すのでその後に〔刀〕ですから、若い頃の私やっぱり〔sign02〕〔おっとり刀で駆けつけた〕で〔駆けるんだったら刀もすばやくとれよ!〕というふうに思ったんですね。

こういう事を調べるとなかなか面白いですね。何もかもご存知の優秀な方にはこういう楽しみがなくてさぞ退屈な事だろうと同情しますbleah

P1040608

| | コメント (8)

褒め上げ商法

昨日はニュース記事として、今日は編集手帳に読売新聞が〔褒め上げ商法〕を取上げています。自分のブログにも3回は書いたことがあるこの迷惑な勧誘電話を〔褒め上げ商法〕というのですね。俳句や短歌の書籍掲載の勧誘はどうか知りませんが、絵画のほうは私が知っている限りでも30年も前からあります。

昔、知り合いの話で〔フランスの○○美術館に、美術家○○先生の審査の結果、先生〔とにかく先生の連発でおだてる〕の作品を展示するという事に決りました。〕という電話があり、後に書類も届いたので信用して30万円と作品を送ったそうですが、それきり作品もお金も戻らない、もちろんフランスの展覧会の事などどうなったか知らされない。という話を聞いた事があります。そのころからこの〔褒め上げ商法〕があり、私など日によっては5,6回違う出版社から〔雑誌掲載〕の電話がかかってきたりします。しかし、絵画団体の中ではこれが怪しい電話というのは知れ渡っていますから、そうやすやすとその手には乗りません。自分の絵のレベルを知っていますし、だいいちそんな無駄をするお金が無い。。。

この〔褒め上げ商法〕も〔オレオレ詐欺〕同様、高齢者を狙ったものが多いそうですから、もっと早くマスコミが取上げてもよかったのではと私は思います。ただこの商法、何百万という〔オレオレ・・・〕の被害とは違い、せいぜい20~60万というところです。それと、ひとつは雑誌掲載はまるきり嘘ではなく、得体の知れない美術評論家のいいかげんな批評つきで聞いた事のない美術雑誌に掲載される場合があるんです。こういうことで騙される方は恥ずかしいので公になりにくいということもあります。また、掲載料にしては金額が高額ということが解からないお金持ちも居るんですね。なんだかんだでこの商法数十年も続いているのでしょう。。。

114_1428

| | コメント (2)

えっ・・・絶句!

10日ほど前に夫がサニタリーの洗面ボールに整髪料の瓶を落としてしまい、豆粒代の穴とその周囲に少しヒビ入れてしまいました。そこから下の物入れに水が滴り落ちる恐れがあるのでメーカーに電話で問い合わせたところ洗面ボールを取り替える費用が15万円かかるというのです。小さな穴だしまたすぐ物を落とす恐れがあるのでサニタリーをリフォームした業者にパテで穴をふさいでもらう事にしました。

業者が来るというの日私は用事で留守になるので夫に対応を頼みました。夕方帰りパテを張ってくれた洗面ボールを見てびっくり!!↓

P1110908

私の感覚では洗面所に近い色で傷に埋め込むようにするのだと思いました。これ、業者の仕事と思いますか?夫はサービスで無料だといいましたが、私は損害賠償を貰いたいくらい!留守にするんじゃなかった。。。bearing 夫は水さえ漏れなければ見栄えなどどうでもいいと云う人、直した人もおそらく同じ感覚の人でしょう。

ネットで調べたら洗面ボールを壊す方が多く、みなさんご自分で〔エボシキパテ〕とかいうので直されていますね。

しかしメーカーは売るだけでなぜ修理をしないのかが不思議です。

| | コメント (6)

何様!

隣県で月一回行なわれるデッサン会にはベテラン、初心者 職業年齢関係なく、方々からクロッキーを勉強したい人が集まります。そのために公民館の広い部屋を自分たちでそれ様に会場を作らなければなりません。数個のテーブルを片付け、重いものを移動させてモデル台を作り、椅子を揃へるなどを使用する人が協力して会場を整えます。大勢の人が集まるので、いい場所を確保するために早く会場に着いた人がそれをやります。

でもね、先程も書いたようにベテラン、つまり芸術家という肩書きをもつ〔偉い先生〕もいらっしゃるわけ。それらしい風格を匂わせて、会場の外で窓から街を所在無く見下ろしたり、同格の人物と立ち話をしたり。。。〔ちょっと!そこの偉い人たち、自分の椅子ぐらい運びなさいよ!!〕って云えたらどんなにいいか。。。云えないなぁ。。。bearing

Img_2288_2

| | コメント (2)

横尾忠則さん

数日前のY新聞〔私の観賞術〕というコーナーに、横尾忠則さんのエッセイが載っていました。

横尾さんは、子供の頃岩田専太郎の武者絵などを模写したものだが今はそういう技術がなくなったのかなと感じたと書いています。模写は吸血鬼のようにエキスを吸い取るという表現で模写の大切さを言っています。展覧会でスケッチをしながら見ることが出来たらもっと濃密な関係を作ることが出来るのに。。。とも。そういえば、外国では画学生などが美術館で模写をしている光景をテレビで見たことがありますが、日本ではそういう光景は目にしませんね。

また、〔もともと僕には”これが自分です”と言い切る自信がないんです。先輩の芸術かから早くテーマを決めろよ、とせかされた。。。〕といっています。大画家横尾さんを引き合いにするというのもおこがましい話ですが、私も同じことを先輩に言われていました。〔貴女、早く これが自分ですという絵を打ち出さないと損ですよ〕と。。。当時私は当然ながら今よりもっと下手で、このレベルで自分を打ち出すも何もないものと思っていたのです。今もそうですが。。。

昨日コメントを頂いた、横尾忠則さんとお親しい兵庫県西脇市美術館館長の来住先生よりコメントを頂き、ふと思い出して切り抜いてスクラップしておいた新聞記事から横尾さんの言葉を引用しました。

P1010984

| | コメント (2)

ウサギ美味し♪

先日いつものFテレビ朝のワイドショーを観ていたら、長野県中野市で中継をやっていました。中野市豊田村は〔春の小川〕〔朧月夜〕〔ふるさと〕などの作詞家高野辰之の生まれたところ。私も数十年前、旅の途中でこの美しい村を通ったことがありました。高野辰之の実家はどうという事のない普通の民家と記憶していましたが、先日テレビで観たところ入り口付近がばかに立派な構えになっています。

テレビ中継では、地元のおじさんが昔と代わらない豊な風景を前に〔昔、この辺では蛋白源の補給によくウサギを撃って食用にしたものです〕と。。。

なんと!ではやっぱり〔ウサギ追いしかの山~♪〕は〔うさぎ美味しかの山~♪〕でも間違ってはいなかったということになります。

P1110847

菜のは~な畑に、入日うすれ~♪

| | コメント (4)

ブログ2周年

気がついたら拙ブログを設立して2年が経ってしまいました。その間、最初の頃は別としてほとんど毎日の更新です。特に義務付けたつもりはないのですが、なぜか書くことが習慣になってしまいました。ずぼらな性格と自らを認識していたのに、意外なところで役にも立たない几帳面さを発揮できている事に我ながら驚いています。

最近とみに当ブログを閲覧してくださる方が多くなりました。そしてその方々が私と同年代かもしくはその周辺の方ではないかと想像しております。。。〔でも、たまにはうるわしの3.4.50代のお若い方々からのコメントもいただきますheart01

とすると、いかに高齢者のパソコン使用者が多いかということになります。私の周辺の同年輩がパソコンを使用していることが少ないのでこれは以外でかつ嬉しい事でした。〔20代の美人でぇ~~すwink〕と大嘘を憑かずに〔70代のク○ババァじゃぁ~smile〕と正直に書いたことで多くの閲覧者に恵まれたことになります。

これからも気取る事なしに,素の自分を〔低次元(^-^;〕丸出しにして,ますますの脳天気振りをご披露していきたいと思っていますのでみなさま引き続き拙ブログよろしくお願いいたします。

P1110832

| | コメント (12)

秩父の芝桜

連休も終わりこれで渋滞もないだろうと考えた私が甘かった!!私が思うことは皆さんも思うこと、同じ考えでお出かけになったんですねぇ。。。coldsweats01 自宅から1時間ほどの距離の秩父羊山公園の芝桜を観に午後から出かけましたが、秩父市内へ入りすぐに渋滞に巻き込まれてしまいました。去年桜を観に来たときも渋滞にはまり、こと忍耐力に関してはゼロに等しい夫、さっさと車の向きをかえて引返してきた事をがありましたので、わき道へそれて渋滞を逃れなんとか羊山公園の入り口までたどり着きました。入り口付近まで来たというのにいっこうに進まない車に業をにやし〔近いんだから明日の朝早くまた出直そうや!〕という夫をなだめすかしてやっとのことで芝桜の丘にたどり着きました。やれやれ!

P1110856

進みませんねぇ~!

P1110870

P1110871

秩父のシンボル武甲山

P1110864

P1110862

花よりだんご・・・

P1110869

P1110879

P1110890

武甲山の中腹辺り 削られて痛々しい姿です

P1110900

帰りはお定まりの日帰り温泉notes

| | コメント (6)

初めての映画

私が映画好きになったのは、子供の頃、家の近くに映画館があったのも一つの理由かと思います。家の並び10軒ほどのしもたやの先に〔松竹館〕がありました。学校帰りに映画の看板を漠然と眺めた記憶はありますが其処は子供には関係のない場所と思っていたんですね。それがある日子供の目を惹く華やかな看板に目が止まりました。踊るような字で〔歌う狸御殿〕と書いてあります。小学6年になっていたし友達3人で観にいくと母に相談したところ割とすんなり許してくれました。近所の同級生、せんべいやの恵子ちゃん、天然パーマのちーちゃんと3人で〔初めての映画〕です。もっといさない頃は大人に連れられて映画を観た記憶もないではないのですがほとんど覚えていないんですね。

〔歌う狸御殿〕は歌あり踊りありで楽しく映画を観たという実感がありました。最も印象的だったのは男装の宮城千賀子です。子供心になんと綺麗な人だろうと思いました。当時有名女優だったお姫様役の高山弘子も可憐な美しさでしたが、私は水も滴るような美貌の男役宮城千賀子に一目ぼれ。。。

この映画は戦前作られたようでしたが、戦後世の中のムードに合わせて上映されたもののようでした。その後も〔狸もの〕シリーズがあったようですが、中学生になってからの私すでに洋画の虜になり、邦画はほとんど観なくなってしまいました。

今日のヒチコック劇場は〔サイコ〕怖かったわぁ~!何度も観ているんですけどねcoldsweats01ジャネット・リーも懐かしいし、アンソニー・パーキンス若かったですねぇ。。。

115_1567

故郷の蕪島 今時分ウミネコで賑やかなはず。。。

| | コメント (5)

〔泥棒成金〕を観る

相変わらず懐かしの映画を楽しんでいます。今日はモナコの王妃となる1年前のグレースケリーと、当時二枚目の代名詞のようだったケリー・グラント共演の〔泥棒成金〕 1955年ヒッチコックの制作です。この映画はヒッチコック映画にしてはスリルとサスペンスに乏しいと思いますが、そのかわり、クールビューティーといわれた、ゴージャスでエレガントなグレース・ケリーの美しい姿を堪能できます。舞台は南フランスのリヴィエラ。風景も主演者たちに劣らずの一級品というところ。元泥棒家業だった主人公とお金持ちの令嬢とのラブロマンスというお定まりのストーリです。ケリー・グラントといえば紳士然とした役柄が多いのですが、いつも顔が真っ黒に日焼けしていますね。今回の舞台は避暑地リヴィエラということで違和感はないのですが本当の地色はどんなかしら?と思いながら観ていました。現在の俳優ではジョージ・クルーニーあたりがやや近い風貌かなと私は思います。

P1110760

ご近所のKさんが庭に成った夏みかんの皮でお菓子を作ってくれました。とても美味しいのですがなんと云うのでしょうね。

| | コメント (3)

人、ひと、ヒト!

連休中は一歩も外へ出ないぞ、とは云ったもののちょとぐらいはいいだろうと思い、画材を買いに隣県のJ.ホンダまで。驚きました!関東一を誇るこの店の広い駐車場がいっぱいです。私が先に降りて夫が駐車場の空きをまって残りました。当然店内もわんさか人が。。。大急ぎで買い物を済ませ、この店に来たもうひとつの目的である喫茶店へいきました。本格的な味の、たっぷりした量のコーヒーとケーキが380円という安さで頂けるのでこの店に来る楽しみでもあるのです。ところがここも満席で席待ちが並んでいる始末。。。コーヒーをあきらめて赤城山麓にあるK村の大型銭湯へ。いつもは夕方の野天風呂は独り占めできるほど人の居ない時間帯だというのに、なんと戦後の大衆浴場のような混みようでした。

おかしいじゃないですか!海外に大勢の脱出組みがいるし、日本中の交通機関が旅行する人で渋滞しているのでしょう?それなのにまだこんなに近場でうろちょろ組みがいるなんて。。。

帰りに馴染みのお蕎麦屋さんも席がカウンターしか空いてなくて20分はゆうに待たされました。一歩も外へ出ない、を貫き通せなかった私が悪い。。。bearing

P1110808

ハナミズキや・・・

P1110809

ポピーが綺麗!

P1110820

ツツジまつりのようです。

P1110822

園内のツツジが咲揃うのはあと一週間くらい?

| | コメント (10)

会話好きなSさん

スーパーでご近所のSさんにばったり。。。私より4歳年上のSさん、とても70半ばの方とは思えないほど若々しくお元気。背が高く、色白の美人で愛嬌がよく、ご近所の方に好かれています。彼女無類の話好き。スーパーなどで捉ったらなかなか買い物をさせてもらえません。

〔いいわねえ、車で・・・。私など自転車でしょう、ヘタすると1度で用が済まない事があって1日に2度も買い物に来る事もあるのよ〕〔最近腰が痛くてね、家の中掃除が億劫になっちゃって。でも買い物は私が来なければ。嫁が帰ってくるのが遅いでしょう・・・〕〔絵は描き終わったの?貴女もたいしたものねぇ。よく続くわよ〕〔先日貴女のご主人と遭ったわよ。相変わらず楽しい方!〕〔お孫さんもう中学生になる年じゃないの?〕という私の問いかけには〔もう中学3年生になるのよ。最近相手にされなくなっちゃったわよ、生意気になっちゃってぇ!!〕ほんとうにおしゃべりの好きなSさん。。。

じつはSさん聾唖者です。私は昔、手話を勉強した事があり多少は判りますが、Sさん、この会話を手話が出来ない人でも通じるような身振りと表情でします。相手の話は口の動きで察するようです。

障害の身をものともしない強い生き方をされてきた素敵なご近所さんです。

P1110795

家庭菜園の賜notes 

| | コメント (0)

スッチーの蛮声

愚作も否応なしの時間切れとなりやっと筆を置くことに。3日が搬入ですからね。出来不出来はともかくちょっと鼻歌など出る気分notes先日NHK歌番組で観た、かって流行った〔京都の夜〕などを〔わぁ~すれないでと~〕と歌うつもりだったのですがなぜか〔くちなしの花〕になっちゃいましたsign02出だしが同じようですもの・・・

昔、知り合いのお宅のお嬢様でスッチーをされていた方がいましたが、私が用事でそのお宅へお邪魔したときに、お台所方面から〔骨まで、骨まで~、骨まで愛してほしいのよ~note〕と若い女性の歌声。。。私に対応されていたこの家の奥様が慌てて出て行って歌声の主をたしなめている様子です。スッチー嬢はフライトが休みなので羽を伸ばしついでに思わず流行の歌のひとつも大声で歌いたくなったものと思われます。普段気取っていなければならない職業ですからね。根がフラッパー〔死語?(^-^;〕な彼女この歌を思い切り歌ってみたかったんですね。

114_1433

ちょっとモネの庭ふうでしょ^^

| | コメント (2)

テレビ三文ニュースあれこれ

とうとうゴールデン・ウィークには入りました。私はその11日間ただ家の中でテレビワイドショーを見ながら過すことになります。家から一歩たりとも出たくはないですね。平日ゆうゆうと外出できる高齢者組はたいていゴールデン・ウィークはそういう過し方になると思います。

ワイドショーといえばここ3.4日朝に夕に賑やかなのは何尻エリカの話題。つい先日結婚したと思ったらもう離婚騒動。私は素朴かつ率直なことをそのままいいますが、あんな不釣合いな夫婦なんてどうみてもこうなるのが当然至極。。。若くて美人なだけの女を妻にするのはそりゃ男の勲章と云うものでしょうが、いまどきの娘、結局こうなりますって。。。世の男どもを一瞬うらやましがらせましたが、今は〔ざまみあがれ!smile〕と溜飲を下げさせただけ。。。

私が〔うふふ・・・〕と嗤いながらもちょっと気の毒に思ったニュースは、イギリスのブラウン首相の失態ですよ。あーゆーことって誰でもありますよ。世の中みんな本音と建て前で生きていますから。。。不細工なおばはんにてこずったあげくの悪態なんでしょう?あの失態は悪態をついたことではなく、胸のピンマイクのスイッチを切り忘れた事です。しかしブラウンさん、紳士の国のトップとしては普段短気やら何やらで評判がいまいちらしいですね。

評判がいまいちなんて生易しいものではないのがわが国の首相。自ら招いたこの深刻な事態にくだらない物まねなどして民衆のご機嫌をとるようなパフォーマンスは、その軽さをいっそう極めるだけです。可笑しくもなんともない!!

そうそう、数日前に〔糸井さんちのブイヨンちゃん〕という記事を書いて、大好きなブイヨンちゃんの動く姿を見たいものと書きましたが、見ました、動くブイヨンちゃん!heart02コマーシャルだったんですね。お母さんの樋口可南子さんと共演です。ただ出演場面がちょっと物足りませんね。

111_1145

| | コメント (4)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »