« ブログ2周年 | トップページ | 横尾忠則さん »

ウサギ美味し♪

先日いつものFテレビ朝のワイドショーを観ていたら、長野県中野市で中継をやっていました。中野市豊田村は〔春の小川〕〔朧月夜〕〔ふるさと〕などの作詞家高野辰之の生まれたところ。私も数十年前、旅の途中でこの美しい村を通ったことがありました。高野辰之の実家はどうという事のない普通の民家と記憶していましたが、先日テレビで観たところ入り口付近がばかに立派な構えになっています。

テレビ中継では、地元のおじさんが昔と代わらない豊な風景を前に〔昔、この辺では蛋白源の補給によくウサギを撃って食用にしたものです〕と。。。

なんと!ではやっぱり〔ウサギ追いしかの山~♪〕は〔うさぎ美味しかの山~♪〕でも間違ってはいなかったということになります。

P1110847

菜のは~な畑に、入日うすれ~♪

|

« ブログ2周年 | トップページ | 横尾忠則さん »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント


いかにいます 父母
つつがなしや 友がき
雨に風に つけても
思ひ出づる 故郷

私、若い頃、この「つつがなしや・・」
の意味がとっと解かりませんでしたよ

私が弱い頭をひねくって考えたのは、此処で言う「つつ」とは「筒」手紙の封筒を差すのではなかろうか?
すなわち、ふるさとの友から来る手紙も途絶えてしまったけれども、今も故郷の友は元気にしているだろうか。。そんな解釈の仕方をしていました(笑)

「恙無しや」と解釈するようになったのはそれから随分と後年のことでした。。(まったくお恥ずかしい事で)(笑)

投稿: 伊藤 | 2010年5月 9日 (日) 09時10分

伊藤様
昔の言葉の解釈は難しいです。〔つつがなしや〕の意味を私が正しく知ったのは中学生のときで、音楽の先生の説明でそうかとわかりました。
〔ツツガムシ〕という虫がいるということもそのとき知りました。

私は〔夕焼け小焼けの赤とんぼ、おわれて見たのはいつの日か。。。〕のおわれてを〔追われて〕と解釈しました。
トンボがあとから集団で追っかけてくるイメージがありました。ハイ、お笑いくださいcoldsweats01

投稿: おキヨ | 2010年5月 9日 (日) 19時01分

♪赤い靴 はいてた 女の子
 いい爺さんに連れられて 行っちゃった♪
~「良い爺さん」は、実は「人さらい」なんだと、「異人さん」だと分かるまで思い込んでいました。
思い出せませんが、この種の間違いは他にもあるでしょうね。
児童向けのものでも、昔の歌の歌詞は格調が高かったですから、みんな意味不明のままで歌っていたと思います。
ただ♪うさぎ美味しい♪は初めて知りましたよ。

投稿: 風花爺さん | 2010年5月10日 (月) 06時37分

風花爺さん様
〔いい爺さんにつれられて・・・〕はじつにリアルで素晴しい思い違いでした〔爆笑!〕
私も同じく〔異人さん〕がかなり大きくなるまで判らずに、東北弁では〔エーンジンさん〕となってしまうので固有名詞かと・・・coldsweats01
歌謡曲などを含めるとかなりの思い違いで歌っています。疑問にも思わずに。。。

”うさぎ美味し~♪”はお笑い芸人のギャグですが
豊田村のご老人の言葉でもうギャグには使えないでしょうね、じじつウサギは美味しかったでしょうから。

投稿: おキヨ | 2010年5月10日 (月) 12時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブログ2周年 | トップページ | 横尾忠則さん »