« 褒め上げ商法 | トップページ | 単独行動 »

紛らわしい日本語

私は、人生も後半になったいまでも、ごく普通に誰もが使っている、また知っている母国語を正しく理解できていなかったり、思い違いをしているという事に苦笑することがあります。

たとえば、〔よどめく〕という言葉を〔どよめく〕と覚えてしまって、その意味の違いを解かってからも書物などでいまだに取り違えて読んでしまうということがあります。〔おざなり〕と〔なおざり〕も紛らわしい言葉の代表格。〔おざなり〕の意味は適当、いいかげん、〔なおざり〕は何もせずにほっておくということでいいと思いますが、これもまた一瞬混乱します。

宴会などで、中年女性が〔うば桜だね〕と言われ、むっとした方もいらっしゃるかと思いますがここは喜ばなければ。うば桜とは年はとっても美人ということで、不美人は向けられない言葉だという事です。ですから〔うば桜ですみません〕は〔年はとってもあたしはビ・ジ・ン〕といっている事になります・・・そういえば私〔うば桜〕なんていわれた事がないなぁ。。。think

〔おっとり刀〕の意味も間違い易いですね。〔おっとり・・・〕というと悠長な行動を指すのでその後に〔刀〕ですから、若い頃の私やっぱり〔sign02〕〔おっとり刀で駆けつけた〕で〔駆けるんだったら刀もすばやくとれよ!〕というふうに思ったんですね。

こういう事を調べるとなかなか面白いですね。何もかもご存知の優秀な方にはこういう楽しみがなくてさぞ退屈な事だろうと同情しますbleah

P1040608

|

« 褒め上げ商法 | トップページ | 単独行動 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ホント、私達ってこの種の間違いを、すました顔で言い放って来ましたよネ、・・私、↓を「お気に入り」にしてる様な次第でありましてhttp://www.h3.dion.ne.jp/~urutora/imi.htm 

これを最初に観た時は愕然としましたよ(笑)

投稿: 伊藤 | 2010年5月14日 (金) 03時16分

伊藤様
言葉を仕事とする政治家などでもたまにはこの種の間違いを行って素どうりすることがありますね。^^
そういう人に私が寛大なのは自分がもっとひどいからcoldsweats01

ところで上記のリンクをクリックしても英語で書いてあるのでちんぷんかんぷんですが・・・?
さらにクリックすると広告が・・・sign02
パソコン操作が詳しくなくてすみません( ̄Д ̄;;

投稿: おキヨ | 2010年5月14日 (金) 10時43分

あっ! ホントだっ! 正常にリンクしませんね?

ほんじゃ、コピーしておきます
 
 
 
◆意味を間違えやす言葉
 


◆「青田刈り」と「青田買い」

 
 卒業前の学生に対し、企業が早い時期から採用内定を出すことは、正しくは「青田買い」といいます。「青田」は、稲がまだ実っていない田の意味で、「青田刈り」は、昔の軍事作戦の一つで、敵が兵糧不足になるように、敵地のまだ青い田を刈り取ってしまうことを指していました。したがって、いくら早い段階の採用内定とはいえ、「青田刈り」の言葉を使うと、まだ実る前の役に立たない学生を採用するという失礼な意味になってしまいます。
  
◆「意思」と「意志」

   
◆姥桜(うばざくら)

 
 「しょせん私は姥桜・・・」なんてセリフをどこかで聞いたような気がしますが、この場合は「しょせん私は、盛りを過ぎた女・・・」というような謙遜の意味で使っているのでしょう。しかし、「姥桜」の本来の意味はそうではなく、娘盛りを過ぎても美しい女性のことで、誉め言葉なのです。
 
◆「おざなり」と「なおざり」

 
 どちらも「いい加減」ということでは同じですが、この二つの言葉には微妙な違いがあります。「おざなり」を漢字で書くと「お座成り」「御座成」となり、その場の間に合わせという意味です。一方、「なおざり」は「等閑に付す」の「等閑」を訓読みしたもので、いい加減なまま放っておくという意味です。
 
 これだけでもよく分かりませんから、具体例を示しますと、「おざなりな修復」は、一応の修復は行われているものの、中味はいい加減で不十分という意味になり、「修復をなおざりにする」というと、修復そのものをほったらかしにして行っていないという意味です。ややこしい!
 
◆「伯父」と「叔父」

 どちらも父母の兄弟ですが、「伯父」は父母の兄および父母の義理の兄(父母の姉の夫)を指し、「叔父」は父母の弟および父母の義理の弟(父母の妹の夫)のことをいいます。また、「小父」も「おじ」と読みますが、これは血縁関係のない中年のオヤジのことです。
 
◆おっとり刀

 
 「おっとり刀で駆けつける」という言い方があります。「おっとり」という言葉から、「おっとり刀で」の意味を、「ゆっくりと」とか「のんびりした様子で」というふうに解釈している人がいますが、これは間違いです。
 
 そもそも「おっとり」は、「押し取り」が「押っ取り」に変化したもので、武士が危急の場合に刀を脇に差す余裕もなく、手に持ったままの状態を「おっとり刀」といいます。ですから、冒頭文の意味は、緊急の場合に取るものもとりあえず駆けつける様子を表すのです。
  

◆気が置けない

 
 この言葉は、語感から、どうしても「気が許せない」とか「油断できない」いうような悪い意味に解釈されがちです。しかし、本当の意味は、「気にする必要がない」「気楽に接することができる」という、よい意味です。これは、この言葉をつくった人に文句を言うべきでしょうね。「ない」という打消し表現から、どうしても悪いイメージが浮かびますものね。
 
 このように誤解している人が多いでしょうから、ふだんはあまり使わないほうがいいかもしれません。誉め言葉で使ったつもりでも、悪口を言われたと受け止められてはたまりませんからね。
 
◆「聞く」と「聴く」

 
 漠然ときく(きこえる)場合には「聞く」と書き、積極的に意識してきく場合には「聴く」と書きます。また、尋ねる、従うという意味では「聞く」と書きます。
 
◆「規定」と「規程」

 
 「規定」は法令関係、また条文一つ一つに対して使われ、「規程」は事務手続きに、また規則全体に対して使われます。ただし、「規定」に統一しているメディアもあるようです。
 
◆檄(げき)を飛ばす

 
 「檄」というのは、昔の中国で人を呼び集める主旨を記した木札で、「檄を飛ばす」の意味は、自分の主張や考えを広く人々に知らせて同意を求めることです。激励の意味や元気のない者に刺激をあたえる意味で用いるのは間違いです。
  
◆けりがつく

 
 「けりがつく」というのは、困難な問題に悩まされてなんとか解決することです。自分で努力して決着させる場合は「けりをつける」と言います。ですから、よい結末で終わる場合には「けりがつく」とか「けりをつける」とは言いません。たとえば、「熱戦に次ぐ熱戦は、初優勝でけりがついた」などとは使いません。
 
◆姑息(こそく)

 
 よく「姑息な真似をするな」というような言い方がされますが、「姑息」の意味は、「一時の間に合わせ、その場逃れ」ということです。姑息に関する故事は『礼記』に登場し、「君子の人を愛するは徳を以てし、細人の人を愛するは姑息を以てす(教養ある人が人を愛するときは道徳により、無教養の人が人を愛するときはその場限りである)」というものです。
 
 「姑息」には、「卑怯」とか「ずるい」といった意味はないのです。
 
◆「探す」と「捜す」

 
 「探す」は欲しいものを見つけようとすること、「捜す」は見えなくなったものを見つけようとすること。したがって、「息子の嫁を探す」は、息子の結婚相手を見つけようとする意味になりますが、「息子の嫁を捜す」と書くと、逃げ出したか行方不明になった息子の嫁を見つけようとする意味になってしまいます。
 
◆さわり

 
 「歌のさわりの部分」という表現をよくしますね。ところで、この「さわり」というのは、どの部分をさすのでしょう。おそらく多くの人が、歌の始まりの部分や歌のどこか一部分だと思っているはずです。ところがこれは正しくありません。
 
 「さわり」というのは、もともとは義太夫節のなかでいちばんの聞かせどころの意味でして、それが広く解釈されて、その話や歌のなかでもっとも感動的な(印象深い)ところということになっています。したがって、「歌のさわりの部分」は、歌いだしのところなどではなく、サビの部分を指します。
 
◆しおどき

 
 もともとは、漁師が漁に出るときに潮の状況を判断して、最も適したときに船を出すことから出た言葉。だから、「物事を行うのに最も良いとき」という意味。現在では、しおどきというと、マイナスイメージで使われる場合が多いので、意味を間違っている人が多いようです。
 
◆しめやか

 
 「しめやかに婚礼の儀が行われる」と言ったら大変。「しめやか」とは、気分が沈んで悲しげなさまをいいます。おめでたい式典の場合に使ってはいけません。
 
◆ジンクス

 
 「2年目のジンクス」といわれるように、「ジンクス」とは縁起が悪いことを表す言葉です。ですから、「ジンクスを守る」などと言うのは間違いです。
 
◆すべからく

 
 これを「すべて」「総じて」という意味に用い、「出された料理はすべからくたいらげた」というような言い方がされますが、ほんとうの意味は「ぜひとも」「当然・・・すべきである」で、「すべからく・・・・・・べし」という形で用いられます。たとえば、「校則をやぶった生徒は、すべからく停学に処すべし」というふうにです。 「すべて」と発音が似ていることから、誤用が増えてきたようです。
  
◆「制作」と「製作」

 
 どちらも、何かをつくるという意味ですが、どのように使い分けるのでしょうか。「制」という漢字は、余分な木の枝を刀で切り落として整えることをあらわしています。一方、「製」は、「衣を制する」、すなわち衣服を仕立てる、ものをこしらえるという意味があります。したがって、「制作」は自分で考えて整え、定めるような場合に使い、「製作」は物をつくりだす、製造する場合に使います。
 
 たとえば、芸術化が絵画や彫刻などの作品を生み出すのは「制作」で、工業製品をつくるのは「製作」です。
 
◆「精算」と「清算」

 
 「精算」は、金額を細かく計算して結果を出すことで、「運賃を精算する」とか「出張費を精算する」というようなときに使います。
 
 「清算」は、今までの貸し借りをすべて整理して後始末をつけることで、「会社を清算する」「清算人」などと使います。また、過去の関係に始末をつけるという意味もあります。「二人の関係を清算する」「不純な関係を清算する」などです。
 
◆世間ずれ

 
 この場合の「ずれ」は、「ずれている」のではなく、「擦(す)れている」。靴ずれや股ずれの「ずれ」と同じ。だから、「世間ずれ」は、世間とずれている、非常識、世情に疎いなどの意味ではなく、実社会で苦労を重ね、世間の裏表を知り尽くして悪賢くなったことを表す言葉です。悪賢くなったわけですから誉め言葉には使いませんのでご注意。反対語は「世間知らず」。
 
◆ぞっとしない

 
 恐ろしくて身の毛がよだつ思いをするのが、「ぞっとする」。だからといって「ぞっとしない」が「恐ろしくない」の意味になるかというと、そうではないんです。「ぞっとしない」は「感心しない」の意味。ですから、「家の壁を塗り替えたのはいいが、その色はあまりぞっとしない」のように言います。
 
◆「耐える」と「堪える」

 
 「耐える」は、長期間の使用に耐える(耐久)、高熱に耐える(耐熱)などのように、おもに物理的な作用に使います。「堪える」は、おもに精神的な作用であり、感情を抑える意味で、「批判に堪えてやり遂げる」「憂慮に堪えない」などと使います。
 
◆「体制」と「態勢」

 
 「体制」は長期的、「態勢」は短期的・部分的な内容を表します。たとえば、「生産体制」は長期的であり、「増産態勢」は短期的・部分的ですから、前者は「体制」と書き、後者は「態勢」と書きます。まったくの同音異義語であれば、実態に合わせて使い分ける必要があります。
 
◆対談

 
 「対談」は二人が話すことですから、三人以上が話す場合には使いません。三人の場合は、「鼎談(ていだん)」といいます。四人の場合は・・・知りません。
 
◆「玉子」と「卵」

 
 「鶏が玉子を産んだ」とはふつう書きません。「卵形」とは書きますが、「玉子形」とは書きません。「生たまご」は「生卵」と書きます。ところが「たまご焼」はどちらかというと「玉子焼」、「たまご丼」も「玉子丼」です。どうやら、料理したものが「玉子」で、卵の形をとどめている場合は「卵」のようです。「ゆでたまご」は料理しているにもかかわらず卵の形をとどめているためか、「ゆで卵」「ゆで玉子」の両方見かけます。
 
◆天地無用(てんちむよう)

 
 荷物の箱によく表示されている「天地無用」の言葉の意味は、「壊れやすいものが入っているから、逆様にしてはいけない」ということです。これを、「心配無用」とか「問答無用」のように「必要ない」という意味に解釈して、ひっくり返してしまうとエライことになります。この場合の「無用」は「小便無用」と同じように「禁止する」という意味を表します。また、「天地」とは上と下ということです。
  
◆「登竜門」とは、どんな門?

  
 「登竜門」という言葉は、出世のための難しい関門や、大事な試験を受けるときなどのたとえに使われますが、もともとは「出世の糸口をつかむ」という意味です。中国の黄河上流に「竜門」という急流があり、そこを登った鯉(こい)が竜に化けるという伝説からうまれた言葉なのです。登竜門という門があるわけではなく、「竜門を登る」という意味ですから、「登竜門をくぐる」とか「登竜門を通る」という言い方は間違いということになります。
 
◆「特徴」と「特長」

 
 「特徴」は目立った点という意味であり、「特長」は目立った長所という意味です。「犯人の特長」と書くと、おかしくなります。
 
◆鳥肌が立つ

 
 この表現は、そもそも悪いことが起こったときに使います。たしかに素晴らしいことに感動して「鳥肌が立つ」という生理現象はあるようですが、たとえば体操競技の自由演技を見て、「鳥肌が立つ演技だった」などと言ってしまうと、選手たちは「ぞっとするような演技だったのか」といぶかってしまうかも。
 
◆「慣れる」と「馴れる」

 
 「慣れる」は、何度も繰り返し経験して習熟すること。「馴れる」は、動物が人になつくという意味。だから「仕事に早く馴れる」と書くのは間違い。ただし、「馴れ馴れしい」「馴れ始め」「馴れ合い」は慣用として「馴」を使います。
 
◆「羽」と「羽根」

 
 鳥や昆虫などの、体にくっついている状態のハネは「羽」と書き、体から離れてばらばらにされたハネは「羽根」と書きます。たとえば、「ハネを伸ばす」「ハネを広げる」の「ハネ」は「羽」で、「赤いハネ募金」「ハネ布団」の「ハネ」は「羽根」となります。また、扇風機のハネのように、羽形に加工されたものは「羽根」と書きます。
 
◆半時(はんとき)

 
 「半時」というのは、1時間の半分の30分という意味ではなく、「1時間」という意味。昔の時刻は、1日を子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥の12に分け、それぞれを「一時(いっとき)」としていました。ですから、一時は今の2時間にあたり、「半時」は今の1時間に相当します。そして、今の30分は「小半時(こはんとき)」と呼んでいました。
 
 ただし、夏も冬も、日の出と日の入りの時刻を基点に昼と夜に二分し、それから昼を6等分、夜を6等分していましたから、同じ昼の一時でも、夏と冬ではずいぶん長さが違っていました。時間の流れにも季節感があったということですね。何だかうらやましいような、不便なような。
  
◆悲喜こもごも

 
 漢字で書くと「悲喜交々」です。春先に、入学試験の合格発表のニュースなどで、「いつもながらの悲喜交々の光景が見られました」という言い方がされますが、ほんとうはこの使い方は間違っています。 この言葉の本来の意味は、一人の人間の心の中で悲しみと喜びが混じり合う、あるいは交互に去来する状態のことです。ですから、同じ場所で喜んでいる人と悲しんでいる人が混じり合っている状態をさす言葉ではないのです。
 
 ふだんの私たちの生活の場面で、喜びと悲しみが同時にやってくるなんてあまりないと思いますが、交互にやってくることは多くあるでしょう。そういう意味での使い方としては、「そう悲観するな、人生は悲喜交々、がんばれ!」といったところでしょうか。
 
◆憮然(ぶぜん)

 
 「憮然として立ち去る」などといいますが、この「憮然」は、失望してぼんやりしているようすの意味で、腹を立てているようすを表すものではありません。
 
◆やおら

 
 「やおら」と聞くと、「いきなり」「突然に」というような意味に解釈する人が多いようです。しかしこれは、静かにあるいはおもむろに動作をするようすを表します。ですから、「彼は満場の拍手が鳴り止むのを待ち、やおら立ち上がってスピーチを始めた」というふうに用います。

投稿: 伊藤 | 2010年5月14日 (金) 19時53分

伊藤様
わー!
これは凄い!!〔拍手〕この文字を全部打ってくださったんですか?私のように雨だれ式ではなく、ブラインドタッチが出来るんですね。

こうしてみると何気なく使っている言葉なのに正しく理解していないものがずいぶんあります。
〔やおら〕なども私の解釈とは微妙に違いますね。
〔鳥肌〕は今の若い人はみな間違って使用しています。〔特徴〕と〔特長〕はうっかりするかも。。。
〔卵〕と〔玉子〕も深く考えません。
〔鼎談〕は知りませんでした。

こういうことを知ってしまうと言葉を云う前に一瞬考えてしまいそうですね〔爆〕
書く場合は用心しますが、云う時にはうっかりすると思いますよ。

やはり面白いですねぇ。。。good


投稿: おキヨ | 2010年5月15日 (土) 00時21分

pencil私、ほとんど間違って理解していたかもです(^_^;)勉強になりました☆

投稿: エメ | 2010年5月16日 (日) 23時32分

エメ様

伊藤さんのおかげで私もいろいろ勉強になりました。
上記の意味を正しく理解して使う人など少ないと思いますよ。でも言わんとすることがわかればよしとしましょうか〔爆〕

投稿: おキヨ | 2010年5月17日 (月) 00時14分

いいblogですね
読んでしまいました
ありがとう

投稿: 天地無用同人誌 画像 | 2010年10月27日 (水) 16時04分

天地無用同人誌様
拙ブログに過ぎるお言葉嬉しく拝見いたしました。
有難うございましたnote

投稿: おキヨ | 2010年10月27日 (水) 18時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 褒め上げ商法 | トップページ | 単独行動 »