« 書生と篤志家 | トップページ | ラズベリージャムが作れない・・・悲! »

お手伝いさん

昨日、〔書生〕について書きましたので、ついでにはやり当時の若い女性が他人の家で修業する様を書きます。昔、女性の地位がまだ低かった時代に〔女中〕という、他人の家に住み込んで家事全般を担う職業がありました。戦後になって女中さんの代わりに〔お手伝いさん〕と呼び名が変わりましたが同じ意味です。私の子供時分にはまだ珍しくない職業で、裕福な家庭や商店に、下層家庭の娘や田舎の娘が〔お手伝い〕として住み込むのですが、そこは〔花嫁修業〕の場でもあったのです。お手伝いさんを受け入れた家庭では住み込みで家事手伝いに来た女性に作法を教えて当家から嫁に出すというのも責任としてありました。

私の親戚に薬問屋があって、そこにはアサちゃん、チサちゃんという2人のお手伝いさんが居ましたが、お料理はもちろんお茶、お花 和裁などを習い、アサちゃんは支店を任された男性と、チサちゃんはお見合いで結婚し幸せになっているという話をききました。

現在では女中さんはもちろん、お手伝いさんと言葉は死語かもしれません。変わって〔家政婦〕という職業になったようですが〔お手伝いさん〕にくらべて〔家政婦さん〕はいかにもドライな感じを受けます。

P1110969

|

« 書生と篤志家 | トップページ | ラズベリージャムが作れない・・・悲! »

雑記」カテゴリの記事

コメント

アサちゃんは支店を任された男性と・・・結婚し幸せになっているという話をききました。

いやいやイイですねぇこんなお話し、よく芝居の筋書きにある様な話で、

『薬問屋の奉公人とその女中との馴初め・・』

時代と共にその呼び名は変遷して

『薬問屋の社員とその家政婦との馴初め・・』・・芝居の台本を書くにしてもこっちの方は何故かシックリいきませんな(プッ)

白衣の天使看護婦さんも看護師となっちゃってからに、なんか僕はクソ面白くないですよ

投稿: 伊藤 | 2010年6月22日 (火) 07時00分

「泰山木の花咲けば
   夏が来る・・」

 おキヨさま、泰山木の花って実にいいですよネ
 僕も大好きですねぇ・・あっ!そうそう昨日、鉢植え の沙羅の木に一輪だけ花が咲きましたよ・・

貴女の日毎夜毎の「つぶやき」いつも聞かさせて戴いておりますよ(笑)

投稿: 伊藤 | 2010年6月22日 (火) 07時16分

伊藤様

若い男女が同じ屋根の下で暮せば当然過ぎるほど当然のこと・・・といってしまえば身もふたも無い話になってしまいますね(~o~)
野育ちの娘が教養豊な奥さんの指導よろしく仕上がってその家から嫁に行くというのはいかにも大時代的ですが、私の田舎では昭和30年代まで事実ありましたね。

お手伝いさんは小間使いともいわれていましたね。女中さんたちにもランクがあったんでしょうかねぇ?
女中、お手伝い 小間使いって昔の小説に登場するのでなんとなく文学的な香りがしますが、家政婦となるとテレビ的〔家政婦は見た!〕爆

投稿: おキヨ | 2010年6月22日 (火) 11時46分

伊藤様

〔アラ、みてたのねぇ~♪〕爆
なんにでも飛びつくタイプの私、ツイッターをはじめたのはいいのですが、そのシステムがいまだよくわからんのですよ。coldsweats01

お!と思ったのはメールに〔Yoko・onoが貴女をフォローしました〕ときたのはちょっとびっくり!本物です。何万人とフォトローしているうちの一人ですがね^_^;博愛主義ですかね、ヨーコさん。

投稿: おキヨ | 2010年6月22日 (火) 11時59分

昔は一般的な家庭でもお手伝いさんがいたようです。
うちもごく普通の家庭でしたが、兄の入院などで母が大変だったので、田舎からお手伝いさんに来てもらったのですが、その中の一人がとても良い人だったので、小学生の私はすっかりなつきました。
優しいお姉さんが現われた感じで、甘えたり正直言って憧れましたね。
その人はたしか新潟へ戻り結婚しましたが、あの当時はほのぼのとした雰囲気がありました。今はホームヘルパーや家政婦ですか。昔のような女中さんはもういません。
資格や金や条件の時代になったのでしょう。昔のお手伝いさんが懐かしいですね。heart02

投稿: 矢嶋武弘 | 2010年6月23日 (水) 09時51分

矢嶋様
そうなんです。我が家も大人数でしたからお手伝いさんが居ました。需要と供給の関係で、当時はパートで働く場所がありませんでしたから、そう大金持ちではなくてもお手伝いさんが居ましたね。

矢嶋さんのお宅は若いお手伝いさんだったのですね。若くて純情で子供好きが最も理想的ではなかったでしょうか。

我が家の場合、ただ家事を母に代わってしてくれればよいという条件だったようで、隣町から40代のおばさんが来ましたが、私が馴染めなかったのは今にして思うと、すれていた感じをその方から受けたのだと思います。やっぱり若いお手伝いさんでないといけません。。。。といっても今は昔の話です。happy02

投稿: おキヨ | 2010年6月23日 (水) 12時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 書生と篤志家 | トップページ | ラズベリージャムが作れない・・・悲! »