« 雪村いづみちゃん | トップページ | アンズジャム »

一億総幼児化

昔、評論家の大宅壮一氏が、テレビというものは低俗なもの、そんなものばかり観ていると想像力、思考力が衰え馬鹿になってしまうといって〔一億総白痴化〕という名言をはやらせた事がありました。

大宅壮一流に云うなら現在はさしずめ〔一億総幼児化〕 今〔幼児化する男達〕が話題になっているそうですが,しかしそれは片手落ちというもの、女性だって立派に〔幼児化〕していると思いますよ。つまり〔一億総幼児化〕なんです。話では〔男子を成熟に導く通過儀礼的な人類学的装置が根こそぎ失われたため〕判りにくいのですが、子供時代の価値観のまま成長ということのようでそれ男子だけとは限りません。

幼児化の代表格のおまえがいうか!poutというご意見も聞こえそうですが、私の幼児化は〔老人性幼児化〕といって自然現象。ですからいったんは大人だった時期もあったわけで、私と同年代の方々がもし幼児化的兆候があったとしても恥ずべきことではないのです。また成熟した大人物が垣間見せる幼児的な言動も自然なもので、むしろこれがないと人として枯渇しているのではと思うのです。

幼児化は若い男女に限らないと思います。政治家 教育者 医学者なども昔に比べて幼児化の傾向にあるのでは。。。云いたいのは、どうか一度大人になってから、それから幼児化なり何なりになってくださいと。。。

そうそう、付け加えますと、大宅壮一さん、家庭では奥様に大変甘えておられたとか。。。家庭では大人物も幼児化?happy01

P1110997

P1120001

古代ハス 5日前の映像。 今日あたりは見頃かも。。。

|

« 雪村いづみちゃん | トップページ | アンズジャム »

雑記」カテゴリの記事

コメント

japaneseteaおはようございます。
最近のテレビはほんとに幼児っぽいですね。
見ごたえのある大人の番組はなかなかありません。
いずれは幼児へですね^^わかりました。
もうしばらくは大人でいたい気持ちです☆
ハス>>今頃がシーズンですね。周辺にはあまり見かけませんのでおキヨさんの写真で楽しみます♪

投稿: エメ | 2010年6月30日 (水) 10時44分

エメ様
テレビは若い人に焦点をあてて作られています。制作側も若い人ならしょうがないといえばしょうがないのです。視聴者あってのテレビでしょうから。。。
ふふふ、エメさんも幼児化予備軍smile

今日あたりが古代ハスの見頃だと思うのですが、そろそろ家に落ち着かないとやるべきことが出来ないのですよ。トホホweep

投稿: おキヨ | 2010年6月30日 (水) 11時47分

一億総幼児化!! 上手い言葉ですね。見事です!
私も着実に「幼児化」しておりまして、あと10年もすればオムツを着けて赤ちゃん返りですか(爆、shock
そうならないうちにあの世へと思ってますが、いま少し酔っています。失礼(bottle

一言だけ・・・テレビを「一億総白痴化」と言ったのは大宅さんですが、大宅さんほどテレビが好きなマスコミ人はいませんでした。
私がフジテレビの新米社員の頃、大宅さんのニュース番組の“付き人”になってお世話をさせてもらったのでよく知っています。
大宅さんは造語の名人で(その点は、おキヨさんと同じですね!)、一億総白痴化なんて言いましたが、テレビをとても楽しんでいました。根っからのマスコミ人でした。
いろいろ話はありますが、スペースの関係で多くを語ることは出来ません。でも、大宅さんという人はとても良い人でした。私は今でも彼が大好きです。
一億総幼児化に乾杯!happy02

投稿: 矢嶋武弘 | 2010年6月30日 (水) 17時33分

矢嶋様
晩酌のお時間ですものねnote
大宅壮一大人の言葉をそっくり借用しての〔一億総幼児化〕で、思いつきのぶんだけ褒めていただきましょうか〔爆〕
大宅壮一氏のお世話係ですか!これは凄いですね。大宅氏のひととなりどころか、正真正銘その息遣いまでもわかる近くにおられたことがあるのですね。毒舌家で通っていた大宅さん、本心はそれほどのへそ曲がりではなさそうでしたね。ホットな内面のエピソードがいろいろありますものね。

矢嶋さんはマスコミ関係のお仕事柄、多くの政治家、著名人にお逢いしてるのですから、その文才で本を残されたら面白いだろうなと私は思っています。
世間がはじめて聞く意外なエピソードが数多く書けるのではないでしょうか。good


投稿: おキヨ | 2010年6月30日 (水) 19時16分

ゴールデンアワー>
どのチャンネルを回しても名前も知らないタレント(才能のある人を指すようですが・・・)まがいの男女が大口開けて馬鹿笑いしている、そんな光景がもう長いこと続いています。
安い制作費でそこそこの視聴率を稼げる、というスポンサーとキー局の接点がそこにあるのでしょうね。
私が気の毒に思うのは志の高いTVマンが、心ならずもこのような軽薄な番組を作らざるを得ないという葛藤で、さぞかし悩んでいるのではないかなということです。
そんな状況の中で今救われているのはBSフジの8時からの「プライムニュース」です。
馬鹿笑い番組の先頭を走っていると見える「フジTV」がよくぞこのような良心的な番組を、一番お金を稼げる時間に組んでくれたと敬意を払っているところです。

投稿: 風花爺さん | 2010年7月 1日 (木) 20時51分

風花爺さん様
この時代のテレビの現状を大宅壮一氏ならなんと云うか知りたいものですね.
子供達が毎日実のない娯楽番組ばかりを観て〔見せられて〕脳天気な大人に仕上がってしまうのではと思ってしまいます。
多勢に無勢で志の高い人たちは少数派ということのようですね。苦々しい思いをしながら現状に甘んじなければならないのは仕事人として相当に辛いのではと想像できます。

そうですか。8時代に良心的な番組があるとは知りませんでした。
あたまからこの時間帯のテレビは観るに値しないものと決めてかかっていたものですから、よく番組欄も見なかったのです。^_^;
我が家は若い人間が居ないので馬鹿番組につき合わさせられるという辛さは免れています。

投稿: おキヨ | 2010年7月 2日 (金) 00時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雪村いづみちゃん | トップページ | アンズジャム »