« 至上の恋〔クイーン・ヴィクトリア〕 | トップページ | まるで託児所だ! »

私は突然変異!?

私の家系の女は大人しい性格が多いですね。姉妹はもちろん親戚の女達もそのようです。大人しいとは一口で言って常識的ということ。親の云うことを守り、突飛な行動や他人に批判されるような事はいっさいしないということです。私を除いては。。。そういう意味では私は突然変異ではないかと思うのです。親からみるといわゆる鬼っ子ですかね。子供の頃は口数の少ない鈍重な子でちょっと遅れた感じの子供だったのに、自分が他の姉妹と違い、親にとって可愛げのない子に変わったと我ながら思うようになったのは中学生あたりでしょうか。口先で人を攻撃するような事はしませんでしたが、行動派^_^; 高校を終え、自立したいがために専門学校へ行き、他の姉妹、従妹達のように親の望みどうりの和裁やお花お茶の、当時は一般的だった花嫁修業はいっさいしませんでした。その間ダンス、喫茶店 映画 男友達 と 当時は〔不良〕といわれる人間がする行動をぞんぶんに楽しんだ、姉妹ただ一人の〔いけない子〕でした。あげく、ある専門学校で技術を得とくし、さっさと上京。

ハッ!書くことがなかったからといって私は一体何を書くつもりやら。。。coldsweats01

ようするに、私一人が突然変異のように、親に従順な姉妹達とは違う鬼っ子で、彼女等がよき家庭人となって居るのに、一応結婚だけはしたもの、私はこの年になっても姉妹にとって相変わらずの変わりものに違いないようです。

117_1711 

|

« 至上の恋〔クイーン・ヴィクトリア〕 | トップページ | まるで託児所だ! »

雑記」カテゴリの記事

コメント

人の性格はどのようにして決まっていくのでしょうか?
DNAなるものによって「生来」そうなるものなのでしょうか。
一方、「人間は環境の動物」というように、置かれた環境によって、規定されていくものなのでしょうか?
また、並々ならぬ努力によって、人格の形成に成功する人も稀には存在するようです。
おキヨさんの場合・・・
ウーン~模範的な優等生のご姉妹に囲まれていて、心の底に眠っていた反骨精神が頭をもたげ、ご姉妹を反面教師にして、異端な言動が現れるようになった・・・
ハハハ・・・ごめんなさい、したり顔して、えらそうに埒も無い分析を試みてしまいました。

投稿: 風花爺さん | 2010年6月18日 (金) 06時29分

風花爺さん様
DNAで左右される人生ならやる気など起らない人も居るでしょうね。
私はおそらく戦後十年急速に変わりゆく世の中に反応しただけと思います〔爆〕しかし此処で思うのは何故私だけそういう反応を?と言う不思議です^_^;
田舎ですから、一族の恥にならぬよう、世間の笑いものにならぬようと言う思いが当時の女が当たり前のこととして持っていました。

ほぼ、風花さんのご推察どうりです。花の命の短さを察知したんですね。周りに同化して腐ってしまうのは怖かった・・・と言う事だと思います。

しかしDNAは恐ろしい!しっかり私の中に受け継がれて、途中で腰砕け状態。これがまぎれもない我が家系と後年痛感させられています。。。bearing

投稿: おキヨ | 2010年6月18日 (金) 11時48分

おキヨさん
何をやっても一生懸命のおキヨさん。
面白いでねー。 映画のこと。本のこと。絵のこと。  みんな腰砕けではありませんよ。
知ったかぶりで言いますと、過ってロシヤの生物学者、ルイセンコと言う人が「後天形質」は遺伝すると言う学説を打ち立てました。
つまりDNAだって、いろんな努力を重ねると、その形質が遺伝するのだと言う話に発奮して、腰砕けでやってみたことが、小生にもいろいろあるのです。
その学者は、確か、春蒔きで、結実する麦を例に挙げていたように記憶しています。つまり、冬を畑で過ごすのではなく、冷蔵をしておいて繰り返し春まきををしているうちに、とうとう結実したと言うのです。
でも、そのことを信じないでいると、小生の末裔など軌道修正できないようになってしまっているはずだとも思って、まあ、普通の生活を続けると、元の形質を取り返すのかな休心したり・・。

投稿: 来住しげ樹 | 2010年6月18日 (金) 13時27分

風の樹人様
〔後天形質〕ですか。興味深い話題有難うございます。それにしても、その麦の頑張りは感動的です。いったいどれほどの努力をしたのでしょう。。。人間の手を借りた事にしても、私は小さな麦と言う固体の努力につい感動してしまいます。
若いうちにこのことを知っていればもう少し頑張り、私は子孫はありませんので、せめて姉妹の子供達に多少の希望を持たせられたのではと思いました。残念です(T_T)

来住先生のご活躍を拝見しておりますと、正しい生き方、努力をされてきた事が実によく判ります。なにより制作意欲の旺盛さに驚かされています。また励まされます。


投稿: おキヨ | 2010年6月18日 (金) 19時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 至上の恋〔クイーン・ヴィクトリア〕 | トップページ | まるで託児所だ! »