« マリリン・モンローの魅力 | トップページ | 好きな記事〔時の余白に〕 »

旧姓での電話

高校時代のクラスメートだったYさんから突然の電話がありました。〔もしもし○○さんのお宅でしょうか?〕という問いかけ。○○とは私の旧姓です。私の旧姓は非常に珍しい名前なので躊躇なく〔はい、そうです〕と返事。と〔私、Y、妙子です〕と30年前クラス会で顔を合わせたきりのYさんがこれも旧姓を名乗りました。ひとしきり〔まぁ懐かしい!お元気〕〔30年ぶりねぇ〕と高校時代に戻ったような気分。用件は我が家にも3日前届いていた○○学園同窓会ご案内通知のこと。Yさんは30年前の同窓会で一緒だったときに、私が同県に住んでいるということを思い出し、出席の有無を確かめる為の電話でした。私は個人的には懐かしい友人も居ないわけではないのですが、こういう集まりには積極的に出かけたい方ではないので、脚の不自由を理由に欠席を告げました。

Yさんと私、同県に住んでいるとはいえ南と北、出不精同士なら億劫な距離で、30年前同窓会で逢ったっきりです。電話で思い出話をしているうち、グループで結構行動を共にしていた事がわかりました。彼女は大人しかったので、登山、サイクリング お花見など一緒だったといわれてちょっと意外な感じもしました。我が家に遊びに来るように誘うと〔お邪魔しようかな〕と云う返事だったのでその分なら我が家を訪れるかもしれません。私と違い落ち着いた品のある声音です。がさつな私とうまがあうかしら。。。eye

115_1568

故郷はウミネコの繁殖地  狛犬さんもこの通りshock

|

« マリリン・モンローの魅力 | トップページ | 好きな記事〔時の余白に〕 »

雑記」カテゴリの記事

コメント

私の旧姓は非常に珍しい名前なので・・・

もう随分前の事ですが、或る日「ほかほか弁当屋」さんで弁当が出来上がる順番を待ってたんですが、
私の前で待ってる駅員さんらしき人の胸に付いたネームプレートを何気なしに見れば、やたら字画の多いそして二文字とも同じ様でちょっとばかし違う・・
思わず御本人に聞いちゃいましたヨ・・「失礼ですが
あなたの苗字、何とお読みしたらい〃んでしょうか?」・・『あ、これは纐纈(コウケツ)と読みます・』「へぇ~そうなんですか珍しい苗字ですねぇ・・ありがとうゴザイマシタ」

私は出来上がった弁当をブラ下げて歩きながら、ふと思いましたねぇ・・(あの人、さぞかし小学校低学年の頃は
自分の氏名を書くのに難儀したんじゃなかろうかと?
(笑)
でも、珍しい苗字は何となく魅力的ですナ・・

「伊藤。加藤は馬の糞」何処にでも転がっています。(もう、イヤっ!)

投稿: 伊藤 | 2010年7月 3日 (土) 08時15分

伊藤様
北東北地方では〔佐藤、工藤は馬の糞〕といっていました。工藤姓のほうが多い地方です。happy01
私の旧姓は誰でも読めるのですが、日本のある地方名と同じなんですね^^佐渡とか沖縄とか九州とか^^
世の中には小学生では手に負えないような姓ももあるものですね。〔コウケツ〕さんには先生も困ったのでは?私、読めません!^_^;
珍名さんもたくさんいらっしゃいますね。5月のある日悠々と鯉のぼりが泳ぐお宅のお名前が〔鯉登〕さん。出来すぎと思われるでしょうが本当です!shine

投稿: おキヨ | 2010年7月 3日 (土) 11時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マリリン・モンローの魅力 | トップページ | 好きな記事〔時の余白に〕 »