« 〔雨のしのび逢い〕を観る | トップページ | HACHI 約束の犬 »

高齢者受難

つい先日、都内で111歳の高齢者が死亡した姿で発見され大きな話題となって数日、日本中のあちこちで噴出すような勢いで所在不明の高齢者が続出、大きなショックを国内外に与えています。亡くなって見つかったというのではないにしても、高齢者が消えてしまっているのですもの。。。

識者が〔これははたして今始まった現象だろうか。。。〕と疑問視しています。ただ上っ面だけの行政は知らなかっただけ。額面どうりの事をちらりとするだで高齢者の事など気にも留めなかった。家族を〔善者〕ととらえまかせっきりにした結果だと思います。その善者たる身内が知らん顔で高齢者が受け取るべき金銭は受け取っている。。。!!

かって、〔ババァは生きていてもなんの役にも立たない〕発言をして物議を醸した石原都知事が〔すべてが金!金!金のなせる結果だ〕と云うような意味をたけり狂って言っていましたが。。。eye

昔〔おこもさんー浮浪者、乞食〕と云う人達が各地に居ませんでしたか?私の故郷には地域ごとに縄張りみたいなのがあって特定のおこもさんが家々に食べ物を貰いにまわってきました。この人たちにも元は住所があり家族があった筈で、思い出してみると高齢者が多かった気がしますね。こういう人たちも所在不明者に入るのではと思うのです。現在は都会のホームレスというところでしょうが、ホームレスの実態調査をしているようですが、これって身元確認はできるの?

昔はおこもさんが亡くなると、本人が本籍地を示す何かを所持していない限り家族を探す手立てがないのでその地で無縁仏として処理されました。高齢者がかき消えてしまうという怖ろしい現象は今に始まった事ではないと識者が云うのはそのことなのではと思うのですが。。。

所在不明高齢者がこれから先増えるような予感がしますね。今のように人間関係が希薄になると、当然起りうる事のように思います。

116_1698

|

« 〔雨のしのび逢い〕を観る | トップページ | HACHI 約束の犬 »

雑記」カテゴリの記事

コメント

世界中に恥を晒していますね。
日本の戸籍は世界一と信じていたし、世界も認めていると思っていました。日本の平均寿命もあてにならないと嘲われているかも知れません。
児童虐待にしろ高齢者の生存確認にしろ、プライバシーの保護ばかりを優先してもっと大切なものがないがしろにされているように思います。

投稿: 周坊 | 2010年8月 6日 (金) 12時39分

瞬間はビックリしましたが、冷静になれば起こるべくして、起きていたことが露呈したのでしょう。
戦前の「隣組」のような仕組みがあればどの家に何が起きたかなどということは直ぐに分かりますからこの種のことはほとんど生じなかったでしょう。
戦後、長い時間の経過の中で、極端に「個」が「プライバシー」という強固なバリアーに囲われてしまい、行政といえども立ち入れない密室が出来ているために起きたことですね。
世の中、システムがやたらに複雑になり、この問題一つをとってみても解決策を見出すことは容易ではないような気がします。
国民総背番号制にすれば、行政としてはかなりやりやすくなるでしょうが、そんな番号一つでお国から管理(監視)されるのは薄気味悪いことです。
今は100歳以上という線引きで実態把握に入っていますが調査対象年齢を下げれば、その数はもっと増えていくでしょうね。

投稿: 風花爺さん | 2010年8月 6日 (金) 14時24分

周坊様
ほんとうに。。。
これでは世界の人々に日本人は冷徹な人種と印象付けられても仕方が無いですね。
同じアジアでも中国や韓国では年長者、とくに一族の、を大切にするようですが、日本のこの状態にはさぞ驚いたでしょうね。
突発的な事件ならどこの国にもありますが、こんな非人間的なことを国が把握できていなかったなんて。。。
殺伐とした時代になりましたね。。。

投稿: おキヨ | 2010年8月 6日 (金) 19時19分

風花爺さん様
しかし、ショッキングなかたちで幕開けしたという感じですね。亡くなって発見された方はプロローグに過ぎません。これから何がどういう形で表れるか怖いようです。
私は田舎育ちですので時代の進みが遅くそういう意味では高齢者は〔敬う〕という姿勢がかなり大きくなるまであったのです。高齢者の居る家が多く、お爺さん、おばあさんの存在は大事なものでした。物事を決めるときに必ず年寄りが参加して決めたものです。

プライバシーもいいですが、今はおかしなふうに、過剰に反応してしまい、つまらぬことで不便を強いられることもあるのです。なんだかピントがずれていますよね。もっと原点に戻って、人道を優先に判断するのが行政の仕事だと思うのですが。。。

そうなんです。所在のわからない方は100歳になって判らなくなるのではなく、もっと若いうちに所在がはっきりしないのだと思います。
なんといっていいやら、冷たい社会になってますね。。。


投稿: おキヨ | 2010年8月 6日 (金) 19時54分

人間関係が希薄な上に、やはり年金の不正受給が多いのではないでしょうか。
それに、プライバシーや個人情報の保護が優先されているため、十分に調査できないようですね。住民票があって、死亡届が出ていなければ「生きている」ことになります。“幽霊生存者”ですね。
80歳、90歳を超える幽霊生存者も相当に多いのでしょう。
とにかく、日本は大変な「長寿国」になりました。あまりプライバシーや個人情報保護などと、のんびり言ってられないかもしれませんね。wobbly

投稿: 矢嶋武弘 | 2010年8月 8日 (日) 14時55分

矢嶋様
とんでもない事態になってしまいました。個人情報だ、プライバシーだといっても、何もかもに適用と云うのはおかしな話です。
人命にかかわる事なら場合によりけりと言う事にはならないのでしょうか?

こんな時代になってしまったのには、何が一番間違っているかを解明し、重要視しなければ、人は人としてどんどん低下してしまいますね。
ただ、識者がああだから、こうだからと言っても駄目だと思います。


投稿: おキヨ | 2010年8月 8日 (日) 19時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 〔雨のしのび逢い〕を観る | トップページ | HACHI 約束の犬 »