« 総理大臣になりたい | トップページ | 輝く高橋真梨子 »

日本の怖ぁ~い話

昨日、カーラジオで聞いていたのですが、日本の人口がどんどん減少しているんですって。若い方が結婚したがらない〔経済事情で出来ない〕ー子供を生まれない〔欲しくても経済事情が許さない〕ー当然人口は減りますね。このままで行くと2050年には世界人口のわずか1%だそうですよ。

人口が減ると購買力が低下し、日本の経済が著しく低下するそうです。

今めざましい勢いで、アメリカに次ぐ経済大国2位にせまっているのは中国ですね。日本人の購買力が思わしくない代りに、中国の方が日本へ着てなにやら沢山の品物を買いまくっています。昔、日本人がフランスへ出かけていってはおしゃれなものに大金を費やしたものですが〔といっても私ではありません〕、向こうにとってはありがたい客だと言うのに、そのマナーの悪さにずいぶん嫌味を〔はっきり云って馬鹿にされていた^_^;〕言われていたのを思い出します。あの景気のよかった時代の自分たちと、今の中国の人たちはよく似ていると思う方が多いでしょうね。

日本は人口が減り、やがて日本市場は破綻をきたしてにっちもさっちもいかなくなり、そのうち何処かの国の属国になるやも。。。背筋が寒くなる夏の夜のこわぁ~~い話でした。

P1050129

|

« 総理大臣になりたい | トップページ | 輝く高橋真梨子 »

雑記」カテゴリの記事

コメント

偶然ですが私も帰京の車中で同じ放送を聞いていました。
人口が減ると一人の消費額は同じでも、全体の消費量は減り、経済規模は縮小のスパイラルに落ち込む、というような内容でしたね。
良く聞く需給ギャップ説です。
間違ってはいないでしょうが、それを回避する知恵はあると思います。
仮にそうなっても慌てることも無いようにも思います・・・ノーテンキかな?
GNPで中国に抜かれ、長いこと保持続けていた世界第2位の座を明け渡すことになる、というのが近頃の論調です。
しかし、国民一人あたりにすれば日本は中国の10倍の経済規模なのです。
日本の底力はまだまだ大したものだと思います。
その力がこれ以上は衰退しないうちに立ち直をらなければならないのではないでしょうか。
そのためには「永田町」と「霞ヶ関」が適切な政策を打たなければなりません。
そして私たち高齢者も出きるだけお金を使い、個人消費の向上のお役に立ちましょう。
それが孫子のためでもあります。
・・・・てなこと言いながら、いざとなると乏しい財布の紐を緩めるのはなかなか難しいことです・・・トホホ・・・・。

投稿: 風花爺さん | 2010年8月18日 (水) 11時00分

風花爺さん様
じつは目的地に着きましたので最後まで聞いていなかったのですが、後はお得意の〔自分流味つけ〕で書きました。coldsweats01
そこまで聞いていませんで、〔あら~、どうしましょう、怖い話・・・〕と思いながら車から出てしまいました。

今のまるで心もとない政治家達の様子が私の無知が素の心配性を駆り立てるのです(ーー;)

”高齢者も出来るだけお金を使い”これは否応なしに実践する羽目に陥っています。。。夫が突然新しい妻、ではなく車を買ったし〔20日納入〕ガス台を交換、私個人にもお金のかかる理由が出来そうだし・・・我が家には過ぎた出費が・・・子孫もないのに。。。ブツブツブツ、、、、あ、失礼いたしましたhappy02

投稿: おキヨ | 2010年8月18日 (水) 12時13分

池田勇人首相の所得倍増計画以来、わが国は成長路線を突っ走ってきました。
その結果のわが国の現状を肯定的に見るか否定的に見るかで考え方が分かれるのではないでしょうか。仮に肯定的に見るとしても、バブル崩壊後20年経っても成長維持の方策を見つけ得ず、今後ある程度の成長を維持できる政策が見つかるとは思えません。
仮にそこそこの成長を実現したとしても、目を覆いたくなるようなわが国の状態が好転するとは思えません。なぜなら、この現状は国民が経済一辺倒を是として突っ走った成長政策の産物だと思うからです。
民主党の仕分け議員ではないですが「二番でなければならないのですか、三番ではいけないのですか」と問いたい。
以下は、故ケネディー大統領の言葉です。『GNPの中には、子どもたちの健康も、教育の質も、遊びの楽しさも含まれていない。そこには詩の美しさも、夫婦の絆の強さも、政治における知的な議論も、役人たちの誠実さも、勘定されない。私たちの機知も勇気も、知識も、学びも。私たち一人ひとりの慈悲深さも、国への献身的な態度も。』
  以上支離滅裂意見です。

投稿: 周坊 | 2010年8月18日 (水) 16時14分

周坊様
池田隼人・・・懐かしい政治家ですね。最も有名な語録として例の〔貧乏人は麦を食え〕^^
もう伸びるだけ伸びた経済大国日本は下り坂しかないのでしょうか。かっての大成長のわが国はいまや借金大国です。問題が幾重にもある過ぎるし、政治家達は無能だし〔のようにしか見えないのです〕本当にこの国のゆく末が心配です。
後は若い、天才的な政治家が〔どの世界にも天才と云う人が居ますから〕現れるのを待つだけですね。日本の救世主を待つのみ。。。

ケネディーの言葉はそっくりそのまま今の日本人が耳を傾けるべきですね。

周坊さんのおかげでいろいろ勉強いたしました。実は〔GHP-国民総生産〕が判らなくて検索の結果〔GDP-国内総生産〕もGNI〔国民総所得〕まで勉強しました。有難うございます。

投稿: おキヨ | 2010年8月18日 (水) 19時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 総理大臣になりたい | トップページ | 輝く高橋真梨子 »