« お盆の楽しみは。。。 | トップページ | 草刈正雄さん »

釈然としない〔終戦記念日〕

8月15日が近づくと目や耳にする事があります。それは8月15日を終戦記念日とするか、敗戦の日とするかということについていまだに一部で論争があるということです。終戦後数年は新聞紙上で敗戦の日と書く事が多かったようですが、現在では〔終戦記念日〕で統一されているようです。しかし中には〔終戦記念日と云う言い方はごまかしである。負けたのだから敗戦の日、つまり敗戦記念日でなければ潔くない、教育上でも、終戦という言葉は曖昧で、はっきりと敗戦をしたと認識させる意味で〔敗戦記念日〕とすべき、という方もいるそうです。

私としては、実際に戦っていない多くの人までが敗戦というのはおかしいのではと思うのです。第二次世界大戦〔太平洋戦争、大東亜戦争〕は、当時の軍上層部が起こした事で、彼らには敗戦であっても、一般国民は、苦しい戦争がこれで終わったという安堵の気持ちのほうが正直なところしたのでやはり〔終戦記念日〕が正しいのではと思うのです。

それにしても終戦記念日は〔8月15日〕で正しいのでしょうか?天皇陛下の玉音放送があった日ではありますが、沖縄などではその後も終戦を知らされずに敵国に抵抗を示し、多くの人が亡くなっています。そればかりか日本軍の手で殺されたり、〔解散〕のもとに惨状の地に放り出され、自ら命を落とした人もいるのです。戦争が終わったというのに。。。その事を思うと〔8月15日は〔敗戦の日〕のほうがむしろしっくりするのではということも考えます。

日本以外の国は終戦記念日はまちまちなようですね。。。

P1050709

|

« お盆の楽しみは。。。 | トップページ | 草刈正雄さん »

雑記」カテゴリの記事

コメント

ご多分に漏れず、子供の頃からずっと、8月15日が終戦記念日と聞かされてきました。
ですから私など、この日をもって戦争は終わった・・・・などと随分長い間、無邪気に想ってきたのですけれど。(^^ゞ
昭和20年8月15日は「玉音放送」のあった日であって、これはあくまで日本国内のこと。
国際的な視点から見れば、この前後に交わされた交戦国との交渉~協定調印~戦闘の停止などの方が余程重要な、戦争の終結に関わるイベントですよね。
外国では、日本のそれとは別の日が終戦日ということになっているそうで、ナルホドと合点のいったのは、実はそう昔の話ではありません。(^^ゞ

「終戦記念日」か、それとも「敗戦記念日」なのかという談義、以前から聴きますねえ。
私は、終戦と言うとことさら美化するようなイメージのある気がして、「敗戦」と呼ぶのが潔いかと想ってきました・・・・・この考えも随分とアサハカですね。orz
おキヨさんのご意見からはいろいろと示唆を頂きました。(^ァ^)

投稿: もとよし | 2010年8月15日 (日) 10時09分

もとよし様
子供の頃は世の中がこうだといえばそういうものと思うだけでした。素直なんですから当然です。私も終戦当時は6歳で何も判らず、大人が安堵の表情をしているのをなんとなく感じていただけです。田舎だというのにさらに不便な山奥へ疎開ということをしなくてもよくなったのですから。。。^^
ただそれ以後戦争の話は学校でも、家庭でも封印されたように聞いたことがありません。広島も、長崎も子供に何も教えなかったのです。高校時代の教科書には小さな写真が載っていたような記憶がありますが、そこは走り抜けましたね。と云うのは私がカナダ系カトリック学校というにいたという事情もあったのかも知れませんが、一般の高校などでも大差はなかったようです。

よくは判りませんが、今教育の場で戦争の歴史はきちんと教えられているのでしょうか。。。
誇張も、美化も無く、戦争とは悲惨なもので、恨みと報復の感情を残すだけで何一ついいものを残さないということをきちんと伝えるべきですね。

投稿: おキヨ | 2010年8月15日 (日) 12時10分

戦争に限らず原爆、飛行機事故、大地震、拉致事件、公害被害、薬害etc・・・今わが国では記憶が風化してしまわないように遺族や被害者の方々などが熱心に活動しています。時の移り方が急激な上、事件が多すぎます。
終戦記念といえば私たちの年代からすれば当然に太平洋戦争に決まっていますが、平成生まれの人達にすれば、どの戦争だっけ?と考える人がいたって不思議ではないのかも知れません。
この季節になると毎年テレビや新聞でさかんに報道されているのに、日本とアメリカが戦争したことすら知らない若者が結構いると聞きました。
つい替え句?の一つもひねってみたくなります。
  「立つ風や昭和は遠くなりにけり」 失礼

投稿: 周坊 | 2010年8月15日 (日) 22時44分

周坊様
平成の若い年代はもう太平洋戦争などどこの国の花しか判らない人が居ると言うのですからやはり教育の問題でしょう。
今は不況で若者が職に就くのが難しい時代ですね。彼らも苦しいわけですから、何を考えるかというともう一度戦争でも起れば無職で周りから突き上げられる事も無くその中で対等に生きられるはずだと。。。このままで行けばホームレスになるしかないと言う若者は戦争を望むというのです。やはり戦争をわかっていないのです。
戦争の恐ろしさを知っている方々は年々少なくなるといれ違いにこういう考えをする人が増えてくるわけですから、ぞっとする話ですね。

本当に昭和は遠くなりにけりです。。。

投稿: おキヨ | 2010年8月15日 (日) 23時21分

「終戦」か「敗戦」か、ですか。
なかなか難問ですね。
どちらがシックリくるか、その人の「あの戦争」に対する心のありようになるのではないでしょうか。
さて日本の立場からすれば天皇が「ポツダム宣言を受諾し、戦争の終結」を宣明した8月15日が「終戦」となるのでしょうが、国際的には、戦艦「ミズリー号」で「降伏文書に調印」した9月2日が「終戦の日」となるのでしょうか。
65年も経つと「戦争を知らない子供たち」も2世代(いや3世代にもなりますか)に渡るようになり
あの戦争が、どの戦争?となるのも仕方ないでしょうね。
それだけ日本が平和に過ぎていることの証明でしょうから・・・。

投稿: 風花爺さん | 2010年8月16日 (月) 06時58分

風花爺さん様

現在は新聞 テレビなどでは〔終戦記念日〕で統一されていますね。
この呼び方を疑問視している方々は戦争に直接かかわった年配の方か、その遺族が多いのではと考えました。

そうなんですね。ポツダム宣言を承諾した日が敗戦した日、戦争をしたくかなった人にすれば、やれやれ やっと終戦だ・・・ということで8月15日が終戦記念になったんですね。とにかく〔終戦〕なのだからこの先も終戦でなければ困ります。日本はそういう意味で国があり限り〔終戦〕にこだわらなければならないと思います。

今の子供達にはあの戦争ははるか昔のひとつの歴史かもしれませんね。。。

投稿: おキヨ | 2010年8月16日 (月) 11時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お盆の楽しみは。。。 | トップページ | 草刈正雄さん »