« 日本の怖ぁ~い話 | トップページ | 財前五郎ほどではないにしても・・・ »

輝く高橋真梨子

NHKハイビジョンで、10時30分~11時30分の1時間、高橋真梨子の魅力に酔いしれました。もともと歌の上手い歌手ですが、若い頃はもっと淡白な感じで、歌の上手さだけが前面に出ていたようでしたが、久しぶりに聴く彼女の歌は見事に熟成された素晴しさを感じさせました。そうだ、こんなに歌の上手い歌手が居たんだと再認識。。。

代表作の〔桃色吐息〕ほか数々のヒット曲を歌いましたが、私は個人的には〔ごめんね〕と言う歌が好きですね。その他カバー曲の〔ワインレッドの心〕が素敵でした。先日玉置浩二の〔ワインレッド・・・〕を聞いたばかりだったので、それぞれの持ち味がわかり楽しめました。

とても素敵だったので彼女の歌をもっと聴きたくなりPCで検索したら〔高橋真梨子のザ・ピーナッツメドレー〕というのがあったんですね。これは自分の若い頃の歌と言う事もあって楽しめました。ザ・ピーナッツも上手い歌手でしたが各バージョンを一人で歌っているせいもあり、いや実に上手い!!

それと、高橋真梨子は、隠し切れない老いが覗く今が最高に美しい!鬢の白髪も、目じりの皺もむしろ魅力になっています。女性らしい柔らかい笑顔もなんとも素敵です。。。

Image

|

« 日本の怖ぁ~い話 | トップページ | 財前五郎ほどではないにしても・・・ »

雑記」カテゴリの記事

コメント

高橋真梨子・・・日本ポップス界の女王と私が勝手に決めています。ワインレッド・・は、玉置、陽水もいいです。

投稿: 周坊 | 2010年8月19日 (木) 10時15分

周坊様
貴方様も高橋真梨子がお好きだったんですね。
私は若い頃の彼女しか知りませんでしたので、こんなに味わいのある歌手に仕上がっているとは知りませんでした。年輪によってかもし出されるものがあるんですね。ということは周坊さんも私もそれがよくわかる年代と言う事になりましょう。。。(^_-)-☆

私も陽水、玉置浩二どちらも好きですね。。。

投稿: | 2010年8月19日 (木) 13時31分

昨夜の落雷でインターネットに接続できなくなったので、いまネットカフェにいます(笑)
高橋真梨子の歌を聴いていますよ。彼女は61歳になってかえって可愛くなりましたね。
歌も上手いですが、雰囲気がとても素晴らしいです。あまり長く書けないのでこれにて失礼します。
矢嶋武弘拝

投稿: 矢嶋武弘 | 2010年8月19日 (木) 15時34分

矢嶋様
あらら、そちら落雷があったんですか!
雷が鳴り出したら電源を切ってしまうのがいいそうですね。うっかりしましたね。。。

本当に。。。しっとりと笑顔の素敵な女性になりましたね。女はやはり60代からですネェ〔爆〕〔佐久間良子の時には、たしか(女はやはり70代からです!)といったような。。。bleah

投稿: おキヨ | 2010年8月19日 (木) 18時53分

ペドロ&カブリシャスの初めの女性ソロは高橋真梨子だはなかったそうですね。
歌はホントうまいと私も思います。
高音も低音も安定感があって素晴らしい歌唱力の持ち主ですね。
彼女の持ち歌の中では私は特に「テンダネス」のようなバラード風の歌が好きです。
それから「五番街のマリー」は私がまだ「カラオケ」などというもので、少しは人前で歌っていたころの私の持ち歌でした。
思い返せば恥ずかしいことですが・・・。

投稿: 風花爺さん | 2010年8月20日 (金) 06時20分

風花爺さん様
いわれて見ればペドロ&カプリシャスの初代ボーカルは高橋真梨子ではなかったと記憶しています。
おっしゃるように歌手としての基本である歌の上手さはプロになる前から安定しているわけですから、その他のことで人の心をとらえる努力を重ねた結果の魅力に思われます。たとへば身振りなどの余計な飾りがない、大仰な感情表現をしないなどは優れた芸術表現と共通したものを感じます。

〔テンダネス〕・・・早速探して聴きたいと思います!notes
まぁ、風花さんはピアノ演奏ばかりではなく、お声にも自信がおありだったのですね!
謙虚な方のプライベートな事はなかなか判りにくい
のですが、こうして付き合いが長くなると思いがけない意外性がのぞけて楽しいですね。。。

投稿: おキヨ | 2010年8月20日 (金) 11時50分

「桃色吐息」を唄っていた声・・・・そうか、あれが高橋真梨子さんだったのかぁ、と今頃気付かせて頂きました。(^^ゞ
 
私なんて、高橋真梨子さんといえば70年代の、バンド「ペドロ&カプリシャス」で唄っていた時代ばかり、何故か記憶にあって、それ以降の曲は(さっき検索したら)何曲か聴き知ってはいるものの、高橋真梨子さんの名前と結びついていません。orz
まぁ、私は結構長~い間、歌謡曲/和製ポップス離れしていた時期がありますから・・・・(^^ゞ(^^ゞ
 
こういう本格派の方が、長く実りあるキャリアを築いてゆくのを見届けることが出来る、というのは嬉しいことですね。

投稿: もとよし | 2010年8月21日 (土) 10時56分

もとよし様
私も〔ペドロ&カプリシャス〕時代の、ストレート・ヘアーの印象が強いですね。〔桃色吐息〕は大変評判の曲だったのでいろんなところで聴きましたがこの歌は歌そのものが異彩を放っていたという感じをうけました。
先日テレビで見た彼女はすっかり素敵な大人の女性になっていたので驚きました。素直な笑顔も好感が持てます。
年齢を経て絶対的な自信を秘めた輝きというのは強く美しいですね。

投稿: おキヨ | 2010年8月21日 (土) 11時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本の怖ぁ~い話 | トップページ | 財前五郎ほどではないにしても・・・ »