« 作家に多いうつ病 | トップページ | クーラーの大掃除 »

ライスカレーの話

異常に長く続いた今年の猛暑も、ここへきてさすがに威力が落ちてきました。私の食欲も何とか平常に戻りつつあります。そこで久々にカレーを。。。最近のカレーは具をいろいろ入れるのが流行っているようですが、私は頑強に、ジャガイモ、人参 たまねぎ 豚肉を守り抜いています。

市販のカレールーを、時々変えながら使うのですが、ホントは昔作っていた小麦粉を溶かしたやつを食べてみたい。これが不思議な事に昔のように出来ないんですね。我が家では私が中学生になったあたりからカレー作りは任されていました。当時はライスカレーといって、私が母より上手に作れたんですね。大人数でしたから作る量も凄いものでした。

それがいざあの頃のカレーを作ってみようと思ってもまるで出来ません。量の問題で同じものにならないのかとも思って、無駄にするのを覚悟で2人家族にはあまる量を作ってみたりしたのですがやっぱり昔のようではありません。結局時代の味に慣れた舌の感覚の問題かなと思いましたが、それが数十年前、画友が経営している幼稚園で園児が食べるカレーをご馳走になったことがあったのですが、これが懐かしい〔むかし味のカレー〕でした。とても美味しかったのでこちらの舌の感覚ではないというのがわかったのです。がやっぱり自分では妙に粉臭くてうまくいかない。。。何でだろう・・・?

P1090834

P1090835

|

« 作家に多いうつ病 | トップページ | クーラーの大掃除 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

同感です!
今時の店で食べるカレーは本格とか、本物なんでしょうが、私も”何か違うんだよなー”と思い続けています。
私にとってのカレーは母親が作ってくれたメリケン粉にカレー粉をといたもので、おキヨさんと同種のものですね。
同じ味を求めていても、店でも、自家製でもなかなか同じものに出会えません。
田舎の主婦が内職でやっているような古くからの蕎麦屋、あるいは今にもつぶれそうな食堂などでカレーを注文すると”これだよ、これがほんとのカレーだよ”と思わずつぶやいてしまいそうな、おふくろの味のカレーが出てくることがありますが・・・。
独身時代に自分で作ったこともありますが、メリケン粉が上手く溶けないで「ダマ」になってしまい、しばしば失敗したことを思い出しました。

投稿: 風花爺さん | 2010年9月11日 (土) 06時34分

子供の頃(s25年ころ)友達の家で、自家製のキャラメルを作っている家がありました。闇であったのか正規の食品であったのかは知りませんが、たまにそのキャラメルをもらって食べました。チョコレート風のその美味しさはその後のどんなスゥィーツも及びません。今でも夢を見るほどです。
しかし、考えてみるとそんなに美味しかったはずがないと思うのです。
決して、おキヨさんの少女時代のカレーが美味しくなかったというのではなく、昔の味の思い出には+αがあるのではないか、そしてこのαは何をもってしても替えがたいと思うのですが。

投稿: 周 | 2010年9月11日 (土) 11時14分

先便で、名前が違っていました。失礼しました。
                     周坊

投稿: 周坊 | 2010年9月11日 (土) 11時21分

風花爺さん様

日本でいま平均的に食べられてるカレーというのは日本人の好みに作られたもののようですね。カレー専門店にいけば様々の味のカレーが食べられますが中には馴染めない味のカレーも少なくありません。

その点なんといってもあの昔味の素朴なカレーが懐かしいです。あれは美味しかった!
何故、あの味が再現できないのかを考えると、材料すべての味が変わったのでは?と云う私の結論です。昔のメリケン粉は今ほど粉っぽくならなかったのでは?と思うのです。またカレー粉自体も違うとか・・・豚肉の味も・・・野菜の旨みも。。。きりがありませんcoldsweats01

なるほど!素朴な味は素朴な店で、ですね。私も今度はラーメン一点張りではなくカレーを食べてみようと思います!

投稿: オキヨ | 2010年9月11日 (土) 11時29分

周坊様
そうですか!周坊さんと私は時代が違いますが〔周坊さんのほうがお若い^^〕キャラメルとはおしゃれでしたね。どれほど美味しく感じたかは想像できます♪
戦後は私の町でも、砂糖を持っておくと飴玉にしてくれる商売がありました。最高のおやつでした。

確かに昔の食べ物には郷愁が加味されます。
それにしては同じ作り方をしたカレーが何の感動もない味に〔絶対こんな味ではない・・・〕という思いが強くてこれが何故!?ということになるのです。幼稚園で食べたカレーは昔味でしたから作ってくつれないはずはないと思うのですが、もうそれほどの気力も無いのです・・・coldsweats01

投稿: おキヨ | 2010年9月11日 (土) 12時22分

子供の頃食卓にカレーライスが上がる日は、
ボクは「幸せ」だった。
子供にとってカレーとはそういう存在だった・・
今もそれは変わらないと私は確信します。

私の田舎町にも、ジャリ路を砂ぼこりを舞い上げて
この宣伝カーはやってまいりました拡声器から流れるこの歌を今も忘れはいたしません
http://www.oriental-curry.co.jp/more/song.html

②♪ガンジスのガンジスの岸に咲く
  ピンクシャワーの花の影
  南の国の情熱に香るカレーよ
  恋の味・・・・
なんとも、
時代を感じさせる歌詞であり曲の流れでございます(笑)

投稿: 伊藤 | 2010年9月11日 (土) 23時05分

伊藤様
あァ、懐かしいですね、オリエンタルカレー。。。
この即席カレーが発売になってからあのメリケン粉のカレーは消えてしまったんです。いかにもエキゾチックな味に思えましたからね〔笑〕

さすがですね。思い道理の曲を探すのが早いですnotes
ところで私はこの歌を全く思い出せません。曲を聴いたら〔あ~、聴いた事がある〕と思うかもしれませんが。。。

だいたい昔はお料理のレパートリーが少なかったですからね。昔、我が家では一週間に1.2度はカレーでしたよ。港町で魚は飽き飽きしていましたからみんなカレーなら喜びました。
カレーといえば、ラーメンと並んで国民的食物ですものね。。。

投稿: おキヨ | 2010年9月11日 (土) 23時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 作家に多いうつ病 | トップページ | クーラーの大掃除 »