« マユツバもののはなし | トップページ | 流行の波に乗る »

徹夜ぜよ。。。〔泣〕

搬入にはまだ三日あると思い、3点のうち、一番大きな100号をチョコと、動かしたんですね。ほとんど出来上がったものを見ているうちに気になる部分があったもので、つまり描きなおししたわけです。結果大幅に描かなければならない羽目に。。。crying 気に入らない箇所など絵を眺めていればいくらでもでてくるんです。見なければいいのです。それを判っていながらつい根掘り葉掘り見ちゃうんですね。。。いまさら泣き言を言ってもはじまらない。

こう切羽詰ってからの描き直しは決して前以上にはならないんです。半狂乱で描いているんですから。。。

というわけで今日は泣き言で終わりです。。。

Img_2561

ネギ畑

|

« マユツバもののはなし | トップページ | 流行の波に乗る »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おキヨさん
真摯な制作姿勢に敬意を表します。
よく経験する情景が見えてきます。
最近、そんな時には[すべて未完]と割り切ることにしていますし、そんなものだとすら。
  詰まりつつ常描き始めたときからの時間経過が、いまの作品を肯定するかとなると、まだまだ、となってしまいます。
どこまで行っても未完かもしれませんね。

投稿: 風の樹人 | 2010年9月25日 (土) 08時04分

『どうもこの部分が気に入らない・・
 そしてこの箇所も・・あの部分も・・』

おキヨ様、貴女の病名は芸術家特有の「不納得症候群」でありまして、決して完治することの無い不治の病であります(爆)

投稿: | 2010年9月25日 (土) 09時27分

風の樹人様

私の迷走する癖は長年続いています。常に自信のない絵を描いているということです( ̄○ ̄;)!
昔、展覧会場で高名な画家が〔未完成〕と書いた作品を出品していたのを目にしましたが、何処が未完なのか意味がわかりませんでしたが、それは未完の完成品だというのが後にやっとわかってきました。

何処で筆を置くかが重要とよく言われますが、意味がわかっていても悪癖はなかなか直りません。。。そして、悪い事に短時間にがらりと変えてしまうのが少しも怖くも、億劫でもないのです。

他の方より作品が少ないのに、そういうことで絵の具は人一倍使います〔苦笑〕


投稿: おキヨ | 2010年9月25日 (土) 11時36分

伊藤様

じつにおっしゃる通り不治の病でございます。
下品な絵仲間には〔猿のマ○ターベーション〕かよ!
と冷笑されています。

前のほうがよかった!失敗した。。。(||li`ω゚∞)
といっても、前の絵は2度と戻らないのです。。。

ところで伊藤さんでよろしいですよねgood

投稿: おキヨ | 2010年9月25日 (土) 11時43分

あっ! 名前を書き込むのを忘れちゃった・・

投稿: 伊藤 | 2010年9月25日 (土) 17時57分

伊藤様

長年のお付き合い、お名前など忘れたって伊藤さんだとわかりますよ~scissors

投稿: おキヨ | 2010年9月25日 (土) 19時00分

人間が行う行為で「絶対の完成」というものがあるのでしょうか?
ここが「完成」だという明確な線が引かれているのでしょうか?
私は創作活動をしていないので、偉そうなことは言えないのですが、たいていの場合、”まぁここらで良しとするか”といった按配で、見切りをつけているのではないかと見ています。
また主観的には「未完成」であっても、客観的には「完成」していると評価が定着しているのもありますね。
その逆も言えますね。
シューベルトの「未完成交響曲」など前者の典型的な例だと思いますが・・・。
いずれにしてもおキヨさんのように芸術を志す方にとっては悩ましいことですね。

投稿: 風花爺さん | 2010年9月27日 (月) 09時35分

風花爺さん様

おっしゃる通りだと私も思います。科学も医学もいまだ完成を見ないので、だからこそ進歩を続けているのだと思うのです。それは永遠だと思います。

私は芸術などということはよく解りませんが、単純に好きな事に夢中になっているのは、風花さんの山を愛する気持ちと同等だと思っています。苦しくも楽しいし、絵を描く以外からの喜びは他に見当たらないのです。

そして、満足が出来ない、妥協できないということに肯定的です。悩み、無駄と思えることを繰り返している事が、苦痛という事もあるのですが嫌ではないのです。私は元来嫌な事は続けられない人間ですから。。。

ただ、少しでいいから〔才能めいたもの〕があったらよかったのに、というのは常に思っています。
たぶん、これもきりのない話だとおもうのですが。。。

投稿: おキヨ | 2010年9月27日 (月) 11時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マユツバもののはなし | トップページ | 流行の波に乗る »