« 色づく北軽井沢 | トップページ | 見ず知らずの方のご親切 »

二人だけの超ミニコンサート

昨日群馬県倉渕村のはまゆう山荘へ出かけた話を書きましたが、ちょっと素敵な出来事がありました。

はまゆう山荘には立派なコンサートホールがあり、昨日は偶然、クラリネット奏者の高橋貞春さんとピアニスト糸賀のぶ子さんのコンサートの開演日だったのです。コンサートホールはドアはなく、お風呂に行き来する通路にもなっていましたので、私が早めにお風呂から上がり、誰もいないホールの最後尾の椅子に腰掛けて夫を待っていると、今日のコンサート演奏者お二人が、あと1時間ほどで始まるコンサートのためにリハーサルを始めました。はじめは楽器の調子を整えていたようですが、そのうち美しい音楽が。。。アイルランド民謡〔庭の千草〕を通しで一曲。夫も帰ってきて曲に聞き惚れています。そして2曲目はメンデルスゾーンの〔歌の翼に〕。。。本当に素晴しかった!それを老夫婦二人だけで聴いたのです。高橋貞春さんは国立音楽大学、 ウィーン音楽院卒、ウィーン市室内管弦楽団クラリネット奏者と立派な経歴の音楽家。たった2曲でしたが心が洗われる様な演奏を聴かせていただきました〔勝手に聴いた^_^;〕

演奏が終わったときに夫と私は思わず大きな拍手。演奏者お二人はにっこり微笑んでお辞儀を返されました。まだそこに腰掛けていたのなら、あるいはもっと曲を聴けたのかも知れませんが、あまりにもあつかましいcoldsweats01

残念ながら時間の都合で本番のコンサートまではいられませんでしたが、クラリネットの素晴しい音色が胸に染み渡りました。

P1120495_2

右男性は山荘の関係者。

P1120496

パンフレットから

|

« 色づく北軽井沢 | トップページ | 見ず知らずの方のご親切 »

できごと」カテゴリの記事

コメント

出先に於いて、予期しない音楽に出会えるということは何故か大変な得をした様で実に嬉しいものですよネ。。ボクもこの夏、蒲郡ラーグーナというレジャーセンターに立ち寄った折り、地元に於いて結成されたであろう楽団が当室内広場に於いてリハーサル中でした。演奏していた曲目はコレでした・・

http://www.youtube.com/watch?v=JMLaGOt305M

演奏終了後、思わず私もリハーサル中と知りつつも拍手を送っちゃいましたよ、バンドマスターらしき人が軽く会釈をしていましたネ・・(笑)

投稿: 伊藤 | 2010年10月18日 (月) 10時13分

伊藤様
本当に思わぬ幸運に巡り会ったような、得をしたような\(~o~)/
ピアノやバイオリンの演奏会は何度かありますがクラリネットの生演奏は初めてでしたのでその音色の美しさにしばし陶酔してしまいました。

これをきっかけに町の文化会館などで行なわれる演奏会に出かけてみようかしらなどと思っています。


今ふっと気がついたのですが、リハーサルと書かずに古めかしい〔音合わせ〕と書いていましたね。〔爆〕慌てて直しました。coldsweats01

投稿: おキヨ | 2010年10月18日 (月) 11時28分

きちんと教育を受けた方の楽器の演奏や、声楽を
最近とみに美しいと感じるようになりました。
今風の素人もどきの音楽が幅を利かせてるのも
残念です。もっと大人がクラシックの良さを
伝えていかねばね。
ところで函館一人旅、うっとり…。
私もいつか絶対実行します、その時は鼻息荒く
報告しますね。

投稿: バルおばさん | 2010年10月18日 (月) 14時53分

バルおばさん様

音楽も著書と同じで感じ方がその年齢によってずいぶん違いようですね。遠方へ旅行できなくなったら音楽演奏会に楽しみを切り替えようかしら。。。

四六時中ひも付きとしては、一人旅は天国でしたよ。自由に行きたいところへ行ける、ああせい、こうせいはいっさいなしです。買い物だって〔フン、いい年してまたそんなつまらんものを・・・〕と云う批判的な目もなしです。
命の洗濯ができますよgood

投稿: おキヨ | 2010年10月18日 (月) 19時14分

詳しいことは知りませんが、音合わせといえども締め切ってするのが普通じゃないのですか?
それを誰か入ってきても黙って聞かせてくれるなんてすばらしい方たちですね。
二人だけの拍手と、二人の演奏者の応礼・・・・映画の1シーンを見ているようで心和みました。
私は映画館で映画をを二人だけで見たことはありますが、なんの感動もありませんでした。

投稿: 周坊 | 2010年10月18日 (月) 20時15分

周坊様
このコンサートホールは非常に開放的に出来ていていわゆる〔部屋〕の状態ではないのです。こういうスタイルのホールなんでしょうね。

リハーサルといえども、きっちりと演奏されたので、まるで自分たちのため!?という錯覚を起こしそうになりました。
周坊さんはこのシチュエーションを感じてくださったようで嬉しいですね。

なんといってもプロの音楽家が、演奏するのですから映画とはちょっと違うかもしれません。
この年になっていい音楽に触れたいと思いましたね。


投稿: おキヨ | 2010年10月18日 (月) 21時16分

「音合せ」好いですねぇ。(^ァ^)
「リハーサル」なんて言うよりも、まして省略形で「リハ」とか言うよりも余程粋じゃないですか。
(この音合せを「ゲネプロ」とか「ゲーペー」とか言い出したら、最早スレッカラシです orz)
 
クラリネットの生音。
微妙な息づかいやら、すーっと消えてゆくような弱音など、録音では味わえない醍醐味でしょうか。
想わぬ出会いであった分、余計に嬉しいものですよね。 とってもウラヤマシイです~。(笑)

投稿: もとよし | 2010年10月19日 (火) 00時54分

もとよし様

フフフ、〔音あわせ〕でも悪い事はなかったんですね。 昔、〔帳面〕と何気なく言ったときに20歳ぐらい若い年代の方々に〔それはノートの事ですか?〕と言われ満場爆笑という事がありましたもので。。。coldsweats01

おっしゃる通りですね。音楽はラジオかテープで仕事の片手間に聴くものと貧相な考え方しかなかったので、ナマの演奏には、しかもクラリネットという清清しい音には少なからず感動しました。


投稿: おキヨ | 2010年10月19日 (火) 10時01分

この二人は伊勢崎第九合唱団にいますよ
今年の公演は終わりましたが、5月にはミニコンサートで演奏して下さいます
伊勢崎市のHP等でチェックしてみて下さい

投稿: うー | 2010年12月20日 (月) 22時17分

うー様
ようこそおいでくださいました。
嬉しい情報有難うございます!
そうですか。伊勢崎は隣市ですので、来年はぜひミニコンサートに出かけたいと思います。notes


投稿: おキヨ | 2010年12月21日 (火) 00時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 色づく北軽井沢 | トップページ | 見ず知らずの方のご親切 »