« 歴史に見るカニバリズム | トップページ | 慌てました! »

ん!元気の元は?

最近、いろいろと身辺整理をし始めた夫、大きなほうの畑は市へ返還しちゃったし、山のようにある洋服も、最小限にして用済みと思った物は捨てたようでした。自分の持ち物が減ったせいかなんとなく精彩が感じられなくなった今日このごろ。愛用のロッキング・チェアーで本を読むか転寝をしているかのどちらかです。。。

〔やはり80才近いとこうなるか・・・gawk〕と思ったのがつい一週間前。

ところが、2日前あたりから、もう飽きちゃってやめたのかな?と思っていた猫のこけし作りを俄然元気よく始めたではありませんか。私〔なに、もうすっかり止めたんではなかったの?〕夫〔うん、欲しいという人があってねnote〕などと妙にご機嫌でこけし作りに勤しんでいます。

私だけでなくこのブログをお読みくださる皆さん、〔ハハァ~ンsmile〕ともうお判りですね〔爆〕夫が一生懸命に何かに取り組むのにはご婦人の力がなければなりません。たぶん自分から売り込んだに違いないのですが〔あら、そ~んなご趣味をお持ちなんですか。ぜひ見したいわぁ~!〕と老人扱いのうまい50年配の女性に言われたに決まっています。夫の好みは50~60代、それ以下の年代はまだ老人の扱いが巧みとはいえませんから苦手なようです。すかさず〔では貴女のためにひとつ作って差し上げましょう!notes〕となるわけです。私としては動機はどうあれ元気にものづくりをしているほうが安心です。

しかし、女性というものは、自分の夫より、他人の亭主の〔〕になるものなんですねhappy01

P1120248

まだ完成してません

|

« 歴史に見るカニバリズム | トップページ | 慌てました! »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

イヤ~、この猫、中々の出来栄えじゃないですか、コレなら貰っても嬉しいですよねぇ・・

ワタクシ、どっかの朝市の片隅でこんなの売ってたら思わず手を出しちゃうかも・・

若い女の子だって結構こんなの欲しがるんじゃないでしょうかねぇ? (笑)

投稿: 伊藤 | 2010年10月 1日 (金) 03時21分

絵とか彫刻は分からないけれど、この猫こけしは傑作ですよ。羨ましいです。
女性にトキメキを覚えなくなったら男性たるもの淋しいんじゃないですか。私などしょっちゅうトキメイています。トキメキだけなのが残念ですが。

投稿: 周坊 | 2010年10月 1日 (金) 09時24分

御主人は持てますね~、羨ましいですgood
私は40代ぐらいの女性が良いのですが、どうも全く駄目のようです(笑)
御主人は人当たりが良くて器用なのでしょう。この猫ちゃん、可愛いですよ~lovely

投稿: 矢嶋武弘 | 2010年10月 1日 (金) 11時33分

伊藤様
確かに喜ばれています^^
これ、地場産野菜を扱うお店の民芸コーナーに置いていたのですが、あっという間に売れるので製品がおっつかないのです。夫は気ままに作りたいので嫌気が差してやめてしまいました〔爆〕美人に差し上げて喜ばれるほうが売れるより嬉しいようです。happy01

投稿: おキヨ | 2010年10月 1日 (金) 19時40分

周坊様
有難うございます。夫が聞いたら喜ぶでしょう。

それが年がら年中ときめいているのです〔爆〕周坊さんは節度がおありのようですからなんら問題はないのですが、我が家の爺はいけずうずうしい性格で好みの女性に簡単に声をかけています。弾数の多い鉄砲ですがまずあたりません!〔爆〕

投稿: おキヨ | 2010年10月 1日 (金) 19時54分

矢嶋様
本当にモテる男性ならこのような小道具は必要ないのでは。。。?〔爆〕
夫の場合なんたって年寄りなんです。お年寄りに親切なご婦人方に便乗しているようです。

矢嶋さんのお年では女性はまだ警戒しますからね。80才近くなるとチョーモテる様になると思いますgood

投稿: おキヨ | 2010年10月 1日 (金) 20時04分

ご無沙汰いたしております。

「ん!元気の元は?」を拝見して
思わずにやりとしました。

このことを忘れてしまうと男って枯れ木みたいに
なってしまいますからねぇ・・・・。

投稿: Hayabusa改 | 2013年3月31日 (日) 19時38分

Hayabusa改様

お久しぶりですねscissors
異性に対するこの気持ちが失われたら人間寂しすぎますよね。
我が家の爺のようにあからさまというのも大人げないのですが。
要は元気で楽しく生きましょうということです
happy01

投稿: おキヨ | 2013年4月 1日 (月) 01時02分

並んでいる商品の中から好みに合うのを選ぶのも良いのですが、その人のために作られた一点ものは特別ですものね。いいですね…。
この猫ちゃんは、昔飼ったことのある猫に似ています。キジトラで目が緑ががった可愛い子でした。引っ越さなくてはならず、その頃はペット可の物件がなかなかなくて困っていましたら、猫はある夜…そっと出かけて、そのまま帰りませんでした…。

投稿: 粉雪 | 2013年4月 1日 (月) 20時51分

キジトラではなくサバトラ(グレー系)です。どうも最近ボケが…。
小道具としてではなく、作品として作って頂きたい程素敵です。

投稿: 粉雪 | 2013年4月 1日 (月) 21時19分

粉雪様

”この猫ちゃんは昔飼っていた猫に似てます”
そうですか。お近くなら夫は必ず貴女に作って差し上げたと思いますよ。大事にしてもらえそうですもの。。。

猫ちゃんがそっといなくなった話涙なしでは聞けませんねweep私は動物が大好きですので。。。

キジトラとかサバトラとか・・・この年になるまでトラ猫の模様にそんな名前があるとは全く知りませんでした(lll゚Д゚)
いま興味をもって調べましたらまだ他にもたくさんトラの模様があるんですねぇ。。。びっくり!

投稿: おキヨ | 2013年4月 2日 (火) 01時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 歴史に見るカニバリズム | トップページ | 慌てました! »