« ゴッホ死の謎 | トップページ | 屈託のないイケメン »

夫の利用価値(~o~)

昨日、電子レンジが使用不可になりました。もう10年ぐらい経つものなので、私は買い替え時かなと思ったのですが、夫はコンセントのせいだといって、団地内にある馴染みの電気やに行って必要な部品を買ってきて修理。壊れたものを修理するのに異常に執念を燃やすのは若い頃とそう変わりませんが、なにせ年ですから、何をするにしても時間がかかること、かかること。。。道具をひろげ、老眼鏡の他場合によって拡大鏡まで必要になります。私は短気ですから、そういうことを楽しみにされ、場所を半日もとられるのは内心嫌なのですが、ボケ防止の意味もありますので何とか我慢をしないと。。。お店のオヤジさんに来てもらへば10分で直してくれるのはわかっているのですが、彼も現在は息子さんの代になって閑なものですから、ゆっくり茶飲み話でもされたら同じ事か。。。bleah

ものを修理する事で、自分の能力の健在を確認する意味もあるんでしょうか。なんにせよ、若いときより数倍の時間がかかりますが、直るものはまだ直せると言う事でこれは自信につながるし、捨てずに済むので助かります。ハイ、何とか電子レンジは使えるようになりましたnotes

でもね、私の悪い右足の爪を切るのはそろそろ頼めなくなりました。爪以外の場所を切ろうとするので危ない。。。sweat01

P1000783

P1000826

P1000851

近場の風景

|

« ゴッホ死の謎 | トップページ | 屈託のないイケメン »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コンセントの不具合程度ならば、率先してご自分で修理。 ご立派な心掛けと想います。(^ァ^)
 
それに、慣れぬレンジに買い換えると、使い方に慣れるまでがまた大変なのでは? 拙宅のレンジなど、買って何年も経つのに、未だに使いこなせていません。(笑)
 
私も、足の爪(無論、手前の)を切るのが年々怖くなって来ています。 見え難くなるし、足首や指が曲げられなくなるしで。orz

投稿: もとよし | 2010年11月 2日 (火) 00時43分

もとよしさま
コンセントぐらい器用な人なら女性でも直すと思いますが、私の育った環境では兄弟はは何もしなかったんですね。それで普通の事をしても〔この人はなんてすごい事を!〕と思うわけですhappy01

夫はもともと貧乏性ですから何でも自分で直すのが好きです。それだけに駄目にしてしまい事も多い〔苦笑〕

私は脚の病気で自分の爪が切れない状態なんです。歩くのは大丈夫なんですが。。。
仕方がないので自分で凸凹にきっておいてやすりだけかけてもらいますfoot

投稿: おキヨ | 2010年11月 2日 (火) 11時20分

つ最近こんなことがありました。
一年半ほど使ったDVDプレヤーがストライキを起こしました。
販売店に持ち込むと”一年の保証期間がは終っている。修理すると1・5万円くらいかかる”とのこと。
このプレヤーの価格はその半分ほどでした。
買うより高くつく修理費・・・。
これは何かヘンではないですか?
この種の話は良く耳にします。
壊れやすいものを造って、次々買わせていく、というメーカーの戦略なのかとカングリたくなります。
こんなご時勢のなか、ご主人の”とにかく修理して活かす”というポリシーは誠に立派です。
日本人が忘れている精神です。
そんな見上げたご主人のことですから、爪を切る手を誤って、少々おキヨさんの足指の肉を切ってしまうくらいのこと、許してあげてやってください。
ダメでしょうか?

投稿: 風花爺さん | 2010年11月 2日 (火) 20時09分

風花爺さん様
じつにおっしゃる通りで、今は物を修理に出すという時代ではなさそうです。お店では店員さんがあっさり〔修理代のほうが高くなりますからお買いになったほうがいいと思います〕言い切ります。これが本当に癪に触るんですね。物を勿体ないと思ったり愛着を感じたらいけないのかといいたくなります。

たしかに夫の年代はまずどんなものでも生き返らそうとしますね。勿体ない精神と作り直す行程がすきなのと直す喜びというのがあるようです。最近は直らないものが増えております〔笑〕

え!足の指の肉を!!coldsweats02そりゃあんまりというものです!
切られた足がタコの味だったらちょっと怖い事になります。夫はタコが好物ですから。。。
run

投稿: おキヨ | 2010年11月 2日 (火) 21時10分

お初にお目にかかります、「ぢぃ」と名乗っておりますが多分おキヨ様のほうがおネェ様。

とんでもない所からやってきました、「天下の鶴田浩二を袖にした」って話ご記憶ですか、そこからやってきました。

ぢぃも修理大好き、めがね掛けてルーペ持って半田ごて持ってもう一本手が足りない・・・・・・なんて言ってます。

投稿: ぢぃ | 2010年11月 7日 (日) 17時35分

ぢぃ様
ようこそおいでくださいました~notes
私のほうが上ですとあなた様はおちぃ様wink
子供の頃、鶴田浩二を袖にした話を書いたかもしれませんね〔苦笑〕旧い記事をお読みいただいたようで、有難うございます!

そうですか。ちぃさんも修理好きなんですね。直す快感というのがあるようですね。
夫はは間もなく79歳になりますので複雑なものは駄目になっていますが、ちぃさんはまだまだ修理を楽しめそうで何よりです。

これからもよろしくお願いいたしますshine

投稿: おキヨ | 2010年11月 7日 (日) 19時12分

早速のResありがとうございます。
ご主人はぢぃより10歳先輩、複雑でないものなら直しちまうってのがスゴい。

「ちぃ」budはまずそこまで生きてないでしょう。

最近の自慢の大修理ご高覧ください
http://www.freeml.com/bl/7668301/127167/

投稿: ぢぃ | 2010年11月 7日 (日) 20時13分

ぢぃ様
大拍手!パソコンを直されたんですね!
現役時代のお仕事がお役に立っているのでしょうか?なんにしても立派な技術をお持ちで、我が家の爺とは桁違いのご趣味です。こんなことがおできになるのなら人生張り合いがあって楽しいでしょうね。というかご趣味にしておくのは勿体ないですね。

夫の場合せいぜい置時計ですもの。coldsweats01

そのぶんなら100歳まで大丈夫!good

投稿: おキヨ | 2010年11月 7日 (日) 23時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゴッホ死の謎 | トップページ | 屈託のないイケメン »