« 夫の利用価値(~o~) | トップページ | 奥利根の紅葉を堪能 »

屈託のないイケメン

私は日頃、今の若い人たちと高齢者の間に断絶的なものを感じていて、それも時代のなせる隔たりで無理からぬ事とも思っています。

ところが、私のこの頑なな思いがちょっと緩む出来事がありました。

私はいつもレジャー施設の中にある美容室へ出かけるのは月曜日に限られていましたが今日は都合で火曜日となりました。と、いつもの細身のお兄さんではなく、同じ年頃のがっちりした、今風スタイルの若者が出迎えました。

若い人は年寄りに対して、客以上の対応はしないのが普通。〔寒くなりましたね、お風邪をひかないように。〕とか〔どこかへ紅葉を見に出かけましたか〕とか。。。マッサージ師も、いつもの美容師も、受付のおねぇーさん方もほぼ似た対応です。当然、当然。。。なにも好き好んで年寄り相手に通じ合わない会話などするものですか。ニコニコとマニアルどうりの笑顔をみせて必要最小限の言葉でじゅうぶんなのです。

今日初めて顔を合わせた、このスポーツマンタイプの若者、私が椅子に腰掛ける前に〔あ、脚、怪我したんですか?〕と普通触れないところを直撃。私は怪我ではなく病気なのだというと〔僕も膝がやばいですよ〕と。。。そして一応髪の整え方を聞いて仕事に取り掛かりながら、スケートボードで膝をやられた事、住んでいる場所が昔私が最初に住んだあたりであること、現在私の住んでいる処にも以前2年間住んでいた事、などなど。。。まだ20代と思える若者の屈託のない話しぶりに思わず同調してしまいました。coldsweats01何より、会話にわざとらしさがなく〔この若者は誰とでもこのような会話のできる特技のようなものを持っているのだろうな。。。〕という感じを受けました。

仕事ぶりはとても丁寧で、驚いた事に、襟足と顔の一部を石鹸を泡立てた刷毛を使い、剃刀をあてる手作業でした。私は10歳頃床屋さんでしてもらった以来のことなので〔これ、今時美容院では珍しくない?今はみな電気で簡単にやってしまうでしょう。。。〕というと〔僕、もともとは理容師なんです〕とのこと。ちょっと得をした気分でした。

P1000798

P1000806

P1000818

寄居 風布風景 

|

« 夫の利用価値(~o~) | トップページ | 奥利根の紅葉を堪能 »

今日の出来事」カテゴリの記事

コメント

なかなか感じの良い若者ですね。
しかも、襟足などにシャボンを泡立てるなんて、今どき滅多にないでしょう。普通は電機カミソリですね。
少し得をした気分も分かりますhappy01

投稿: 矢嶋武弘 | 2010年11月 4日 (木) 18時08分

矢嶋様
留守にしておりましてコメントが遅れ申し訳ありませんでした。

そうなんです!この青年は誰にでも隔たりのない接し方が出来るようなきがします。これもある意味才能ですね。

シャボンを塗って丁寧に剃刀を当てるというのはいかにも誠意を感じます。男性は珍しくないでしょうが私は子供時代以来だったのでとても懐かしくいい気分になりましたnotes

投稿: おキヨ | 2010年11月 5日 (金) 21時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夫の利用価値(~o~) | トップページ | 奥利根の紅葉を堪能 »