« トイレが故障する理由 | トップページ | 六合村〔くにむら〕散策 »

宇多田ヒカルは賢い!

ワイドシショーを観ていたら〔朝のワイドショーは世の中の出来事を手っ取り早く知る安手の情報元(^^ゞ〕宇多田ヒカル嬢が出ていまして、〔私的には藤圭子の娘〕〔歌しか知らない馬鹿なおばさんにはなりたくない〕というようななことを申しておりました。で一時歌をお休みして立派な大人になるお勉強をするとか。。。

母親の藤圭子さんは、その美貌と独特の雰囲気、歌の上手さで一時代を風靡した歌手。その娘はヒカルさんは、美貌のほどは母にいささか劣るようですが、そのぶん賢さは上のように見受けられますね。私はもちろん今風の歌などちんぷんかんぷんですから彼女が歌が上手いかどうかは知りません。でも、テレビで観た彼女はその容貌を損なわない好感の持てるファッションとメークで、同年代の女性歌手たちとは一線を画しているようです。

いまから20年近く前に、藤圭子がラジオ番組で〔ウチの娘、いま9歳になるんですけど、歌が凄く上手いんです!〕と言っていましたが、まんざら親馬鹿の言葉ではない、ということが数年後に証明されました。

宇多田ヒカルの言葉を借りると〔ろくな絵も描けない馬鹿なお婆さん〕になってしまった私としては〔ハハーッm(__)m〕とコウベを垂れる思いです。。。

P1010588

P1010469 

P1010600

桐生市

|

« トイレが故障する理由 | トップページ | 六合村〔くにむら〕散策 »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

群馬県桐生市・・私は一度もこの地を訪れたことは
ないけれど、何やら良い街に思える、少し調べれば
この地は江戸幕府に於いては天領であったとある・・それだけ昔から経済基盤のしっかりした街であったことが偲ばれる、また明治~昭和の初期にかけては絹織物の盛んな地として隆盛を誇っている、いつぞやのおキヨさん紹介の骨董市からしても往時の隆盛の名残りが覗える、歴史あるまち群馬県桐生市・・機会があれば一度は訪ねてみたいものだ。

投稿: 伊藤 | 2010年11月24日 (水) 16時23分

桐生と聞けば、甲子園野球の“桐生高校”、次に中学校で習った“絹織物”です。行ったこともないのになぜか懐かしい地名です。

投稿: 周坊 | 2010年11月24日 (水) 21時11分

伊藤様
留守をしていてコメントレスが遅れ申し訳ありませんでした。

桐生市は私もこの地方に越してすぐに憧れを持って出かけた町です。それほど桐生市といえば織物の町として全国的に知られている地名でした。
40年前始めて桐生を訪れたときには、山懐に抱かれた、いかにもおっとりとした雰囲気をもつ素敵な町でしたが、最近は時代の変化に勝てないようで商店街はシャッターを下ろしているところが目立ちます。

それでも隅々町を散策するとこの町が栄えた事の名残が随所に見られます。
機械がありましたらぜひ桐生へおこしください!
。。。と桐生市観光課のような事を言ってますねbleah

投稿: おキヨ | 2010年11月24日 (水) 23時41分

周坊様
そうですね。最近は〔桐生高校〕で桐生と言うところが全国的にアピールされていますね。
その昔は京都に並ぶ織物で名高い町でした。
若い頃東北の片田舎にいた頃、成人すると和服を買ってもらうと言うのが通常で、呉服屋の主人が反物を広げるときに〔これは桐生のものです〕と自慢げにいうのを聞いたことがありました。品質のよい反物を扱っていると言う事だったのですね。

ですから、ある年代の人には桐生という名前はどこか耳にしていますからなんとなく懐かしい響きを感じるのだと思います。

投稿: おキヨ | 2010年11月24日 (水) 23時57分

周坊様
桐生といえば「甲子園の常連だった桐生高校」を思い浮かべていただけるのはとても嬉しいことです。
その「古豪」とか「名門」と称されていたことも「今は昔」の話です。
ここ何十年は見る影も無い凋落振りで、今は新興勢力の「桐生第一高校」の陰に隠れ、ほとんど忘れられています。
O・Bとしてはもう悔しい、という気も失せてしまいました。
街そのものも絹織物の衰退で、長いこと苦戦しています。
かつての織物工場の独特の「鋸屋根」を売り物にして、地域活性化を図る試みはいろいろ模索しているようですが・・・
私の縁者や友人がいまでも、高齢をおして頑張っているので、他人事では思いでいます。

投稿: 風花爺さん | 2010年11月26日 (金) 07時02分

風花爺さん様

考えたら、〔桐生〕と先についてもその後に並ぶネーミングで高校が違うということを考慮しませんでした。私の里の八戸高校と八戸○○高校というのが全く違うのと同じなのに。。。風花さんの母校は最近甲子園で活躍した高校とは別なのですね^_^;
母校が最近奮わないのは残念ですね。
そのうちかならずや〔桐生高校〕が盛り返して甲子園で活躍すると思いますので落胆なさらずに長い目でお待ちください( ̄~~~ ̄)←長い目

周坊さんより先にコメントお許しください^_^;

投稿: おキヨ | 2010年11月26日 (金) 11時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トイレが故障する理由 | トップページ | 六合村〔くにむら〕散策 »