« 雪の坤六〔こんろく〕峠 | トップページ | 洋画を二本 »

旅先の一期一会

今回の旅の記事は終わりにしょうと思ったのですが、これを書かないと。。。(^^ゞ

旅先での楽しみのひとつに人との出会いがあります。日常の中での人付き合いはもちろん大切ですが、そこには多かれ少なかれしがらみが付きまといます。だが見知らぬ同士にはそんなものはなく、真実だけが抽出された言葉のやりとりになります。これが楽しい。。。

また宝川温泉に戻りますが、露天風呂に私の後から一人の老婦人がおずおずと入ってこられました。そしてすだれの向こうに肩を静めましたので、〔其処はぬるくはありませんか?こちらのほうが温まりますよ〕と声をかけました。それをきっかけに、近くに寄ってこられた老婦人と何気ない会話。息子さんとの二人旅で、行く先も、どこへ宿泊するかもわからない、気ままな旅であること。東京の某所〔忘れました(^^ゞ〕にお住まい。軽井沢と箱根にはご姉妹とよく出かける、ということなどさりげない会話です。その中で婦人が〔89歳にもなりますと・・・〕という言葉に私は耳を疑い〔え!おいくつとおっしゃいました?〕と聞き返すと〔ホホホ、89歳ですのよ。〕私〔エーッ!本当ですか!〕と思わず絶句。。。↓

P1120660

この美貌、 気品 健脚 をご覧ください。〔実際は下手な写真の数倍も綺麗な方〕

私はこの方より18,9歳若いのですが、何一つ勝るものがない。。。(>_<)

会話が弾んで、約束の時間が遅くなり、夫が業をにやして迎えに来たので紹介しましたが、夫、車の中で〔あの品のよさは相当の家柄の奥方だね〕と。。。

いつでもそうですが、別かれる際に〔さようなら、いつまでもお元気で・・・〕〔貴女もお元気で。。。〕と、2度と再び会うことのない相手に、心からの幸せを願って言葉を掛け合うときが一期一会の最も好きな時です。

P1120808

油彩スケッチ。絵の具の乾きをまって完成させます。これがどう変わるかは後ほど。。。

|

« 雪の坤六〔こんろく〕峠 | トップページ | 洋画を二本 »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

一期一会いいですね~lovely
この方は品が良くお元気そうでとても89歳には見えませんね。若い頃は素敵な美人だったと思います。(御主人が羨ましい~!)
私は年甲斐もなくまだ若い女性との一期一会を期待していますよ(笑) 
おキヨさんもあと十数年すれば、この方のように美しい老婦人になられると思います。きっと間違いなくgood

投稿: 矢嶋武弘 | 2010年11月10日 (水) 09時09分

矢嶋様
私がまじかで会話を交わし、89歳とは信じられない美しさにうたれました。若いときはさぞ輝く美貌だったのは間違いありません。

矢嶋さんの〔おキヨさんもあと十数年もすれば・・・〕は有難いお言葉ですが、原型、素材というものがあります〔爆〕それと氏育ちも大事な要素。。。逆立ちしても無理です!

矢嶋さんも宝川温泉にお出かけになれば、天女のような若い美人とお知り合いになりかも。。。good

投稿: おキヨ | 2010年11月10日 (水) 10時46分

二度と会うことはなかろうと思う人の幸せを祈ることが出来るということは、今の自分が幸せなのだと思いますよ。

投稿: 周坊 | 2010年11月10日 (水) 16時04分

周坊様
平凡が幸せと言うのならば確かに幸せのほうに属するかもしれません。
幸不幸を分類するのも自分の気持ちひとつですね。delicious

投稿: おキヨ | 2010年11月10日 (水) 18時57分

おキヨさん
 ますます感性を磨かれるおキヨさんですね。
 幸せは、辞任するもの。不幸は、具体的に見えやすいもの。
 どんなものでしょうね。
 ご示唆に賛同。休眠を目指しています。
 主治医も、ストレスは自分で解消するものだとの示唆でした。
 身体が受け付けないことこそ調整しなさいと・・。
 元気を取り戻しています。
 

投稿: 風の樹人 | 2010年11月11日 (木) 23時27分

風の樹人様
先生、佳人は、こうありたいと願うのではなく、自然に不必要なもの〔煩悩?〕が離れてしまった人のことではないかと、先日偶然にお会いした老婦人と会話を交わしそう思いました。

先生がブログに書かれておりますように、人との出会いはほんのひと時でも何かを教えてくれます。

主治医の先生がおっしゃるのはわかりますね^^
自分の身を守るのは自分しかないのだとおっしゃっているのですね。

しかし、人によっては仕事を整理しすぎてかえってストレスをためる結果になったということも聞きますのでこれも難しい話です^^

投稿: おキヨ | 2010年11月12日 (金) 00時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雪の坤六〔こんろく〕峠 | トップページ | 洋画を二本 »