« 打ち出の小槌。。。? | トップページ | 秋の深きしじまに身を置く »

関心度の高いへそくりの話題

今朝のFテレビ朝のワイドショーを観ていたらへそくりの話をしていました。夫、34万円に対し妻98万円だそうです。〔ふぅ~ん・・・〕とおもって見ていたら、ラジオでも、夕方のニュースでもこの話題が。。。へそくりは関心度の高い話題なんですね。

私だってもちろんへそくりぐらい持っています!若い頃はもっぱら身につけるものに使いました。へそくりって、使う楽しみがあってこそのものですね。〔やれやれ、今回は10万円もたまったぞ!そう高級品でなければ、服と靴ぐらいは買えるnote〕ってね。ところが最近はつまらない。おしゃれに関心がなくなったんですから。子や孫に何かを買って喜ばれるという楽しみもないし。。。

それよりつまらないのは夫ではないかと思うのです。私はお金の管理などしたくないですから、結婚後わすか3年ぐらいで夫に家計の管理をおまかせ。私より適任者だからです。ですから自分で稼いだお金は誰に文句を言われる事なく使おうと思えば自由です。ただ夫は酒、煙草、賭け事と世の男性が好む事をいっさいする人間ではない真面目人間〔典型的な小市民ともいいます(^^ゞ〕。若い頃は、たまに私の知らないネェーチャンにプレゼントぐらいしたかも知れませんがそんなもの微々たるもの。。。とにかく安全なタイプ。

ですから妻に隠れてこっそりとへそくり・・・という楽しみを知らないのです。思えば可哀想。。。happy01

P1070860

P1070889

P1070872

桜とモミジ

P1070895

|

« 打ち出の小槌。。。? | トップページ | 秋の深きしじまに身を置く »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

酒、煙草、賭け事については昔は知らず現在は、ご主人と全く同じです。

違うのは家計の管理。
男子たるものすべて妻に任せ正々堂々「要るものは要る」と出させたらいいのです。
とは理想であってその実小さな声でモミ手をしながら小遣いを申請しております。
へそくりなぞ、使い道も思い浮かびませんハイ。

その昔、「俺がする」と一切とりあげて自分で管理したことがありますが一月で懲りて“大政奉還”しました。

投稿: 周坊 | 2010年11月19日 (金) 09時55分

周坊様
家計などそれに適したものがやればいいのです。我が家の場合、夫が経理に強いものですから〔好きといったほうが。。。〕私は正反対で、この手のわずらわしさが全く駄目な人間^_^;

〔もみ手をして・・・〕には笑いました。一般家庭に一番多い平和な構図です。我が家は変形ですね^^

人によると思いますが、苦心して捻出するところにへそくりの意味、楽しみがあるようで、我が家のように〔さぁ、使え!〕状態では案外つまらないのかもしれません〔爆〕

と言うか、野放図に散財するタイプではないのです。これを貧乏性というんですね。smile

投稿: おキヨ | 2010年11月19日 (金) 10時59分

巷間伝えられている話によると、昔は「給料袋」をそのまま奥さんに渡し、ご亭主殿はお小遣いを押し頂く、というのが普通らしいですね。
今は振込みですから景色は変っているかも知れませんが・・・。
その点、拙宅はかなり正常性を欠いています。
家庭を持った最初から、私が一定の生計費を家内に渡し、残りは私が自由に使います。
家内も生活費をまかないさえすれば、どう使おうと全く自由。
その中から「ヘソクル」という才覚を働かせていたかも知れませんが、そんなやり方で今日までやってきていますので、お互いにコッソリへそくりを貯める、という必要をあまり感じていませんね。
こんなやり方はいけなかったでしょうか?
今更変えようはないのですが・・・。

投稿: 風花爺さん | 2010年11月19日 (金) 20時31分

我が家は細々ながら会社形態なので、これを
主人にやらせたら大変なことに…というか
やる気もないですからね、あの御仁は。
赤字でも自分のお小遣いだけ貰ってればいいんですから、お気楽なものですよ。
まぁ、お陰で?私も自由に管理してますが(笑)。

投稿: バルおばさん | 2010年11月19日 (金) 23時27分

風花爺さん様
給料袋をそのまま奥さんに手渡す、というのが日本人の一般的なサラリーマン生活と云うものでございます(~o~)私も新婚当初夫が働いた給料を手渡されましたが〔当時は生々しい現金^^〕何故自分が受け取るのか釈然としませんでした。結局我が家もお宅様同様生活費だけ頂くというパターンになり、あとはどうしようと我関せずといったところです。

そうなんです!生活費から〔ヘソクル〕がこれまた楽しい内緒ごとで、自分のやりくりの才覚に惚れ惚れしたりするんですね\(~o~)/
有り余る財産をお持ちの方は不幸にもこの楽しみが生涯わからないことでしょう。

家庭内でお互いが納得していればどんなパターンでもいいのではと思います。


投稿: おキヨ | 2010年11月20日 (土) 00時31分

バルおばさん様
御宅のお殿様は〔よきにはからえ。。。〕タイプなんですね。これが一番楽な方法です。〔爆〕
私もね、夫が4,5年に1度細かく書いた我が家の財政の説明を受けるのですが、その都度忘れちゃって。。。
私が先に死ぬつもりで居ますからそんなもの覚えなくても、と言う気持ちがあるんですねbleah

〔自由に管理?〕何よりです!good

投稿: おキヨ | 2010年11月20日 (土) 00時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 打ち出の小槌。。。? | トップページ | 秋の深きしじまに身を置く »