« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

可もなく不可もなく・・・

昨年は〔今年の我が家三大ニュース〕を書いたように思いますが、今年は、実に可も不可もない平々凡々の1年が過ぎようとしています。平凡が一番!というのが私の口癖、これはもはや平凡しか望めなくなった人間があきらめ半分、ふてくされ半分で使う言葉と誰かが言っていました。それはいえますね。

しかし今年は近親者、大事な先輩、仲間の誰も失う事がなかったということが何よりと思うべきでしょう。そういうことで、我が家の三大ニュースを書けなかったことは喜ばしいこと。。。

発表制作のことで気にかかることもないわけではありませんが、来年の事を心配して鬼に笑われるのも癪なので来年のこと年が明けてから考える事にしましょう。。。〔と、都合のいいように決めてずるずる遅くなるのが毎回です・・・bleah

P1080225

P1080233

| | コメント (12)

姉妹それぞれ

あらかた用事が済んで、ぽかりと時間が空いたので、各地に散らばって根を下ろしているわが姉妹の声を久しく聴いていなかった事に気づき電話をしてみました。

長姉は相変わらず病気自慢で、明日にでも死にそうな事をいっていますが、いつものパターンで変わりないようです。これがいつまでも愚痴を言い続けるので電話を切るタイミングが難しい^_^;

富士山麓、御殿場市で暮らす妹は、昔からの性格で多くを語りたがらないタイプ。久しぶりの私の電話にも、〔何か用でも?・・・〕と云う態度でかわいげがないのです。よく言って冷静沈着といいますか、いつも冷めていて、他の妹達の評判がいまひとつよろしくない。

郷に姉妹でただ一人残っている四女は苦労人。性格がよく、世事に長けていて、近くに住む頑固印の長男さえも上手くあしらえる事が出来、嫂とは遠方の姉妹達より親密です。暮れには郷を離れた姉妹全員に昔それぞれが好物だったものを送ってくれる気遣いを持っています。

末妹は近じか60歳になろうと云うのに、私にとってはいつまでも可愛い妹。彼女の2人の娘達に〔Cちゃん〔妹の名前〕を困らすような事をしたら伯母さん、承知しないよ!〕と脅かして〔変な伯母さん〕と二人に嗤われています。

今年も残すところ二日.、それぞれがみな元気で居る事に感謝。。。

P1020200

P1020175

P1020166_2 

| | コメント (4)

年に一度は夫を褒める

今年も我が夫をこきおろした記事を多く書いたような気がします。さすがに心が痛むので年に一度の出血大サービスということで今回はすこし褒めましょうか。

我が夫、実は心の広い人。波風も立てずにこの私と長年共に過したということが何よりの証拠。。。わがまま放題の私に寛大で、細かい事は気にしない、大らかで誰に対しても親切、まめでよく動くし、私の嫌いな〔飲む、打つ  買う・・・スーパーの買い物ではありません〕は全くいたしません。ひたすら家庭平和を守りつづけて今日まできました。友人知人に〔お宅ほど良いダンナはそうはいないわよ。〕といわれるのも当然の事です。

今日だって、脚の悪い私には負担だろうと、ガラス拭きの大半を受け持ってくれました。↓

思えば私ほど幸せものはありません!delicious

P1130251_2

・・・で終わるとお思いですか?

ここからが〔本音

このお爺、外面が良くて、友人知人が知らない一面があるのですよ。家庭に波風が立たないのは私がひたすら我慢をしてきたから。。。二言目には怒鳴り散らすし、口数なら私の10倍はあります。

ガラス吹きなど46年共に暮らしてきて、43年間は私一人でやりました。ここへきていささかしんどくなったので子供を騙す手でお願いして窓拭きをしてもらいました。〔まぁ、綺麗になった事!やっぱりこういう仕事は男のほうが上ね〕と一箇所づつ褒め称えなければなりません、来年のために。。

昨年も同じような事書いたような気もするけど、新しい訪問者のために。。。

P1130243 

このワンちゃんの眉間の皺には毎回笑ってしまいます。happy01

| | コメント (8)

存在感のある手

先日高齢者運転講習に行ったときの話しに戻ります。

講習に参加した人はたったの3人で私のほかに男性2人、共に71歳と同年輩。。。3時間という時間は講習の話だけではもたず?に指導に当たった講師も含めて多少の雑談も。。。

私の右隣の素朴な感じの男性は農家を営んでいるいうことで、指導講師が〔○○さん、凄い手をしているネェ。。。〕と驚くほど見事に節くれだった手をしていました。男性はとても恥ずかしがり、〔こういう手なんで、とても人前には出せねぇよ〕と言っています。男性の手は本来の大きさもあって、農家の仕事で独特の表情をし、完成品と言っていいくらいの存在感を持っていました。

男性の手の見事さに、まず若い講師が〔ちょっと触らせて。。。〕私も〔触らせて・・・〕もう一人、商店の店主らしき男性も〔いや良い手だ、俺も触ろう。。。〕と。長年よい働きをした豊なで暖かい、素朴な人物の風貌に直結した手でした。

今頃になってふと、あの手はこの寒空の下今日も何かしらの作業に勤しんでいるに違いないと思ったのでちょっと記事にしてみました。

P1020183

椿

P1020578

早っ!もう黄梅が咲き始めています。

| | コメント (8)

妙なクリスマス・プレゼント

よいよ本格的に寒くなりました。我が家には炬燵がありません。私が立ったり座ったりするのに炬燵だと悪い脚に負担がかかるからというのと、部屋に炬燵が似合わないという理由で。。。coldsweats01

今日新聞の折込を見ていた夫が、近くのヤ○ダ電気に出かけ、ほどなく大きな箱を抱えて帰ってきて〔はい、クリスマス・プレゼント〕 広げてみると〔え、寝袋!?〕↓

P1130240

P1130242

これ、どーすんのよ~!!(○`ε´○)

夫はこれなら脚まで暖まるということで買ってきたようですが、寝袋状なので脚を中に入れてから腰掛けるのはややこしい作業。。。確かに暖かそうですが、一旦この中に入ったらちょっとやそっとで動けませんよ。

っったく、何の相談もなしに妙なものを買ってきちゃって・・・〔怒〕

でもね、一旦この中に入ったら用事を言いつけられないと言う利点も。。。smile

| | コメント (4)

着てはもらへぬセーターを~♪

・・・を私も30数年前に編みました。今でも私の箪笥の奥にそのままあります。がこれは都はるみが歌ってヒットした演歌の内容とは大違い。

私も30年ほど前にはセーターを編むという、人並みの女らしい事をしたことがあります。その昔、編み物機械というのがありまして〔今でもある?〕私も一時その機械を使ってセーターなどを編んだ事がありましたが、すぐに手芸などは自分の好みではないと言う事がわかり〔つまり飽きちゃった^_^;〕やめてしまいましたが、数十年して、〔そうだ、セーターを編めたはずflair〕と思い出し、そのときには編み物機会などとっくに無いし、それなら手編みをと始めました。夫にと思って深緑の毛糸を買って編み始めたのですが途中から〔大きいかな〕とは思ったものの、生来がめんどくさがりや、なら、大柄な画友のHさんにでも上げようとそのまま仕上げました。Hさんはスケッチなどに同行してくれるので、日頃のお礼として着て貰おうではないかと思ったところHさんにきっぱり断られました。理由は奥方が〔とんでもないやきもち焼き〕でせっかく貰ったセーターを切られてしまう恐れがあると。。。行動を共にするKと連名だからいいではないかと思ったのですが、とにかく女からのもらい物は駄目だと言うのです。〔どんなやきもちだ!?eye

結局いまだに箪笥の奥に誰にも〔着てはもらえぬセーター〕があるのです。〔つっかえがあって開かずの箪笥に入っているためそのままの状態coldsweats01

二木紘三うた物語のサイトを訪ねたらこの歌が目に付いたのでふと昔のことを思い出しました。

P1130231

安曇野 F6 あとひといき(^^ゞ

いつも同じ額縁とお思いでしょうが、感じを見るために時々額を通してみますので絵の具で汚れても惜しくないものを使います。

| | コメント (10)

60年前のクリスマス・イヴ

日本人の3人に1人はクリスマスに無関心という事ですが、私もその一人。しかし、およそ60年前、中学校時代からミッションスクールに入学したせいで、高校を終える6年間という間クリスマスは特別な日という時代もありました。学校には教会がありクリスマスには、この地方にこんなにクリスチャンが!?と思えるほど信者さんたちが集まりました〔東北地方は意外とカトリック信者が多いのです〕

生徒は教会のバルコニーで聖歌を歌う為に数ヶ月前から歌の練習をします。聖歌の指導はG神父が受け持ったのですが、これが大変な美声の持ち主。30代半ばの縦横大きな人物で歌のほか、学生の頃フットボールの選手だったそうで、軽業師のように芸達者な人で生徒に人気がありました。

教会ではメシア誕生の12時過ぎから祝福の歌を歌うので、生徒はその間、宗教にまつわる演劇や歌などを披露して外部の信者をもてなすのです。持役を終えるとプレゼントのお菓子の袋を頂くという、戦後数年の東北の片田舎の子供としては、幸福なクリスマスイヴを過しました。

そこまでカトリック教に馴染んでいながら、宗教というものにどこか懐疑心のあった私、可愛げのない子供でした。。。coldsweats01

Img_2466

P1100879

P1010389 

| | コメント (8)

映画〔ショコラ〕を観る

2000年制作、アメリカ映画。

メルヘンのようなプロローグ。フランスの、時代に取り残されたようなある村に、赤いマントを着た母子が現れ家を借りてチョコレートハウスを開きます。村は宗教家で堅物の村長が牛耳っていて異常なほど保守的。村を上げてよそ者の親子を受け入れようとしないのですが、チョコレートの持つ不思議な力に徐々に人々の気持ちが軟化していくという話。

この映画の素晴しいのは配役人です。頑固なへそ曲がりの大家に名女優ジュディー・デンチ、明るく前向きなヒロインにジュリエット・ビノシュ。どちらも演技者として有名です。女性の恋人にはジョニー・デップ。魅力的な流れ者が適役でした。捨てがたい存在感を示したのは村長を演じたアルフレッド。モリーナという俳優。私はこの俳優を前に観た記憶がありませんが、いい味を持った俳優でした。出演者が一人ひとり個性的で、ある種の品格をもったままストーリーが展開します。

今回この映画は2度目で、最初に観たときには全く気づかなかったのですが、50~60年代に活躍したバレリーナ出身のレスリー・キャロンが出演していました。今回も最初から気づいたわけではなく、映画の中ほどで突然に気づいたのでした。10年前の制作ですから彼女は70代初めだと思いますが、〔リリ〕や〔パリのアメリカ人〕などで活躍した当時の、美人ではないがキュートな面影が残っていました。これはちょっと嬉しかったですね。久しぶりに素敵なアメリカ映画を観た思いです。

162817view016

〔ショコラ〕のシーン 踊るレスリーキャロン

| | コメント (2)

梅干の効用

日本の伝統食品〔梅干〕が健康に有効な優れた食品ということが医学的に証明されたそうです。梅干は昔から風邪や体の不調に好いといい伝えられていましたが、あくまで根拠に乏しい民間療法でしたが晴れて医学的に証明されたということは嬉しいかぎり。。。

私、若い頃には梅干などこの世に無くてもいいと思ったほど、漬物類その他の発酵食品が大嫌いな人間でした。それがきっかけは解りませんがいつの間にやら梅干だけは食べるようになっていて、今では毎日食べています。〔その他の漬物類はいまだに食べられないcoldsweats01

梅干は、これから流行るかもしれないウイルス性インフルエンザにも利くということですから皆さん積極的に食べましょうね。

先日ひどい風邪をひいたではないか!って?そうなんですが驚異的な回復をしたのはやっぱり梅干のおかげ。。。梅干を食べているのに、インフルエンザで死ぬほどひどい目に遭った、という方は梅干のおかげで生きていると思えばよろしい。。。

私が云うとやっぱり〔いわしの頭も信心から・・・〕の域を出ませんねcoldsweats01

118_1889

我が家の猫

P1020837

我が家のトカゲ

| | コメント (6)

思わぬ拾い物をした気分!♪

年一度の引き出しの整理を今日はじめました。この引き出しは私専用のもので、ほとんどが郵便物。溜まるのですよ、これが。。。3個の小さい引き出しからその3倍はあろうかと思う1年分の郵便物が詰まっています。

一度引き出しの中全部を床にぶちまけて、それから慎重に捨ててはならぬものをより分けていきます。前に絵画団体から来た大事なものまで捨ててしまい、再発行してもらったことがあったので丁寧に処理します。

やってよかった再確認!↓dollarnotes

P1130228_2

自分のだらしなさ、物忘れの激しさを暴露するようですが、3月にテレビを買い換えたときにポイントカードを3万円の商品券にしましたが、そのまま仕舞い忘れてしまったんですね。時々は〔はて、何処へしまったやら・・・?〕と思い出したりしていましたが、そのうちきれいに忘れてしまいました。それが今回要らない郵便物の間からひょっこり出てきました。一粒で2度美味しい、というキャッチフレーズがありましたがまさにその感じ。一回の商品券で2回喜べるんですから物忘れもいいものだなぁと。。。〔こんなところでも強がりを云う婆bleah

P1130227

すっきり!

P1130226

不要物

| | コメント (4)

夢は楽しいものに限る。。。

ときどき、砂漠に佇んでいる夢を見ます。遠方に陽を受けてきらきら輝く民家があるのに其処へどうしてもたどり着けない。とうりすがりの人に道を訊ねるのですがいつのまにやら道を間違えて堂々巡りを繰り返すばかり。同じような夢を幾度も見るのは何か無意識に抱えた心の底を暗示しているのかもしれません。。。

明け方見る夢は楽しいものにこした事はありませんね。。。

なんだかちっとも面白くない記事になっちゃって書かないほうがよかったかも。。。

お詫びに2年前に行った群馬県富岡市にある、明治5年日本初の官営製糸工場をご紹介。

P1020355

世界文化遺産登録を目指しています。

P1020390

P1020376

工場内

P1020363

P1020368

P1020382

工場内に診療所まであったのですね。

P1020388

P1020399

人夫さんはちょんまげ姿

P1020401_2

女工さん達

P1020360

建設にかかわった海外の人々

| | コメント (9)

元箱根駅伝ランナーですと!?(@_@。

確か去年あたり、衣類の虫除けに使う樟脳を屋根に撒いておくと鳩が寄り付かないという記事を書いた覚えがあります。

それが日が経つと元のもくあみ。。。やっぱり鳩が金網をくぐって住み着いていました。鳩の糞で屋根が腐食するので仕方がない、業者に頼んで鳩が入らないよう工事をお願いしました。先日大手の○○ハウスメーカーから営業マンが2人下見にきて見積もりを出していきました。

夫は話好きですから、仕事の話を終え、コーヒーを飲みながらの世間話になり、2人になんやかや聞いています。挙句、プライバシーにまで話が及び、大きなほうの男性に〔貴方、いい身体してるねぇ。学生時代剣道か、柔道でもしていたの?〕と聞いたところ〔いえ、マラソンをしていました〕と〔マラソンの体型には見えないなぁ〕男性は〔運動をやめてから太りまして・・・〕夫、興味津々で根ほり葉ほり聞きだしたところ、この方順天堂大学の箱根駅伝ランナーだったというのです。私、〔ということは、私は十数年1度も欠かさず箱根駅伝を観てますので、貴方が走るのも見たことになりますね!〕〔そうかもしれません。〕〔へぇ~!(*゚A`)ノ〕

昔とはいえ、箱根を走ったランナーがいま目の前に居る、というのはちょっとした感激です。彼らも卒業すればこうしてサラリーマンになり、普通の家庭持ちになってしまうわけですね。

P1020327

P1020410

| | コメント (6)

年齢は必ずどこかに現れる!

得意の性悪記事です!

今朝の旅番組を観ていてゲストの佐伯チズさんって何もの?と思い調べましたら美容研究科だそうですね。どうりで異様にテカテカした肌をしていました。67歳であの肌のひかり具合、白さははっきり言って異常です!気の毒に同席の若いタレントの肌がくすんで見えるじゃありませんか。。。日本人だったら肌は黄色でしょう!〔たった4歳上の私相当ムカつく!〕

なに、そうは言っても年は年!どれほど頑張っても意地悪な私の目はごまかせませんよ。旅番組ですから歩く場面が多いので、見つけました、見つけました。後姿は申し分のない67歳そのまま。それと、お召し物の灰色はいけません。肌もお髪も白いのですから。もう少しきれいな色のコートを選ばないと。パンツもスリムなものを選びましょう。。。とはいっても派手すぎる色はマイナスですぞ。ついでですからそこらへんのおばちゃんにもいいますが、若く見せたいばかりに派手な色は逆効果ですよ。。。それより今流行からそう離れない〔形〕が大事。。。

ふん、どうせ誰にもわかりゃしない、数年前のボロセーター、ボロズボンに身を包みながら言いたい放題の気持ちよさ。。。〔美人を観るとなぜか鼻息が荒くなる私dash

P1130177

浅間山

P1130120

蓼科山

| | コメント (3)

妙義山の湯

佐久の帰りにいつも寄る碓氷峠坂本宿にある〔峠の湯〕に行ったところ工事のために臨時休業。温泉フェチの私、このまますんなり家に帰るのも癪だし、そうだ!この先に妙義山麓の〔紅葉の湯〕というのが出来たはず、そこへ行きましょうと夫をせきたてて妙義山方面にむかいました。山麓途中の市美術館の傍に小奇麗な大型銭湯があり、暮れなずむ山の銭湯はお客の姿もまばらです。

私が脱衣場に居ると、お風呂から上がったばかりの近所の方らしい中年婦人が〔いま小猿が2匹、風呂を手でかき回して遊んでいますよ。かわいいですよ~!早く、早く!〕というので、急いで露天風呂へ。。。一足遅かった。小猿たちの姿は見えません。そのうちまたやってくるだろうと思っても、周りがどんどん暗くなってくるし、お猿たちも帰り時と思ったのかもう現れませんでした。残念!happy02

その代わり夜景の素晴らしかった事。露天風呂に無粋な囲いはつきものですが、この銭湯は高い位置にあるためそんなものはなく、立ち木の葉も完全に落ちて、高崎あたりの街明かりが宝石をちりばめたようで冬ならではの眺望です。

受付の方の話では赤城山、榛名山など上州の山々の他、よく晴れた日は筑波山が見えるとのこと。近場だしこれはぜひお天気の日に朝風呂に入りにこなくては!notes

P1130202

暗くて解りにくいですが榛名山です。

P1130211

誰も居ない休憩室の爺婆smile

P1100467

妙義山 これより3枚の映像は昨年11月9日撮影。

P1100486

P1100494

| | コメント (6)

内山峠~佐久へ

昨日の続きです。

佐久へ行くには上信道を下仁田ICで降り、内山峠を越えて行くのが私のところから一番の近道です。下仁田というところはネギとこんにゃくで全国的に知られています。風景はいかにも鄙びていて、かっては簡単に出かけられる近場という事もあり私の好むスケッチ場所でした。

P1130096

このような出店が道路に沿って点在しているのは昔から変わりませんね。

P1130097

P1130104

荒船山は 紅葉が綺麗なので有名 それにしても箱型の山とはネェ。

P1130114

佐久コスモス街道。。。コスモスがないと気の抜けたビール状態coldsweats01

P1130126

美術館に付く前あちこち新しいスケッチ場所を探します。

P1130132

ここは佐久市立図書館、美術館兼用駐車場。大田道灌の銅像がありますが佐久市と大田道灌の関係は?大田道灌の〔みのひとつだになきぞかなしき・・・〕の逸話はたしか我が県越生の話ではなかったか。。。?

P1130136

佐久美術館内図書館。いつもここで真っ先にコーヒーを飲み美術誌を楽しみます。絵の鑑賞は意外と疲れるもの。じゅうぶんに休息し、楽しみを溜め込んでからじっくりと観る事にしています。昔は観光バスが入ることもありましたが、今日は貸し切り状態。。。展示は日本を代表する美術団体のトップクラスの画家達の作品で見応えがありました。また特別展示として独立会、女流美術会の馬越陽子氏の迫力ある作品が観られました。

P1130142

浅間連山に抱かれる佐久市

| | コメント (7)

佐久~小田井宿へ

佐久美術館より魅力的な画家達の〔コレクションの魅力2〕という案内状を頂きましたので、上天気の今日出かけてきました。

とりえず写真だけUP

P1130092

妙義山と浅間山 浅間の雪は例年より少ないですね

P1130093

特異な山容の荒船山 まっ平らでも〔山〕 です

P1130135

佐久近代美術館

魅力的な作家達のコレクションと現代女流画家〔馬越陽子特別展〕がありました。

P1130167

佐久小田井宿

P1130160

中山道69次ぎ21番目の宿場です。

P1130171

P1130169

P1130199

妙義山 紅葉の湯へ初めて行きましたが、眺望の素晴しさに感激!

P1130204

赤城 榛名はもちろん 遠くは筑波山まで見えるそうです。

高崎市方面の夜景が綺麗でした。葉の落ちた冬限定の景色のようです。

| | コメント (0)

高齢者運転講習受講

今日は朝8時30分より高齢者運転講習を受けに、40数年ぶりに自動車学校へ出かけました。自動車学校は我が家より5分程度の近い場所なので、まあ楽といえば楽、それでも念のため、普段はまだ布団の中という8時には家を出ました。

受講の内容はきわめて簡単。夫は75歳以上対象の講習を受けたのですが、内容は70代のほうがやや楽でした。75歳以上にはある認知症検査がありませんでしたので。。。

簡単な講義と、マシーンを使った運転適性検査と視野測定。そんなもん、私はすべて優秀に決っています!。。。と書きたいところでしたが、結果はおおよそ〔普通eye

実地の運転技術も〔70代の普通〕  運転が上手い、と思い込んでいた本人としてはいささか不満な気持ちが残りました。。。

ま、〔普通〕は、人生も運転技術も私そのものといえますね。運転も人生も今となっては紆余曲折、波乱万丈は願い下げ。普通は有難いものなのです。このまま、このまま。

講習料金5,800円を支払い、講習証明書↓を頂いて、11時30分終了。good

P1130088

P1130086

ご近所のIさんがミステリーツアーを楽しんできたそうです。

能登方面のようでした^^

| | コメント (6)

怒髪天、の理由

一日経ってみると〔怒髪天を衝く〕は大仰でしたcoldsweats01

私達デッサン会のグループが現在使用している公共施設はとても古く、雨漏りやブラインドが壊れて利用も出来ないひどい場所で、おまけに3階の利用場所に行くまでエスカレーターがありません。会員集めにも支障があるのではと考え、新しい公共施設の利用申し込みをしました。が、利用はまかりならぬと。。。理由は〔裸婦デッサンは不健全〕〔窓にカーテンなど張り巡らした利用は中で何が行なわれているかが解らないのでそういう団体には使用させない〕ということでした。〔申込者の話〕

人体デッサンを長年勉強してきて、よもやこのような考えをしている公共施設の管理係〔市役所?〕が居るとは夢にも思わなかったので、私は思わずかっとし、家が近くだからと申し込みを引き受けてくれたkさんに〔貴女も其処まで詳しく云うこともなかったのでは・・・?ただ、デッサン勉強会でよかったのよ!〕と言ってしまいました。

公共施設の部屋を借りて絵画の勉強の為〔ヌード〕を描くということは、一般的にみて不健全?、またはいかがわしいと思われることもありえる?一旦は猛り狂った私も、さてさて判らなくなりました。bearing

因みに何処の市町でも問題なく行なわれる絵画の勉強会ですし、現に私達も、旧い建物とはいえ公共施設を今まで問題なく利用しているのです。なんで新しい建物だと断られるのか意味が解りません。。。とにかく申込者の話しでは利用を断られたという事でした。

P1020653_2

碓氷関所跡

P1020650_3

旧横川駅付近

P1020672

| | コメント (6)

多忙につき・・・

今日はあれやこれやと超忙しい日でした。 また、怒髪天をつくという話もありますが、それはのちほど。。。とりあえずクロッキーのUPだけいたします。私が〔これなら許される範囲かも。。。〕と思うポーズだけです。最近裸婦デッサンは、、以前のように野放図なUPしないよう気をつけていますcoldsweats01  

P1130083

P1130070

昨日久しぶりにテレビでシェークスピア劇〔オセロ〕を観ました。

洋物はやっぱり海の向こうの人が自然ですね。迫力に満ちたオセロ素晴しい演技でした。ただし途中から観たので何処の舞台俳優か判りませんcoldsweats01

| | コメント (0)

幾つになっても愛おしい

先日、買い物帰り友人宅へ寄ったら、あいにく友人Hは留守。彼女の愛娘Mちゃんが洗車中でした。愛娘といってもHは私と同年ですから、Mちゃんはアラフォー。母親と二人暮らしです。

幼い頃は美少女で、活発で利発だった彼女も、すっかり落ち着いた物腰の、中年といわれる時代に入りかけています。かって我が家に〔お母さんとは合わない!私を好きじゃないんだ〕と涙ながらに訴えてきて、落ち着くまで時間を要した時の事など忘れたかのように会話に敬語が入ったりします。

諸事情でただいま母子で暮らしていますが、Hは絵画教室を経営して大勢の生徒を見ているし美術団体でも役員、その他活発に活動をし続けているバリバリの現役女性で、いわば猛女。。。

Mちゃんは母親の勢いの翳になってしまった感じ。。。

しかし、いま人生の翳を漂わす雰囲気を持った40代になった彼女であっても、子供の頃から知っている私としては、それだけに愛おしさを感ぜずには居られません。

P1130059

F4号  同じモチーフから3枚。花が刻々表情を変えます。

P1010984

| | コメント (0)

哀しい現実

私は数ヶ月前に、自慢げに〔どう、年には見えないでしょう!〕と大見得を切って己が手の映像をUPいたしました。〔自慢ないし、自慢話の頻度を増すというのも老人の特徴coldsweats01

どころが、もうそんな自慢は通用しなくなる現実がわが手に起っているのです。正確には手の爪。。。

夏の間はそうは気にならなかったのですが、この頃馬鹿に爪がざらついた感じがして、肉眼でも縦の筋が無数に走っているのがよくわかります。親指が特に酷い!

私は雑な性格で、絵の具を扱うときたまには素手でキャンバスに塗りたくる事もあります。絵の具の特質上、洗っても落ちにくい事もあります。しかし台所や掃除となにかに水を使っていれば一日で綺麗になるのが普通ですが、これが残ってしまいなかなか落ちにくいのが、老化による爪の線の溝にはまった絵の具。。。

三日間もはまり込み、今日ブラシで丁寧にこすりやっと旧いものを落としました。。。

いづれ落ちるのですからそれ自体は問題はないのですが、このざらついた老人特有の〔爪の溝〕がショック!coldsweats02

P1130055

F3  さざんか

P1130058

| | コメント (2)

12月8日 夫婦の会話

開戦記念日ということを特に意識したわけでもなかったのですが、この日珍しくも、車中で夫が1945年3月、いわゆる〔東京大空襲〕の日わが身に起きたことを少しばかり話しました。

夫の家族は最も激しい攻撃を受けた深川高橋〔たかばし〕というところに住んでいたので、当時13歳といえばその特異な状況は記憶に染み付いて離れないと思うのに、本当に何も話さないのです。私が水を向けても〔聞かないほうがいい。。。〕というだけ。

話のきっかけは忘れましたが、〔砂糖会社の倉庫がひどかったな。。。〕〔わざわざ見に出かけたの?〕〔そうじゃない。死体の処分に刈り出されたんだよ〕〔えっ、だってまだ子供だったでしょ!?〕〔子供も何もあるもんか。死体を運べる体力のあるものはみんな借り出された〕というのです。みんな黒い木のような形だったので、怖いとか気持悪いという感情は全くなかったといいます。。。人はどのような状況にも〔すぐに慣れてしまう〕というのです。

何にでも慣れてしまい対応できると。。。考えるとこれは恐ろしい事ですね。

私が思うにあの体験は自分〔夫〕の語り口、表現ではあまりにも重すぎて、いっそ言わずに済むものなら言わないほうがよいと判断しているものと思います。

戦争や空襲体験は、話す事が義務と思う方と、逆の考えを持った人間が居るのですね。

P1000264

P10002621

P10002241

| | コメント (4)

高齢者の挙動

最近とみに、高齢者に対する社会的な配慮が新聞紙上などで観られます。高齢者の一人として有難い事です。高齢になると一般的に動作が緩慢になるのは否めません。生きている限り、誰にでもいづれ訪れる問題です。

そこでスーパーなどでは他のお客がスムーズに買い物ができるようにと、特別に高齢者用のレジを作る事が多いようです。これは私のようにてきぱきと若者にも劣らぬ動作で金銭の受け渡しが出来る!と思い込んでいるものは、そちら側に並ぶには抵抗があるのでは?この思い込みって意外と多いと思うのです。だってご近所のおばちゃんや、友人に聞いたところ誰一人として通常のレジで立派に?通用すると胸を張って言い切ります〔笑〕

しかし、先日スーパー内になる衣料コーナーでご近所のおばちゃんが、非常に、ほんとに非常にもたついてなかなか私の番にならないのです。ポイントカードが見当たらないらしく〔ごゆっくりお探しくださいね〕という店員さんの顔が言葉の優しさとはうらはら。。。happy01

ここまでならよくある話。。。私はよく高速道のSAのお茶を飲みますが、あるとき、システムに慣れない私と同年代の女性がなにやらもたついている様子。そのうち後に行列が出来てしまいました。皆さん大人しく待っております。〔私もその一人〕彼女やっと好みのお茶をコップに受けることが出来、ほっとしたのでしょうか、あろうことかその立ち居地のまま悠々とお茶を飲み始めてではありませんか!〔え~~っ!!〕と誰もが思ったはずですが、皆さん大人でしたね。誰も〔ババァ、どけっ!〕という人などいらっしゃいませんでした。

このように高齢者というのは動作が遅いという他に一瞬我を忘れるという事態もも起ります。

P1130049_2

サムホール  

P1000275

| | コメント (8)

上手くかわした^_^;

フツウ人は、何かを見て感じたときに、一旦頭に〔胸に〕とどめて、それから発言〔感想〕という順序になるのではないでしょうか?たとへ2,3秒でもその間隔を持ちませんか?それが出来ない人間が我が家の爺〔夫〕。思う、感じると同時進行で口に出します。

先日レストランで食事を済ませ、出ようとしたところ、入れ違いの形で2人の若い女性が入ってきました。夫〔お!、デカイねぇ!。。。〕私、其れを聞いた瞬間頭が真っ白!ヾ(.;.;゚Д゚)ノ女性たちは確かに2人とも170センチはあろうかと思う長身。と私に肝をつぶさせたク○爺の口から次なる言葉〔ファッションモデルかな。やぁ綺麗だネェ。。。〕彼女達は愛想よく老人2人に道をあけてくれ、にこやかに〔わぁ、有難うございます。嬉しいナ、キレイだって。。。〕とはしゃいだ様子で中に入ってゆきました。〔靴も高いや・・・eye

上手くかわしました。私はヤレヤレですcoldsweats02  ここはひとまずそのあとから入ってきた彼女達の連れと思われる男性にボコボコにされずに済みました。

爺の口に鍵をかける方法どなたか教えてくれませんか。。。

P1130046

ピグミーマーモセット ネズミくらいの大きさです。私がよく行くレジャー銭湯のマスコット

| | コメント (4)

桃とみかんの缶詰

子供の頃、熱を出したりすると、我が家での定番の食べ物は〔桃とみかんの缶詰note〕私は子供時分から丈夫な方だったので、この贅沢なものを食べられる病弱の姉が羨ましく、さほどではなくても大げさに〔頭が痛い〕などといっては桃とみかんの缶詰をせしめる算段をしたくらいです(*´v゚*)ゞこれがきちんとした線を引いて、健康な子供の口には絶対に入らない、100%病人食だったんですね。

先日、青天の霹靂ともいうべきとんでもない事がわが身を襲いまして〔大げさ!ただの風邪熱(^^ゞ〕胃袋が天地をひっくり返したような大騒ぎになってしまい、通常の用をなさない状態になりました。つまり御粥さえも食べられないしまつ。。。

老夫〔という言葉、ありましたっけ?〕がオロオロしまして、〔何か食べたいものがないのか〕と言った時、すでに記憶の外と思えたあの〔桃とみかんの缶詰〕が〔三つ子の魂いつまでも・・・〕とでも言いますか突如として蘇りました。

で、ふだん、外でたまに食べるフルーツパフェでしか食べないかん詰を二缶買ってきてもらいました。

熱の引いた後に食べた冷やした缶詰の美味だった事。

戦後数年は高級品だった〔桃とみかんの缶詰〕はいまたったの数百円。それなら毎日でも食べようと思えば食べられるものを、健康を取り戻した状態ではわざわざ缶詰を買う気にもなれません。。。

P1130032_2

P1090649 P1090653

| | コメント (7)

美形一家

これも病院内での観察記録。なにしろ長ぁ~い時間を待たされるものですから、退屈まぎれにいろんなものが目に飛び込んできます。

診察室入り口近くの椅子に座っていると目の前にヨチヨチ歩きの可愛らしい坊やが。。。2,3人の若い看護師さんが〔まぁ,可愛いィ!〕とかわるがわる声をかけています。金髪に大きな目はどうやらハーフのよう。1才前後の小さな身体にファッショナブルな服装です。仕事の邪魔になると思ったのか、その子の母親らしい若い女性が走り出て子供を抱えたのですがそれがチョー美形。タイプとしてはブリトニー・スピアーズ。長いストレートの美しい金髪と大きな薄い色の目ははアメリカ人かな?子供は同じ動作を繰り返しますね。またでてきては看護師さんのいる部屋に入ろうとする為、今度は若い母親の夫と思える男性が引き戻しに。。。これがまた日本人でしたが何処から見てもそこらの俳優にひけをとらないイケメン。フンフン、このタイプならあの彼女でよくお似合い。さもあろう、さもあろう。。。

子供は幾度も同じ動作を。。。と今度は背の高い初老の紳士が子供を追って抱き上げ小脇に抱えて戻りました。背の高い紳士!私の品定めは頂点に達しましたよeye まぁ、長い脚とカッコイイダーク系のファッションは舘ヒロシタイプではないですか。w(゚o゚)w

少々個人的な誇張もありますが、なんと腹の立つ美形一家であったこと!

それにしてもこのご一家、見るからに病院の待合室に座っているタイプではないのですが、いったいだれが病人なの!?

P1130035

浅間山 F6  同じスケッチから何枚も描くきます

P1120367

F3 以前UPしたような気も・・・まいいか(^^ゞ

| | コメント (0)

診察今昔

思えば、病院へ行く目的のほとんどが持病の股関節症の定期健診のためで、2日前の内科の診察は20代以来ではないか、と気づきました。まだ田舎に居た頃はちょっと熱が出たぐらいでは近くにある医院で老医師に診てもらうぐらいでした。

昔の医療方法を思い出してみると、お医者さんは患者と膝を寄せ合いまず目の裏を指で返してみませんでしたか?それから金ベラのようなもので喉の奥を見、顎の下にさわり、〔ハイ、胸をだして〕と聴診器を当てます。それからクルリと椅子を回され看護婦さんの介助で背中をトントンとやりましたよね。。。お医者さんは頭に目や喉の粘膜がよく見えるように医療用照明器具をつけました。お若い方々は〔コントでみるスタイル?〕と思うかもしれません^^それだけ直接的に診て貰い〔ハイ大丈夫だよ~。安静にしていれば三日で治ります〕と太鼓判をおされ薬を処方して頂き安心して帰りました。そしてお医者さんのおっしゃる通り大概は治ったものです。

あの懐かしい医療スタイルはもう平成の時代には皆無でしょうかねぇ。。。

でもいまの大病院の患者の数を見たら、そんなことをしていたらとてもおっつきません。お医者さんはすべて事前に書き込まれた用紙で後は最新型検査で判断。ですから白衣は着ているものの無用の診察医療用具などつけておらず、患者は3分以内で診察室から出てくる仕組みです。

いいんですけどね。病気さえ治れば。年寄りは不満などありませんが、ただ昭和のお医者さんと現在のドクターの違いを言ってみただけ。。。eye

106_0633

野菜をたっぷりとって風邪を退散!

P1020001_2 

銀杏を頂きました。我が家は揚げを入れます。

| | コメント (8)

鬼婆の霍乱

このブログを立ち上げてからは、家に居る限り更新を続けることを課していました。ところがそうは行かない自体がわが身に生じまして。。。

2日前夕飯時に突然食欲が失せ、食べずにテレビの前でぼんやりしていたら、猛烈なる吐き気〔つわり!?Σ(゚д゚;)・・・冗談ですよ(~o~)〕それから朝方にかけて幾度も嘔吐を繰り返す騒ぎです。〔尾篭な話ですみません〕

朝一番で近くの病院へ。医師は患者に目を向けるでもなく事前に私が書き込んだ症状の用紙を見ながら〔いま流行ってる風邪のようですねぇ〕〔点滴でもしますか。。。〕〔点滴でも。。。?〔でも〕とはまた軽いニュアンスの言い方。なんでもいいからこの苦しさから解放してくれれば・・・ということで点滴を受けました。その間血液検査の結果が判り点滴を終えて再び診察室へ戻ると、〔何にも出ていません。ただの風邪です〕と。。。インフルエン〔ウィルス性〕ではなかったようでした。

症状を記す用紙に発熱37,8度と書いたはずなのに渡された薬には解熱剤は入っていません。私はその夜も熱に苦しみました。熱は8度を越したので若い医師を恨みましたが、今朝はほぼ平熱。ネットで調べたら8度以下の発熱には解熱剤を使用しないほうが正解だそうです。医師は正しかった。。。

吐き気など20代の頃二日酔いをして以来のこと。なんとも気持ちの悪いものですね。

考えてみれば出歩きが多いのに今年はマスクの使用を全然しませんでした。昨年のインフルエンザ騒ぎでマスクは山ほど引き出しに入っていると言うのに。。。

ただの風邪でもこのようになりますので、皆さんも風邪にはお気をつけください。

P1010077

P1130028

柿が豊作みたいですね。今年は方々からたくさん頂きましたnotes

| | コメント (6)

聴いちゃいられない電話での対応

展覧会も一通り終わると美術雑誌社からの依頼電話も一段落します。それでも一時期よりは電話が少なくなったような気がするのは、不況で出版社が倒産でもしたかな。。。やれやれと思っていると、またぞろ新たな絵画関係の電話があります。渋谷や池袋など都会の一等地のビル内にあるギャラリーでの展覧会の勧誘です。

べらぼうに高い出品料の展覧会になど出す気はさらさら無いので、相手の前置きの長い電話にいらいらし、話の途中でさえぎって〔すみません、要点だけを。。。〕と何度言っても向こうはマニアルなのか全部を言おうとするんですね。これが慣れない女性だったりすると、〔あの~〕とか〔そのう~〕とかいうものですから、〔あ、玄関でチャイムが!失礼します〕などと言って電話を切ってしまいます。

次に電話がかかってきたときには〔いま具合が悪くて死にそうです!〕といってやります。

いまの若い人たちって仕事だというのに本当に電話の対応が下手ですね。対応の仕方をしっかり教育してからにしてもらいたいものです。それでも詐欺まがいの出品料では考えますが。。。

P1000420

P1000423

P1000513

| | コメント (2)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »