« 12月8日 夫婦の会話 | トップページ | 幾つになっても愛おしい »

哀しい現実

私は数ヶ月前に、自慢げに〔どう、年には見えないでしょう!〕と大見得を切って己が手の映像をUPいたしました。〔自慢ないし、自慢話の頻度を増すというのも老人の特徴coldsweats01

どころが、もうそんな自慢は通用しなくなる現実がわが手に起っているのです。正確には手の爪。。。

夏の間はそうは気にならなかったのですが、この頃馬鹿に爪がざらついた感じがして、肉眼でも縦の筋が無数に走っているのがよくわかります。親指が特に酷い!

私は雑な性格で、絵の具を扱うときたまには素手でキャンバスに塗りたくる事もあります。絵の具の特質上、洗っても落ちにくい事もあります。しかし台所や掃除となにかに水を使っていれば一日で綺麗になるのが普通ですが、これが残ってしまいなかなか落ちにくいのが、老化による爪の線の溝にはまった絵の具。。。

三日間もはまり込み、今日ブラシで丁寧にこすりやっと旧いものを落としました。。。

いづれ落ちるのですからそれ自体は問題はないのですが、このざらついた老人特有の〔爪の溝〕がショック!coldsweats02

P1130055

F3  さざんか

P1130058

|

« 12月8日 夫婦の会話 | トップページ | 幾つになっても愛おしい »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

老人特有のって自分も爪に縦の溝が結構前から
ありました 溝で爪がカクカクしてます。
自慢の手でしたから さぞかしガッカリされている
事でしょうね 落ち着いたら元気だして
くださいね~wink 

投稿: 越後屋 | 2010年12月10日 (金) 22時14分

越後屋様
え!?お若い貴方様も爪に縦筋があるんですか?
特殊な薬品を使用するとかじゃないですか。カルシューム不足?

爪はどんどん変わりますので、これから執念で油分やコラーゲンを取ったり塗ったりで頑張りましょうgood

投稿: おキヨ | 2010年12月10日 (金) 22時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 12月8日 夫婦の会話 | トップページ | 幾つになっても愛おしい »