« 怒髪天、の理由 | トップページ | 佐久~小田井宿へ »

高齢者運転講習受講

今日は朝8時30分より高齢者運転講習を受けに、40数年ぶりに自動車学校へ出かけました。自動車学校は我が家より5分程度の近い場所なので、まあ楽といえば楽、それでも念のため、普段はまだ布団の中という8時には家を出ました。

受講の内容はきわめて簡単。夫は75歳以上対象の講習を受けたのですが、内容は70代のほうがやや楽でした。75歳以上にはある認知症検査がありませんでしたので。。。

簡単な講義と、マシーンを使った運転適性検査と視野測定。そんなもん、私はすべて優秀に決っています!。。。と書きたいところでしたが、結果はおおよそ〔普通eye

実地の運転技術も〔70代の普通〕  運転が上手い、と思い込んでいた本人としてはいささか不満な気持ちが残りました。。。

ま、〔普通〕は、人生も運転技術も私そのものといえますね。運転も人生も今となっては紆余曲折、波乱万丈は願い下げ。普通は有難いものなのです。このまま、このまま。

講習料金5,800円を支払い、講習証明書↓を頂いて、11時30分終了。good

P1130088

P1130086

ご近所のIさんがミステリーツアーを楽しんできたそうです。

能登方面のようでした^^

|

« 怒髪天、の理由 | トップページ | 佐久~小田井宿へ »

今日の出来事」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
講習お疲れ様でした。普通にクリアしてよかったです♪
年齢が上がれば上がるほど生活に車はさらに必要になってきますね。
最近運転能力が落ちてきてると自覚してますので安全運転を心がけていますが、後ろにピタとつけられるの苦手です。私トロイのでしょうか・・(汗)
おキヨさんのハンドルさばきはさっそうとしてかっこよさそう~rvcar

投稿: エメ | 2010年12月15日 (水) 07時20分

エメ様
オハヨーございます~note

そうなんです、私は足が悪いので車が無かったら近くのスーパーにも出かけられないんですよ。車は私の〔足〕と考えています。ただね、最近はホントに近場の運転になってしまいましたgawk

私も後に付かれるのは駄目ですね。止まって先に行ってもらいます。

元気はだんだん口ばかりに。。coldsweats01
ではちょっとおでかけ~wink凄く天気がいいのよ~notes

投稿: おキヨ | 2010年12月15日 (水) 09時00分

私は3年前にこの講習を受けました。
実地検査ですぐ前方を走っていたおばさんは、道路中央線上に立てられたゴム棒をジグザグに縫って運転する時、殆ど全部倒していましたが、修了証書をもらって悠然と帰っていきました。その時、6000円もとって何を検査しているのだろうと思った記憶がありますので、おキヨさんの日記を見て、ネットサーフィンをしてみましたら、外国の事情などを書いたHPがありました。お暇な時に見たら面白いと思いましたのでおせっかいですが・・。
 http://homepage3.nifty.com/yoshihito/driver.htm

投稿: 周坊 | 2010年12月15日 (水) 17時02分

私も運転には相当な自信があります、えっへん!
でもテストを受ければやはり「普通」評価かも…。
最近は片道2時間くらいがせいぜいですね、
衰えたもんです。

投稿: バルおばさん | 2010年12月15日 (水) 22時59分

周坊様
コメントレスが遅れまして失礼いたしました。
高齢者講習、実地試験はどうやら、私のように毎日乗っているものでも、ペーパー・ドライバーでも同じ成績で終了のようですね。
講習内容に納得いかないと思っていたのですが、周坊さんが添付してくださった記事を拝見して〔そういうことかぁ~!〕と思いました。料金は県によってまちまちなんですね。

添付の記事を見てこれはそのうち60代まで下がるのではと悪い予感がします〔爆〕
しかし日本人というのは行政の決め事に弱いですね。みんな素直ですもの。。。

記事はとても面白く、参考になりました。good

投稿: おキヨ | 2010年12月16日 (木) 00時34分

バルおばさん様

すべてのオバサン、お婆さんは運転歴が長いので絶対に自分は運転技術が優秀だと思っているのでは〔爆〕私などその際たるものです!
担当者は〔いいとこ見せようするとすぐ判りますからね、丁寧に運転してくださいよ〕などと釘をさします。

哀しいかな、青森や能登まで走った事など夢のようです。あれはほんとに私だったのかしら・・・think
いまや買い物だけの乗り物ですよ。トホホ

投稿: おキヨ | 2010年12月16日 (木) 00時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 怒髪天、の理由 | トップページ | 佐久~小田井宿へ »