« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

会話下手な営業マン

昨日は一方的なおしゃべりの事を書きましたが、今日は反対にしゃべらない人の話。

我が家は約2週間に渡り屋根の修理をしていましたが先週でやっと終わりました。その間メーカーから2人の営業マンが見えて、主に年かさの男性が如才ない会話をしていたのですが、数日して彼が病気とかで、その後は30半ばの男性が一人で担当。我が家の居間で仕事の内容説明を夫にしていましたが、仕事の話が一段落すると、その後の会話がどうもぎこちないんですね。。。夫は話好きなので、誰彼かまわずに話をする人ですが、会話が一方的で、まるで中学生相手のようです。大人として上手く相槌が打てない。。また此方から何を聞いても〔はい、いいえ〕的な色気のない答えしか返ってこないので、彼が帰った後〔つまんないあんちゃんだなぁ。。。〕と夫がつぶやいていました。営業マンはお客との対話が大事だと思うのですが、なるほど、他人との会話が苦手な若者が増えているという事実を実感しましたね。eye

P1010851

| | コメント (7)

一方的な人

世の中には他人の話をまるで聞くことなく、一方的に自分の話だけしゃべるという人が居ます。ある紳士が女性に〔昨夜は劇場へオペラを観にお出かけになったそうですね〕といわれた女性は〔いいえ、昨夜は加減が優れなくて、早くベットに入りました〕紳士は〔で、どなたと?〕happy01 これは以前新聞の小欄で見つけた、思わず〔うふふ〕の小話です。

対話は、相手の云うことをしっかり受け止め、それに沿って此方も対等の言葉で受け答えをするのが普通で、いわばキャッチボールと同じです。それをこの笑い話の紳士同様、相手が何を言っても意に介さず、自分の言いたい事だけをどんどん言ってしまうという人が事実居るんです。

私の知り合いのSさんもその一人で、長電話の名手です。女の長電話は大抵は愚にもつかない話。。。昔者の私は、電話というものはよほど親しい間柄でない限り、相手が閑とは限らないので出来るだけ手短かに用件を伝えるというのが礼儀だと心得ています。しかるに、Sさん、我が家に電話をかけてきては、自分の年老いた両親の話、ご亭主の話など私には全く関係ない話を黙っていればいつまでも続けます。業をにやして〔何かご用があったんじゃないの?〕とみずを向けられやっと〔ここのところ母が加減が悪くてつききりで見ていなくちゃならないのでデッサン会を少し休みます。。。〕というだけの事でした。

相手が自分の話を楽しんでいるか、つまらないと思っているか察しがつかないというのも鈍感な証拠です!

P1110020

| | コメント (4)

時代に呑まれる

いまや日本の風潮になってしまったシャッター商店街。わが町もご多分にもれずいちじるしいばかりの商店街の退廃振りです。。。形として建物が残っているのはまだいいほうで、私がこの町へ越して、はじめて和服を誂えた老舗の呉服屋、家を建てた時家具をそろえた家具店、せとものや、パンや、魚屋 喫茶店・・・何もかも幻の如くかききえてしまいました。

中山道69次きっての宿場町を誇ったこの地方、いまや風前の灯となってしまいました。。。時代の流れとはこういうものでしょう。。。

たまに、昔2年ほど住んだことのある、当時はまだ村だった4キロ先のK町を通ることがあるのですが、驚くほど都会的な様子になりました。都会的とは派手なショッピング・モールや大型スーパー、家電や ファミレスや 昔の郭!?が偲ばれるようなつくりの和風レストランなどの連立。。。昔お世話になった、背丈ぐらいしかない軒の雑貨やが数年前まで干物のような状態で頑張っていましたがそれも今はきれいな更地となってしまいました。

その昔、雑貨やを夫は、明治生まれの義母の受け売りで〔荒物や〕と大時代な言葉を使っていたせいで、私まで〔荒物や〕といっていた事を思い出しました。

Sketch28big

橋のたもとにあった料亭。今にも倒れそうですが当時の風格は残していました。橋が新しくなる為取り壊しになりました。

| | コメント (10)

トキが偏食で脚気ですと!?

なんですって!今日のニュースで見たけど、トキさん、あんた方は大変な偏食者で、好物のドジョウばかり食べていたため脚気症状がでて、飛ぶことも出来ずに落っこちてきたり、池でおぼれそうになったりしているそうじゃないですか!?。。。栄養注射などの手厚い看護を受けて何とか持ち直したそうですが、鳥の分際でそこまでわがままになってしまっていいもんでしょうか。。。国鳥でもないのに、ニッポニア・ニッポンなどとご大層な学名まで頂いちゃって下へも置かぬ丁重なおもてなし。。。元をただせばトキさん、あんたらだって何処にでもうじゃうじゃ居た害鳥。田んぼや畑を荒らしてばかりいるので、駆除され過ぎた結果、絶滅危惧に陥ったわけですよねぇ。

あっしら鶏は、悪さはするし肉は不味いあんたらと違い、肉は美味いし玉子は生むわで、大いに人間の役にたっているというのに、今、鳥インフルの流行で大変な目にあっているんだ。ちょっとでも疑いがあったら容赦なく片っ端から埋められてしまうんですぜ。。。同じ鳥類だと云うのにひどい差別扱いだ。。。これであっしら鶏もうっかりすると絶滅して、日本では鶏肉や玉子を食べられなくなる日が来ても知りません。。。鶏が絶滅種になったらいったいどうするつもりよ。。。

念のためご忠告申し上げますが、くれぐれも鳥インフルにはお気をつけて。。。最もあんたらはいち早く安全な場所に隔離され、万が一にも感染の疑いなどという事にはならないと思うけど。。。

ちょっと趣向をかえて遊んでみました(^^ゞ

P1130392

P1130407

P1130394

元気ですかーーっ!!

| | コメント (8)

〔普通に美味しい〕とは?

ある新聞記者が今の若者言葉について書いた記事がちょっとした話題になってようです。各ブログを閲覧中2箇所で同じ話題を見つけました。

それによると〔ここのラーメン美味しい?〕と聞いたのに対して〔普通に美味しい〕という答えが返ってきた。彼は〔はて、普通に美味しいとはどういうことだろう?〕と思い、同僚に聞いたところ、同僚は〔今の若者は物心ついてから不況の連続、自分のことを普通以下と考えている。だから彼らの云う普通とは、ワンランク上と云う意味〕だというのです。

これに対して、若者達は大ブーイング。つまり言葉の雰囲気が通じない、四角四面の言葉しか解らないオッサンだというんですね。。。この新聞記者が、年齢的にオッサンなのかどうかは知りませんが、今頃こういう若者言葉に驚いているのにびっくりしますね。

このこととは少し違いますが、昔の文豪といわれる作家達の小説を読んでいると、たまに文章や表現に首をかしげる事があったりします。時代が違うのを差し引いて考えても〔この文章ちょっと変だな・・・〕と思うのですが、無知蒙昧な私が、大作家の文章に疑問を差し挟むなど恐れ多いことすぐにかむりを振って〔この文章はこれでこの作品の味わいになっているのだ。これは個性だ〕とイチもニもなく肯定にまわります。

それが多少文章を書くのに自信のある人間は他人の個性や味を認めようとはしないんですね。すぐに〔ここはこう書くべき!〕と嵩にかかって言います。

我が家にも一人そういう人間が居て、己の知識がすべてなんですね。頼みもしないのに私の書いた葉書などを見ては駄目出しの多いこと、多いこと。。。pout話が拡大しました(^^ゞ

P1000025

大・中・小

| | コメント (6)

馴染みのレストラン延焼被害!

まぁ、なんと云うことでしょう!!私ども夫婦が、レジャー銭湯の帰りに時々立ち寄る贔屓のレストランが火事に見舞われました!

昨日久しぶりに〔kレストランでエビフライでも食べようか。。。〕ということになり、お店の前まで行ったところ、駐車場に店内にあるべきいろんなものが放り出されています。〔あれ、お店の改装かな?〕と一瞬思いましたが、車から降りてよくみると、お店の様子がただならぬ事に気づきました。お店自体は、外からはよく解りませんでしたが、二階は炎の跡が黒く壁を這っていて、窓という窓がなくなっています。入り口には〔店舗類焼のためしばらく休業いたします〕の張り紙がありました。近くのクリーニング店で聞いたところ、火元は隣の精肉店ということです。

2年ほど前、偶然に立ち寄った小さなレストランでしたが、マスターがきちんと、高さのある白いコック帽をかぶっているのが珍しいのと、田舎町には勿体ないほど整った味の料理で、なかでも私のお気に入りのエビフライは、日光にある某高級ホテルのレストラン食べたときのものより数倍も美味しいのです。しかもお手頃のお値段のせいかお店は繁盛していました。

お気の毒に。。。お見舞い申し上げると共に一日も早くお店の再開を願うものです。

それにしても、お向かいの泥棒騒ぎといい、馴染みの店の火事といい、知り合いの災難が続きます。。。coldsweats02

P1010068

ぶり大根 

| | コメント (4)

五つ神童~二十歳過ぎれば・・・

話題に事欠いたときには、古井戸の底からくみ上げるような昔話となります。多少姉妹の自慢話となるやもしれませんが、なにせ60数年前の話、お許し願うとして。。。

我が家の5人姉妹の3女、私のすぐ下の妹は、どういうわけか、幼児の頃は飛びぬけて色白、赤毛のゆるいくせ毛で、ふっくらとした体型が格段に可愛らしく、近所でも評判の別嬪さん。。。これが小学校へ入学するや、先生のご贔屓でたちまち学芸会の花形です。校内で知らぬものないアイドル的存在になってしまい、私も少々鼻が高かった.shineそして憎らしい事に勉強もよく出来て優等生です。それが6年間続きました。

それが、どうした事か、中学生になり思春期を迎える頃には赤みがかったくせ毛が自然と私と同じ直毛の黒髪に、白かった肌もいつのまにやら立派な黄色人種。成績もだいぶ下がって,どこをとっても私と大差がなくなり、同時に、あれだけよくおしゃべりし、歌い、踊り、家庭内でも中心人物だった子が徐々に無口になってしまったのです。

どうということなく高校を終え、どうと云うことのない地味な青春時代を過し、23歳で伊豆に嫁いだ長姉のいうままにお見合い結婚、69歳になる現在、富士山麓の御殿場市で、何をするでもなく暮らしています。

この妹、妙に泰然自若とした風があり、云うことがいちいち核心をついていて、軽薄な事にはすぐに飛びつき、失敗も多かった私をどこか嘲笑っているようでどうも気に入らない。。。あれは、きっと幼児期~小学時代ですでに人生の達成感を味わってしまい、その後は長ぁ~い余生なのではとさえ思ってしまいます。

栴檀は双葉より芳し。という言葉をこれぼど裏切った人間をまたと知りません。別に仲が悪いわけではないのですよ。ただ妹でありながら、その悠然とした〔普通ぶり〕が、いまだにじたばたしている私、ちょっとかなわないところがあります。

P1000367 

たまにはたい焼きでも♪

| | コメント (8)

朝寝坊のわけ

我が家はただいま屋根の一部を改装中です。↓

P1130418

なんか大げさなことになっておりますが、なに、たかが屋根の間から鳩が入らないようにするだけの工事なんです。それがご覧の通り青いシートを張り巡らすわけですから、窓という窓が覆われてしまい、家の中が暗い。。。これがまる2週間かかると聞いてびっくり。夫から工事の内容をいいかげんに聞いていて、たかだか三日ぐらいだろうと勝手に思っていたのです。

そこで私がとても気になるのは。。。先日ご近所に一晩で2箇所泥棒が入ったんですね。まだ捉っていません。現在私の家には工事のための足場を組んでいますので、もし泥棒さんがその気なら二階の私の寝室までわけなく上がってこられます。いつもは2階の雨戸は閉めずに、朝の光で自然に目が冷めるようにしているのですが、足場が出来てからは雨戸を閉め厳重に鍵をかけています。

雨戸がしまっているので朝になっているのが判らず、今まで以上に朝寝坊になってしまいました。今まで以上とは今までも充分朝寝坊という事です。。。〔睡眠時間だけは若者並smile

| | コメント (9)

記事数1000件突破\(~o~)/

2008年5月に設立した拙ブログが今日で更新1000回を越えました♪取るに足らない身の回りのことを毎日せっせと書き綴って一体なんになるのかと思わないでもなかったのですが、何事も〔続ける〕ということでやってきました。むきになる子供っぽい性格なんですね^^

人は全くものを考えない、思わないということはありえない、睡眠中以外は常に何かしら考えたり思ったり、感じたりしているわけですから、それを無理なく文章にすればいいと思ったわけです。結果、2年半かかって私は己の無能や無教養をさらけ出す事となってしまいました。いわば恥ずべき露出狂ですhappy02  本当は私、年相応の、しっとりと落ち着いたブログにしたかったのですが、その線ではじめたら10日と持たなかったでしょう。。。

もう、いまさらくどくどと言っても手遅れですから、このままガラの悪さを続行するつもりでおりますので、ご覧頂いているみなさま、懲りずに引き続きよろしくお願いいたしますscissors

P10100771

| | コメント (18)

またとないショックな一言。。。

ちょっと前の昔話。。。

ある年の11月初め私共老夫婦が紅葉の美しい日光に出かけたと思しめせ。紅葉時といえども、日光戦場ヶ原は時として冬並みの寒いときがあります。あまりの寒さに、私はコートのフードを被り、マフラーで顎の変を覆いました。戦場ヶ原の景色を堪能するのに道路から脇へ奥の方へ入っていくのですが、そこには足場の悪い階段があります。私は脚が悪いので、階段があると必ず夫と手をつなぐ習性になっています。習性とは恐ろしいもので、たとへ大喧嘩の真っ最中でも階段があると反射作用でどちらからともなく手をつなぐんですねsmile

狭い階段を二人でふさぐ形になりましたので、夫は5,6人の中年婦人たちに〔どうぞお先に。。。〕と声をかけました。とその中の一人が夫に向かい〔まぁ、お優しいですねぇ。。。〕別の一人が〔お母さんをお大切に。。。〕と言いながら行ってしまいました。

私のショックはいかばかりかご想像いただきたい。夫はそりゃ、薄い白髪頭を帽子で隠し、派手目のジャンパー、サングラスで老いをカバーしてはいますが、私より7つ上ですよ。爺ぃですよ!私がいくら黒いコートで全身を覆っていたとしても、俯いて猫背になっていたとしても、〔お母さんをお大切に。。。〕はあまりといえばあんまりな・・・( ´;ω;`)

何が私達夫婦を親子と勘違いをさせたのか。。。それは〔手つなぎ〕です。若い夫婦はさておいて、中高年夫婦の手つなぎは日本ではまず見られないと思います。私たち夫婦だって、私が脚が悪くなければ、そしてそこに階段がなければ、手などつなぐ気にはなれません。あの婦人たちは、この手をつないでいる二人は夫婦であろう筈がない、親子に決っていると判断したのです。

それ以来私は外出の際は夫より若く見える服装をして出かけることにしています!!〔いまもって、○そ~っ!!(# ゚Д゚) 〕

P1130420

| | コメント (14)

ご近所の災難!!

実は昨日の朝の出来事です。何故一日置いたかというと、新聞に住所が載ると不味いから・・・

早朝にお向いの犬が吠えて人の話し声がするので、窓を少し開けてみると、夫がウオーキングから帰ってきたようで、そのまま玄関先で誰かと話し込んでいます。相手の格好は紺の上下に紺の帽子、手には筆記用具をもっていて、事件ニュースでおなじみのスタイル。そのうちお向いの御宅からご同様の人が出たり入ったり。。。

少しして夫がただならぬ様子で〔大変だ!Aさんちに泥棒が入ったそうだ!この先の家もやられたそうだよ一晩で2件だと。。。〕夫は警察の人に、深夜何か物音を聞かなかったかと聞かれたそうです。〔だって、Mちゃん〔Aさん宅の飼い犬〕全然吠えなかったじゃない〕〔Mちゃんは寒いので家の中に入れてそうだよ〕〔家の中だって犬だもの他人が来たら吠えるでしょう〕それが不思議な事に全く吠えなかったそうです。Aさん宅は2世帯で親子とも大男ですから、泥棒に気がつけば取り押さえられたかもしれませんが、朝まで気がつかなかったということでした。

なんと物騒な・・・午後になって早速警察から印刷物↓が配られました。

P1130419

しかし、神経質でよく吠えるMちゃんを我が家でもあてにしていたのに。。。吠えなかったのが腑に落ちない(ーー;)しょうがないからさっそく玄関、窓と言う窓の施錠を二重にしました。

前にも近くで空き巣があったのに捉ったふうがないので不安。。。。

| | コメント (4)

グラマー女優の素顔

ジェーン・ラッセルと云う名前に聞き覚えのある方は私同様立派なお年寄りsmile

2日前深夜放送でマリリン・モンロー、ジェーン・ラッセル共演の〔紳士は金髪がお好き〕という映画を観ました。今観れば、当時の2大グラマー女優を並べて、そのセクシーな姿を披露する、ただそれだけという他愛もな娯楽映画なのです。

ジェーン・ラッセルは最初、あまりに奔放すぎるポーズの写真が多いため、男性に人気があっても不健全なイメージが定着した女優でしたが、実は私生活は大変堅実だった様です。

私がそれを知ったのは高校生のとき。ある日、学校の壁新聞に、ジェーンラッセルの堅いスーツ姿が載ったアメリカの新聞記事がありました。下に日本語で、大スタージェーン・ラッセルがクリスマスに恵まれない子供に何か大きなプレゼントをしたということが書かれていました。

ミッションスクールでジェーン・ラッセルの写真はあまりにも違和感がありましたが、廊下を通りかかったシスターが〔ジェーンは立派なクリスチャンで慈善事業に熱心な女性です〕という説明でした。当時の日本人だったら〔そうであっても、高校生にジェーンラッセルの写真はいかがなもの・・・?〕と云う話になりそうですが、〔善行をした人間は例外なく称える〕という考え方だったのですね。

・・・と言う昔の事を思い出しながらジェーン・ラッセルの婀娜な姿を観たのでした。

4cf11c555b739

ジェーン・ラッセル

| | コメント (2)

映画で見るアメリカの銃社会

昨日、アメリカ映画〔L・A・コンフィデンシャル〕を観ました。内容は熱血漢の刑事が警察内部の腐敗を暴くというものですが、銃による暴力シーンの多いこと。。。主演はラッセル・クロウ。迫真の演技で見応えは充分、面白いと言えば面白い映画でしたが、熱血漢と言うより暴力的な刑事で、演じたラッセル・クロウは実生活でも粗暴な性格とかw(゚o゚)w。。。妙にだぶついた体つきで年より老けて見えますが、演技派だしどこかセクシーなところがあって、男前ギンギンのトム・クルーズなどより私は好き♪。。。なんて話ではなくて!、この手の映画はまぁ銃が主役ではないかと思うほど撃つ!撃つ !撃つ!犯罪映画は例外なく派手な銃撃戦をこれでもかというほど盛り込みますね。映画とはいえあまりの暴力沙汰に鼻白んでしまいます。

アメリカは銃と共に歴史を刻んできた国ですから、周期的に銃による惨劇が幾度となく繰り返されても銃廃止と云う話にはならないんですね。先日銃乱射事件で女性議員が負傷を負った事件は記憶に新しいのですが、この事件後も自分の身を守る為ますます銃を所持する人が多くなっているそうです。銃は何処にでもある銃砲店で簡単手に入り、スーパーマーケットで実弾が買えるという話は、銃禁止国の日本人にはただただ異常な国としか思えませんね。

お仲間の〔矢嶋武弘のページ〕の矢嶋様がアメリカの銃社会について詳しく書かれていますのでそちらのブログをご覧になればより判りやすいと思います。

113_1341

銃より、まんじゅうlovely

Sketchi53big

| | コメント (10)

静かなる爆弾とはなにぞや?

ある方のブログに、〔痛いニュース〕と言うコーナーが右端に設けてあり、これがなかなか面白く、目新しいニュースやユニークなニュースを楽しめます。

それによると、日本人が海外でホテルなどに泊まり、そこで意にそまぬことがあってもクレームをつけずニコニコして帰るのでそれでいいのかと思うと、そんなことはなく、帰ってから不満をブログに書くので、そのホテルに悪影響を及ぼすと言うのですね。その場で不満を述べずに帰ってから〔あのホテルは最悪〕と〔爆弾発言〕をブログに書くので、これを〔静かなる爆弾〕と評するそうです。

語学力に自信がない、旅行先でトラブルを起こしたくない、など理由のほどはいろいろあるでしょうが、一言で言ってそれは〔国民性〕です。

同じアジア人でも韓国人や中国人とは日本人はまるで違うます。人前で声を荒げない、事を荒立てないという美意識を持っているのが日本人。では意見はないのかというとそうではない。その場でいえない意見が後からの〔批判〕になるのです。

これは、身近な例になると人の悪口、陰口などにも通じますね。〔悪口の達人のお前が云うな!っていいました!?coldsweats01〕脱線しそうですからここでやめておきましょうか(^^ゞ

でもブログに旅の日記として書くのは別にいいじゃないの?ブログは書きたいと思ったことを正直に書くのが基本でしょう。日本人にブログで暴露されたくなかったら、海外の宿泊施設は不備のない様気をつけることです。

P1130412_2

宝川温泉で見つけた掌サイズの石。綺麗に取れませんでした。

P1110190

桜が待ち遠しい。。。

| | コメント (6)

モデルさんも楽じゃない

今日隣町にある画友の画塾でデッサン会に参加させてもらいました。モデルさんは前に何度かお目にかかった、今風の細長のプロポーションをした方。。。小さな頭部、長い首と手足は西洋人と見紛う様です。

このモデルさん、生真面目なかたのようで、はじめからちょっと大変では?と思われるポーズです。アングルの〔泉〕のような両手を上に上げ、片足に重心をかけたポーズで、描き手にはありがたいのですが一見して大変な事はわかります。

初心者が多いので同ポーズの3回目お願いしたのですが、3回目の中ほどで、身体がぐらっと安定を欠き〔ちょっとすみません。。。〕としゃがみこんでしまいました。眩暈を起こしたんですね。少し休んでいただき、今度は楽な寝ポーズに変更。その後も座ったポーズでなんとか仕事をこなして貰いました。

見た目よりも大変な仕事なんですね。立ちポーズで眩暈を起こす方少なくありません。

〔独り言・・・・あれだけ身体が細長いんじゃ、頭に血がまわり難いのでは?。。。eye

P1130414

クロッキー15分

| | コメント (4)

素敵なカラスの足跡 香坂みゆきさん

今朝も、旅番組に出演している美女に難癖をつけようと鵜の目鷹の目でみていたわけですが、今日は難癖のつけようがない爽やかな女性の登場でした。

アイドル時代の原型をそのままとどめながら、48歳という年齢を目じりの皺にみせた素直な笑顔の美しい事。

最近中年に差し掛かった女優やタレントの顔は不自然なくらい皺が見当たりませんが、香坂さんの〔カラスノアシアト〕をみて、その年齢の自然な皺は美しいものなのだと自信を持って伝えているようです。プロポーションにしても、おそらく体質でしょうが、その年齢できれいな形を保っていてダイエットなどの不自然さは感じられず。とってもナチュラル。。。結婚しお子さんもいらっしゃるとのこと、さぞいい家庭人だろうな・・・とまで想像してしまいました。

最近の落ち着きのないおかしなファッションや、無理なダイエットをしているのではと思える方がを多くテレビでみるので、香坂みゆきさんの自然な感じは見ていてとても好感をもてましたね。

褒めるときには褒めるんですよ。。。smile

P1130397

かっこいいじゃないですか。J・ホンダの駐車場でみつけました。♪

P1130394

寒くない?

P1130396 

| | コメント (6)

生まれ変わったら別の夫を。。。

管総理夫人伸子さんがある講演で〔生まれ変わったとしたら今の夫を選びますか?〕という質問を受け〔別の人と結婚します。そのほうが楽しいと思いますから・・・〕ときっぱり答えたそうな。。。一国の長である夫をこともなげに否定するのはどうかと思うというむきもありましょうが、数十年共に暮らせば1度や2度誰たってそう思うときがあります。たまたまそう思っていた矢先の質問に率直に答えたまで。。。

前総理夫婦のどこか嘘っぽい相思相愛振りよりなんぼかすっきりした答えか。。。

だって、今の管内閣の体たらくは国中の人が〔なにやってんだか・・・punch〕というのが大半でしょう。ましてや夫人は最も身近にいて国民の数倍もやきもきし、うんざりさせられているに違いありません。そりゃ、我が夫のこと,伸子夫人だって庇いたい気持ちもあるでしょうが、どう庇っていいやらという心境でしょう。今の菅さんでは〔生まれ変わっても今の夫と一緒になりたい。。。〕ではあまりにもしらじらしく聞こえ、とてもいえるはずがない。。。会場が爆笑したと言う事でこの答えは大正解でしたね。

ある富豪の老夫婦の結婚記念パーティーで〔長い夫婦生活で別れたいと思ったことは?〕と聞かれ上品な賢夫人が答えるには〔別れたいなどとは一度も思ったことがございません。ただ、しめ殺してやりたいと思ったことが幾度か・・・〕  

ふと、この有名なブラックユーモアーの貴婦人と伸子さんのイメージが、どちらも本音ということで重なってしまいましたhappy01

P1130398

P1130399

P1130402 

| | コメント (4)

ここまできたか、物忘れ(>_<)

こんな記事を書くこと事態に悲哀を感じざるを得ません。(ーー;)

先日、拙ブログに訪れてくださる〔風花爺さん〕様よりコメントを頂いた際に、上弦の月の別名を〔受け月〕とお聞きしました。作家〔伊集院 静〕の小説の題名だとお聞きし、〔こんな素敵な題名の小説、ぜひ読んで見たいもの〕と思ったしだいです。

夫が時々〔というか、時間つぶしに頻繁に・・・〕市内の図書館に出入りしていますので、題名と作家名を告げて〔もしあったら借りてきて〕と頼みました。数時間して〔はい,あったよ。俺は前に読んだな、この本。。。〕伊集院 静は情緒的な作品が多い作家だと思っていたので夫の性格から考えて〔?〕と不思議に思い、どうして? 聞いても 知らねぇ。。。というばかり。

さてさて、深夜は楽しい読書の時間。。。短編集〔受け月〕の最初のページ〔夕空はれて〕を中ほどまで読んで・・・記憶が蘇りました。受け月〕以前読んでいました!

私は4,5年に一度は本を整理してしまいますから〔書棚がいっぱいになり置き場所がない〕受け月が直木賞を獲った時に書店で購入したのですが、今は手元にないばかりか,読んだ事さえきれいに忘れてしまっています。bearing

思い出したのはまぁいいでしょう。だがどうして1,2ページで思い出さないのだ!80の爺が読んだ事を思い出したというのに・・・(≧m≦)

そうそう、〔受け月〕とは望んだ願いのすべてがこぼれずに受け入れられる、と云う意味だそうで、皆さんはとっくにご存知でしょうね。

P1130391

買った本は処分。 手垢で汚れた図書館の本を読んでいますhappy02

| | コメント (12)

笑いの今昔

先日のY新聞に、90歳になられた作家の阿川弘之さんが〔どのチャンネルも、お笑いタレントが馬鹿笑いをしていて、はしたない言葉や生活態度の親から子供が育つとき、日本のいい文化伝統がどう衰えるのかが気になります。〔もののあわれ〕とか〔人の情け〕とか大切だと思うけれど。。。〕 という記事がありました。

若い人たちはあの笑いにどっぷりと浸かって麻痺してしまい、なぜえげつないかも、下品なのかも、人間形成上、教養上 問題ではないかということにも気づかないのです。

今の時代の笑いやユーモアーに節度というものが感じられません。ものを知らなければ笑えない、其処には人情もあるし、涙もあるというのが日本人の伝統的な笑い〔落語〕でしたが、時代は安易な馬鹿笑いのほうに軍配が上がっているようです。

私はテレビのお笑いを楽しめたのは〔クレイジー・キャッツ〕までですね。その後のお笑いグループはえげつなくて言葉も汚くとても見る気になどなりませんでした。今の若い人たちはあのお笑いグループで育ったんですよね。阿川弘之さんの嘆くお気持ち判ります。

こういうことを書くとすぐにジェネレーションギャップとか云われそう。別にいいけど。。。

P1080303

P1080287

| | コメント (12)

映画〔ひまわり〕を観る

ここ数日間、最近来日したソフィア・ローレン本人の解説付きで過去の名作をテレビで上映しています。昨日はコミカルな〔あぁ、結婚〕を、今日は日本で圧倒的な評判を呼んだ名作〔ひまわり〕を上映しました。私は最初の1970年代に観てから今回で4度目。ソフィア本人が云うには〔ひまわり〕は日本以外の国ではそれほど興行的に良い訳ではなかったそうですね。この映画は日本人の感性にぴったりだったのは頷けます。

ストーリーの前半は、新婚の夫が戦地へ行きたくないために仮病を使うなど、コミカルな要素もありますが、中ほどから戦争が生んだ悲劇一色になります。ソフィア・ローレンは大柄で派手なイメージがありますが、それだけに〔ひまわり〕で見せた悲劇の女は見事でした。最後の別れのシーンはそれほど大仰な表現ではないのに実に巧みな演技で観客の涙を誘いました。

また、駄目な浮気男を演じたら右に出るものがないほどのマルチェロ・マストロヤンニはこの映画で深みのあるいい演技を見せました。しかし、どの映画を観てもどこか飄々とした雰囲気が漂う俳優です。力みすぎないのが持ち味なんですね。

それと、忘れてならないのはヘンリー・マンシー二によるテーマ曲。この名曲があって映画が完成されたといっても過言ではないと思います。

P1060186

P1050377

| | コメント (12)

鍋焼きうどんの怪

昨日の流れです。

銭湯の帰りふと〔最近鍋焼きうどんを食べていないわねぇ〕、と云う話になりました。いや、最近どころか、もしかしたら何十年も鍋焼きうどんを食べていないかもしれない。。。そこで馴染みのお蕎麦屋さんに寄って鍋焼きうどんを注文。このお蕎麦やさんは隣町まで聞こえるほど美味しいと評判の店です。

それが運ばれてきた鍋焼きうどんをみて〔・・・・・・〕へぇ~土鍋じゃなく鉄鍋だ!蓋も無い。上の具が私の思っているものと違うeye  

帰りの車の中で〔面白くないなべやきだったわねぇ〕と私〔うどんの煮すぎだな。〕〔なべやきって土鍋が基本よねぇ。で、蓋を開けるといろどりのいい具が目に飛び込んでこなければ。。。かまぼこだって赤じゃなくて白かったじゃない。お麩も渦巻きがなかった。ネギもセリも無い。〕〔鶏肉固かったなぁ。天ぷらの衣が溶けていたよ。。。〕〔何処のお店も鉄鍋かなぁ〕〔もう、昔のような鍋焼きうどんを食べる事が出来ないのかしら。。。〕と2時間前の険悪な空気も何処へやら、今風鍋焼きうどんのこき下ろしに意気がぴったり。なんという他愛のない腰砕け夫婦。。。gemini 

地方に寄って違いがあったり、お店のオリジナルという事もあるのでしょうね。

P1010984

とうがらしの箸置き

P1100906

男体山

| | コメント (6)

新春初喧嘩

2日前、いい年をして、〔犬も喰わないdog〕てやつをやってしまいまして・・・(>_<)事の起こり。

絵の具を買いに、隣県新田町〔木枯らし紋次郎の郷です〕にあるJ・ホンダまで出かけるのですが、はるばる出かけるにのはちょっとした楽しみが。ジョイフル店内にあるコーヒーショップでサービスタイムの〔コーヒー+ケーキ=380円〕を頂く事です。美味しいコーヒーがたっぷりだし、私はこの店のシフォンのケーキが好き。〔このことを書くのはこれで3度目^_^;〕夫は〔下で買い物があるから用事が済んだら一人で先に入っていて・・・〕と言い残していきました。私の買い物など早いもの、コーヒー店に入り、読書をしていましたが、ふと気がつくともう1時間は過ぎているというのに夫が戻ってきません。さらに20分ほど待っても来ないので、買い忘れたものを買いにコーヒー店を出たところに夫がのんびりやってきました。いらいらしていたので〔いつまでも人を待たして・・・買い忘れたものを買ってくるので一人でコーヒーを飲んでいて!〕私がよほどとげとげしかったのか、夫〔コーヒー要らない!〕といってさっさと店内を出てしまいました。

車の中で〔あんなとこで男が一人でコーヒーなんか飲めるもんか〕と怒ってますから、〔私は5分で帰ってきます!貴方じゃあるまいし1時間半も待たしたりはしません!〕車の中は険悪ムード。。。私は私で、〔この男は何故謝るということを知らない?なぜ連れがあるということをすっかり忘れられる!?〕と胸が収まりません。このあと赤城山麓のレジャー温泉に行くはずだったのですが〔もう遅いので行かないよ!〕と不機嫌なので結局帰り道にある大型銭湯で我慢です。腹が立つなぁ~もう。。。annoy

馬鹿馬鹿しくて、犬どころかネズミだってそっぽ向く爺婆の初喧嘩でした。coldsweats01

P1130317

今年は梅が早いですね。

P1130321

| | コメント (8)

輝く北アルプス

さてさて、下地も乾いたし、絵の具も揃った、用意万端今日こそ絵を描き始めるぞと思っていたら〔今日は雲ひとつない最高の天気だぞォ~!ちょっと走ってこようか・・・〕と悪魔のささやき。。。日々退屈しているお爺には困ったものです。notes

で、出かけた先は、昨年何度も出かけては、なぜか意地悪く曇り空になっていて一度も見る事のなかった佐久平からの美しい眺望。。。本当に、天気予報が太鼓判を押した日さえ佐久平だけは芳しくない天気で、何度がっかりさせられた事か。〔今日は絶対大丈夫!〕という夫を一応信頼して出かけました。

P1130332

上信越道横川付近からの浅間山申し分のない雪化粧です。

P1130348

じゃーん!\(~o~)/今日は大丈夫でした。冬ですから空気は澄んでいます。

P1130353

私の好きな鹿島槍lovely

P1130341

P1130351

乗鞍〔だと思います〕

P1130345

八ヶ岳 雪が少ない?夫雪が少ないと知り八ヶ岳に行きたがりましたが、私明日は今年最初のデッサン会顔合わせ。ここはきっぱり〔行かない!!pout

P1130366

P1130375

 浅間の化粧姿 美しいでしょう!今日は噴煙はありませんでした。

P1130385

P1130383

妙義でお風呂に入り帰りましたとさ。。。happy01

| | コメント (6)

世良田東照宮

群馬県太田市に東照宮があるというのをご存知ですか?寛永21年〔1644年〕に日光から東照宮奥社殿が世良田に移築されたのです。世良田が徳川氏発祥の地である理由で徳川家康の側近であった天海僧正の働きかけによるものだそうです。

江戸時代この地方は日光東照宮までお参りに出かけられなかった人は世良田東照宮をお参りしたそうで〔お江戸見たけりゃ 世良田へござれ・・・〕と謡われたほどの賑わいぶりだったそうです。

P1130298

P1130301

P1130302

遅まきの初詣。。。

P1130307

社殿と共にこの鉄灯篭も国の重要文化財

P1130314

P1130315

天海僧正が住職をしていた長命寺門

わざわざ世良田東照宮までお参りに出かけたわけではなく、絵の具を買いにJ・ホンダへ行く道筋なんです。ということでご利益は期待できません。。。^_^;

| | コメント (4)

地位と腕前は一致しない。。。

今日のY新聞編集手帳に〔1度も絵を描いた事がない人が名士というだけで美術展の審査をしていいものだろうか?〕という疑問に対し〔別に悪くないでしょう。私は玉子を産んだことはありませんが、卵が腐っているかどうかは判ります〕という記事を見て笑いました。これは外山滋比古さんの〔ユーモアーのレッスン〕からのものだそうです。

この記事に関連して思い出したのは、昔私が所属していたある絵画団体の理事であったY氏の事。 Y氏は能弁家で絵の評論 評価は的確だし押し出しもなかなかでした。

絵画団体の理事というからには個展など多いに開いてキャリアに箔をつけなければなりませんのであちこちで盛んに個展を開いていました。私は下っ端会員でしたので、Y氏の個展があると借り出され受付など任されたりしたものですが、ある日の事、会場に脚を運ばれた画家と思しき人物から〔Yさんは?〕と聞かれ〔食事中で留守にしております〕と応えたところ〔キャリアがご立派な割には絵がお粗末なのでがっかりしたよ!〕と不機嫌な様子を見せて出て行ってしまいました∑(゚∇゚|||)  普通そんなことを露骨にいう方は珍しいのですが案内の画歴にも興味があって、遠方からわざわざ脚を運んだお客様にちがいありません。。。

その地位や画歴と、実際の腕前の程は必ずしも一致しないという例です。^^

Y氏を数年前、公の場で見かけましたが、相変わらず押し出しのいい能弁家。個展さえやらなければいい美術家でいられるのにねぇ。。。smile

P1020278

福寿草

P1020917

| | コメント (9)

ソフィア・ローレン健在!

2日にわたり、わが青春時代の大スター、ソフィア・ローレンの半生をえがいたドラマ〔ソフィア・ローレン 母の愛〕を観ました。前編は貧しい母子の愛情物語を軸に、ソフィアがスターになる過程を描いています。

後編はソフィアの母自身と次女マリーナの様々な葛藤を描いています。

母親役をソフィア・ローレン自身が演じていますが、なんといっても長年トップ女優である〔あった?〕オーラがいまだ輝くばかりに全身から発していて、どう見てもこれからスターになる設定のソフィアを演じる若い女優は貫禄負け。。。若さと美貌だけではどうにもならない〔位負け〕をしていますね。事実、ソフィアの母親は女優願望があったようで写真を見ても大変に美しい人だったようです。自分の果せなかった夢を娘に賭ける執念は凄いものがあります。

現在ソフィア・ローレンは76歳といいますから、いったいあのドラマは何歳のときのものでしょう?やや太目にはなりましたがグラマラスな肢体はじゅうぶんに美しく艶っぽさを失っていません。。。

76歳でも女っぽさを失わないでいるというのも凄いものがあります。eye〔ギンギンのソフィア・ローレンを見ていてちょっと疲れた^_^;〕

P1130239

上高地  0号〔ハガキ大〕 現場で絵の具をのせただけで荒っぽいまま^_^;

 

| | コメント (8)

福袋について。。。

年が明けて毎年のようにニュースで見かけるのは、各デパートの福袋争奪戦。私は福袋にあまり興味がないので、ほとんど買った覚えがありません。第一何が入っているかわからないものを数万円も出して買う気が知れない。よほど高価なものが入っていたとしても、それは本当に自分が欲しかったものかが解らないじゃありませんか。出費より高額なら何でもよいという気持ちにはなれませんね。年寄りになって物欲が淡白になった、というものではなく若いときからそういう主義です。

まったくといわずにあまりとかほとんどなどと曖昧な表現にしたのは、昔1度だけ軽井沢で1万円程度の福袋をお正月気分に流されて買ったことがあるから。。。(^^ゞ

何が入っていたかというと、グレーのブレザーコート、ピンブローチとイヤリングのセット、小物入れ3点セット、花瓶、マグカップ あと靴下とかそんなものだったと思います。。。確かに1万円の出費よりお得。でもね、ブレザーコートの丈が小さい私には合わない。ピンブローチとイヤリングは、20代ならいいかもしれない乙女チックなデザインの赤い石です。結局花瓶とマグカップは何とか使えば使える代物。。。

仕方がないので背の高い郷の妹にブレザーを、伊豆の末妹にブローチセットを上げました。とお返しに、イクラとかウニ、あわびの加工品など高級食品が、伊豆の妹から夏に山梨の高級葡萄セットが送られてきました。

う~む、考えると、福袋はやっぱり福袋ということになりますかねえ。。。dollar

P1130284

亡母が25年前我が家に遊びに来たときに折った鶴

P1130285

布で出来た柿 へたは本物

| | コメント (10)

ディカプリオ熱演〔アビエイター〕

ハワード・ヒューズの伝記映画〔アビエイター〕を観ました。レオナルド・ディカプリオ主演ですが彼の映画は大体面白いですね。

私は若い頃洋画ファンだったので、アメリカの有名な実業家、映画制作者で、有名女優達と派手な浮名を流していたハワード・ヒューズはよく知っていましたが、その内情までは知りませんでした。そういう意味でこの映画は尚面白く観られました。

父母が莫大な遺産を残してなくなり、孤児になったH・ヒューズはその遺産を映画製作や好きな飛行機に糸目をつけずに使い、偉大な実業家として名を上げますが、一方、人格は特異で、強度の潔癖症という精神障害を持っているうえ、飛行機事故で半死の状態になり薬の副作用などで、精神障害はますますひどくなる、という物語です

私は童顔のレオ様はあまり好きではないのですが、演技力は確かだと思います。この映画でも迫真の演技で、3時間を飽きずに魅せてくれます。

劇中、私が若かりし頃のハリウッドスター達の名前がぽんぽん出てくるのも面白かったし、大スターだったキャサリン・ヘプバーンと恋仲で、結局失恋しているんですね。あの美人女優エヴァ・ガードナーとも何かあった様子。。。この映画を観て〔そうだったのか。。。〕ということが解り私にとって二重に楽しめる映画でした。

また私生活では、テリー・ムーアという青春スターや、ジーンピータースという美人女優と結婚していたのは知りませんでした。

190pxleonardodicaprionov08_2

| | コメント (2)

おめでたい誕生日?

夫の誕生日は1月2日。これをめでたいと言えるかどうか。。。実を言いますと、夫は元日に生まれたそうですが当時は元日に生まれた場合2日にするのが慣わしだったとか。。。

夫は独身時代一度も誕生日を祝ってもらった事がないといいます。私と結婚してからだって1、2年は〔誕生日オメでとう〕といったような気もしましたが、そのうちなんとなくうやむやになってしまいました。大体新婚当時は親戚、会社の上司などの年始まわりで忙しく、誕生日の事などきれいに忘れてしまっています。そのうち本人も観念したのか、どうでもよくなったのか誕生日を祝ってもらおうなどとは思わなくなってしまい、それどころか自身も忘れている場合があったり。。。なにしろ世間がみなお祝い事をしているわけですから、新年のご挨拶に行った先の上司に〔ほう、君の誕生日だったか。そりゃめでたい日に生まれたものだ、いや、おめでとう〕とついでに薄いおめでとうにいわれるだけだというのです

で、結局私の誕生日に一緒にどこかへ出かけるとか、ついでに何かを買うとか。。。考えるとわが夫、誕生日という出だしからなんとなく不運。

よりによってなんで正月に生まれてくるのかなぁ。。。〔1月2日、誕生日の方ごめんなさいcoldsweats01

P1130270

P1130271

P1130272

ユニークなフクロウは昨日の続き。。。

| | コメント (4)

元日の正しい過し方

お正月三が日はがっちりニューイヤー駅伝、箱根駅伝を観るのが長年の慣わし。ただ2時過ぎには時間を中途半端にもてあますんですね。そこで近くのレジャー銭湯に出かけました。お風呂は元日だというのに超満員。

私が子供の頃は、元日には晴れ着を着て近くの神社に元朝参りをし、後は家ですごろくや羽根突き、男の子は凧揚げなどをして過すのが正しいお正月の過し方でした。いつから元日そうそう銭湯で人前で裸になったり、道には車が溢れ、お店に煌々と灯りがつき普段と変わりなく人々が街に溢れるようになったのでしょう。

・・・かく云う私、神社に参拝より先に銭湯へ。外出したついでに、家に帰って変わりばえのしないおせちを食べるより、小奇麗な和食レストランで食事を済ませようと思ったらなんと1時間待ちです。。。みんな思うことは同じなんですね。仕方がないのでファミレスで安っぽいハンバーグを食べて帰りました。

昔の正しく美しいお正月は、お年玉という子供にとって都合のよいものだけを残して、もう遠い遠い昔話となりました。

〔元日からハンバーグを食べた者の云うことではありませんが・・・coldsweats01

P1130273

新年の浅間山

P1130265

P1130256

P1130255

道端の芸術

ご近所にユニークなフクロウを創っているお宅がいらっしゃいます。

| | コメント (6)

描き初め

みなさま あけましておめでとうございます

本年もよろしくお願い申し上げます。

昨年は 馬鹿なこと、恥知らずな事 悪口三昧とよくもまぁと、心ある方々の眉をひそめるような記事にあけくれてしまいました。

今年こそはまともな事を書かなければと固く心に誓っておりますが、なにしろ、またひとつ年をとります。忘れっぽい事に拍車がかかり、今誓った事も〔そんなこと言ったかしら・・・?〕ということになるやも知れません。そのあたり、どうかあてになさらずに、だからといって〔あんな馬鹿馬鹿しいブログなど見るものかっ!!(# ゚Д゚) 〕というようなことなきよう、よろしくお願いいたします。。。

Cocolog_oekaki_2011_01_01_01_48

今年の描き初めはお絵かきとなりました。

箱根駅伝が楽しみのあまりこういう絵になりました\(~o~)/

| | コメント (12)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »