« 笑いの今昔 | トップページ | 生まれ変わったら別の夫を。。。 »

ここまできたか、物忘れ(>_<)

こんな記事を書くこと事態に悲哀を感じざるを得ません。(ーー;)

先日、拙ブログに訪れてくださる〔風花爺さん〕様よりコメントを頂いた際に、上弦の月の別名を〔受け月〕とお聞きしました。作家〔伊集院 静〕の小説の題名だとお聞きし、〔こんな素敵な題名の小説、ぜひ読んで見たいもの〕と思ったしだいです。

夫が時々〔というか、時間つぶしに頻繁に・・・〕市内の図書館に出入りしていますので、題名と作家名を告げて〔もしあったら借りてきて〕と頼みました。数時間して〔はい,あったよ。俺は前に読んだな、この本。。。〕伊集院 静は情緒的な作品が多い作家だと思っていたので夫の性格から考えて〔?〕と不思議に思い、どうして? 聞いても 知らねぇ。。。というばかり。

さてさて、深夜は楽しい読書の時間。。。短編集〔受け月〕の最初のページ〔夕空はれて〕を中ほどまで読んで・・・記憶が蘇りました。受け月〕以前読んでいました!

私は4,5年に一度は本を整理してしまいますから〔書棚がいっぱいになり置き場所がない〕受け月が直木賞を獲った時に書店で購入したのですが、今は手元にないばかりか,読んだ事さえきれいに忘れてしまっています。bearing

思い出したのはまぁいいでしょう。だがどうして1,2ページで思い出さないのだ!80の爺が読んだ事を思い出したというのに・・・(≧m≦)

そうそう、〔受け月〕とは望んだ願いのすべてがこぼれずに受け入れられる、と云う意味だそうで、皆さんはとっくにご存知でしょうね。

P1130391

買った本は処分。 手垢で汚れた図書館の本を読んでいますhappy02

|

« 笑いの今昔 | トップページ | 生まれ変わったら別の夫を。。。 »

日記」カテゴリの記事

コメント

大したことありませんよ。
私なんか読もうと思って文庫本などを買い、読み忘れているうちにまた2冊目を買うというのが何回もありましたよ(笑) しかも若い頃に。
女房に馬鹿にされました。最近は慎重に買ってますからダブルことはないですが、書棚に同じものが2冊並んでいるのは滑稽ですね。しかもその本を読んでいないんですよ!(爆)

投稿: 矢嶋武弘 | 2011年1月14日 (金) 10時05分

矢嶋様

今回さも初めてのように書きましたが、矢嶋さんと同じことが昨年ありました。村上春樹が例の〔1Q84〕でヒットし、その後〔ノルウエイの森〕がついでのように騒がれましたね。書店には新刊書の扱いで並んでいるものですから私〔今まで村上春樹はあまり読んでいなかった・・・〕と思い、〔ノルウェイ・・・〕を購入しました。一部のほうを最後の数ページを残すまで読み進んでから〔なんだか似たような本を見た気がする。。。?〕〔爆〕

案外全く気づかずに終わっている場合もありそうです。。。coldsweats01

投稿: おキヨ | 2011年1月14日 (金) 11時00分

しかし、おキヨさんが如何に多くの本を読んでいらっしゃかが、よく判る話であります・・その点ボクなんかはダメですねぇ。何しろ今まで読んだ本を上げろと云われりゃ、吉川英治の「宮本武蔵」続いて同作家の「三国志」ぐらいで(それも人様に借りて来ての事で)ホント恥ずかしい限りです(笑)
「万巻の書を読みそれによって人間形成がなされる」 本を読まぬ私はいつまでたってもチャランポランだ(笑) 

投稿: 伊藤 | 2011年1月14日 (金) 11時59分

好きな女性歌手の同じCDを買った事が何回も
あります 長く活動してるとCDの枚数も多く
印象の薄いCDのタイトルがあやふやになり
つい また買ってしまいます。
まだ車に1枚 自室に1枚とできるから
CDの場合はまだいいですね。

おとといの夜 何を食べたか思い出せません
へたすると昨晩のまであやふやに。
平成何年かなんてなかなか覚えられません
仕事やめてから曜日が・・・・・・・・

投稿: 越後屋 | 2011年1月14日 (金) 12時15分

伊藤様
そりゃ、年の功で全く本を読まない方よりは多少は読んでいるかもしれませんが、読んだ先から忘れちゃうんですよ。お金と時間の無駄というものですね。おまけに本〔教養?〕が身につかないタイプ・・・(>_<)

その点伊藤さんは物知りではないですか。。。貴方様からいろんなことをうかがってます。

伊藤さんと我が家の爺は本の好みが似てます。good

投稿: おキヨ | 2011年1月14日 (金) 12時29分

越後屋様
そうですか。お若い方にも起こる現象と聞けばなんとなくほっとしますbleah
おととい何を食べたか思い出せないのは普通です〔爆〕
いわれて夕べの夕飯を思い出して見ましたが5分かかりました(>_<)

家に居るようになると大抵の方が曜日があやふやになるといいますね。

越後屋さんを基準に考えれば私の物忘れもそう嘆く事はない?〔爆〕


投稿: おキヨ | 2011年1月14日 (金) 12時38分

皆さまのコメントも拝見して「いずこも同じ秋の夕暮れ」で安心しました。
ホントは”オレは違うよ”と胸を張りたいところですが、残念ながら・・・。
今のところ、何を食べたかは、思い出せないとしても「食べた」ことは覚えています。
次の段階に進むと・・・・などとは想像したくないことです。

投稿: 風花爺さん | 2011年1月14日 (金) 17時46分

風花爺さん様
確かにこうして皆さんとと似たり寄ったりだとほっとしますね。おそらく皆さんもそうだと思います〔笑〕

ですから私の書棚には〔どういう内容だっけ?・・・〕という本だらけですね。

食べた事を忘れてしまう段階に進まないよう頑張りたいと思います!smile

投稿: おキヨ | 2011年1月14日 (金) 19時52分

今は見かけなくなった貸し本屋さん、若い頃推理小説を借りて読んだものですが、帰り道に読みながら帰るのですが、家に帰り着かないうちに「これこの前読んだ」。慌てて取替えに行ったなんて何回かありました。
今は、昨日どこまで読んだっけ、と探しているうちに眠ってしまうのですから・・・。

投稿: 周坊 | 2011年1月14日 (金) 21時26分

周坊様
貴方様もですね。みんなで渡れば怖くないhappy01
いや、物忘れ自慢大会になりましたね〔爆〕
そうそう、昔は貸し本屋さんが何処にもありました。懐かしいですね。
すぐに読んでしまう本など高いお金を出して買ったりはしませんでした。
自分で本を買えるようになったのは自分で稼ぐようになってからです。

投稿: おキヨ | 2011年1月14日 (金) 22時04分

こんばんわ
受け月>>私も昔読みました。。でも内容を忘れています。。読み出すと「ああ・・」と思い出すのかもしれませんね。
伊集院氏のものはけっこう読みました。
エッセイも楽しいですねbookjapanesetea文机の端の一輪挿しに奥様が毎日野の花を活けてくださるとかってのを覚えています。

投稿: エメ | 2011年1月14日 (金) 23時12分

エメ様
こんばんは~♪
読んだ内容を忘れるのと、読んだ本をケロリと忘れているのとは違うと思いますよ〔爆〕
なにはともあれ、皆さん似たり寄ったりで物忘れ同好会のようになってしまいましたhappy01

伊集院静の奥様はたしか女優さんですよね。
素敵ですね。美しい妻に野の花を飾ってもらうなんて。。。そうして上げたい男性と結婚していたら私だって夫の机に野の花を飾りますよ。smile


投稿: おキヨ | 2011年1月15日 (土) 01時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 笑いの今昔 | トップページ | 生まれ変わったら別の夫を。。。 »