« 朝寝坊のわけ | トップページ | 馴染みのレストラン延焼被害! »

五つ神童~二十歳過ぎれば・・・

話題に事欠いたときには、古井戸の底からくみ上げるような昔話となります。多少姉妹の自慢話となるやもしれませんが、なにせ60数年前の話、お許し願うとして。。。

我が家の5人姉妹の3女、私のすぐ下の妹は、どういうわけか、幼児の頃は飛びぬけて色白、赤毛のゆるいくせ毛で、ふっくらとした体型が格段に可愛らしく、近所でも評判の別嬪さん。。。これが小学校へ入学するや、先生のご贔屓でたちまち学芸会の花形です。校内で知らぬものないアイドル的存在になってしまい、私も少々鼻が高かった.shineそして憎らしい事に勉強もよく出来て優等生です。それが6年間続きました。

それが、どうした事か、中学生になり思春期を迎える頃には赤みがかったくせ毛が自然と私と同じ直毛の黒髪に、白かった肌もいつのまにやら立派な黄色人種。成績もだいぶ下がって,どこをとっても私と大差がなくなり、同時に、あれだけよくおしゃべりし、歌い、踊り、家庭内でも中心人物だった子が徐々に無口になってしまったのです。

どうということなく高校を終え、どうと云うことのない地味な青春時代を過し、23歳で伊豆に嫁いだ長姉のいうままにお見合い結婚、69歳になる現在、富士山麓の御殿場市で、何をするでもなく暮らしています。

この妹、妙に泰然自若とした風があり、云うことがいちいち核心をついていて、軽薄な事にはすぐに飛びつき、失敗も多かった私をどこか嘲笑っているようでどうも気に入らない。。。あれは、きっと幼児期~小学時代ですでに人生の達成感を味わってしまい、その後は長ぁ~い余生なのではとさえ思ってしまいます。

栴檀は双葉より芳し。という言葉をこれぼど裏切った人間をまたと知りません。別に仲が悪いわけではないのですよ。ただ妹でありながら、その悠然とした〔普通ぶり〕が、いまだにじたばたしている私、ちょっとかなわないところがあります。

P1000367 

たまにはたい焼きでも♪

|

« 朝寝坊のわけ | トップページ | 馴染みのレストラン延焼被害! »

日記」カテゴリの記事

コメント

あれは確かNHKの「熱中人」の番組だったと記憶してますけど、鯛焼きの魚拓を集めてる世にも珍しい人がいましたっけ・・素人見には鯛焼きの形なんてものはみんな似たり寄ったりだと思ったんですけど、それが微妙に違うんですナ・・中でも一匹焼きの鯛焼き(あの長い柄の付いてガチャガチャひっくり返して焼く昔ながらの鯛焼き器)の物は、量産型鯛焼き器の物より形がより優れているといって其の人は全国を訪ね回っているそうであります・・しかしあの能率の悪い一匹焼き鯛焼き器を使っている店はきょうび滅多にありません・・でもそれを見つけた時の本人の喜び様は並ではございませんでした(笑) 早速その御本人その鯛焼き買い求めまして、黒々と墨を塗り付け魚拓を作るのでありました・・和紙に写った鯛の姿を見れば、ほんに鯛の尾の跳ね具合に勢いがありましたネ(笑)

投稿: 伊藤 | 2011年1月25日 (火) 06時34分

おはようございます。
女の姉妹がいないのでこういうお話には興味がありますrougeすみません・・
5人だと派に分かれるものですか?
お正月は毎年華やかで賑やかなお宅だったのでしょうね^^☆

投稿: エメ | 2011年1月25日 (火) 08時26分

伊藤様
そういえば、昔のたい焼きは一つ一つ鉄でできた器具で焼いていたような。。。いつから今のスタイルに変わったんでしょうね。希少価値を見つけたたい焼き研究者の気持ちはよく解ります!
私の郷に南部せんべいというのがありますが、昔のたい焼き機と同じでした。一個一個手作りです。あの薄いせんべいを作る器具の重いこと!私の同級生の家がせんべいやさんだったのでせんべい焼きの経験があるんです^^おそらく今は近代的なものになっているんでしょう。

う~む、たい焼きの魚拓ねぇ・・・なんにしても他の人がやらないことに挑む精神は芸術家かも。。。happy01

投稿: おキヨ | 2011年1月25日 (火) 11時22分

エメ様
こんにちは~scissors
あら、姉妹がいらっしゃらない!・・・これはなんともいえませんよ。居ていい場合もあれば、居なければよかったという場合も。。。女の子が一人となればお姫様状態でしょう。私はそうでありたかったです。
おっしゃる通りで派閥が出来、それが大人になっても続くんですよ^_^;
私は長女の配下でしたが、今では立場が逆転、昔の仇をとっています!〔爆〕件の妹は孤立派。
四女、五女は私の配下。物で手なずけましたgood
盆正月、お祭りなどはそりゃもう大変!私の晴れ着はず~~っと姉のお下がりでしたよ。自我が芽生えるまでお下がりはむしろ嬉しかったですね。

投稿: おキヨ | 2011年1月25日 (火) 11時38分

伊藤さんのおっしゃるNHKの「熱中人」自分も
良く見ていまして その鯛焼き器覚えています、
熱中人がいつのまにかなくなり「熱中スタジオ」
が代わりなのか別物なのかわかりません。
「熱中人」は全国の変な人(○○オタク)が一杯
でてきて面白かったです。墨を塗った鯛焼きの
味は。。。。。。
熱中人の中には マンホールの拓本とったり
古いモーターだったり 建機だったり色々でした。

私は年子の兄の教科書や習字道具とか
みんな共同でとても嫌でした 
まわりがみんな新品の教科書なのにweep
 それより昔の お方は共同やお古が
当たり前の時代ですよね。

投稿: 越後屋 | 2011年1月25日 (火) 12時29分

越後屋様
人がやらないことを最初にやる人はたとへそれがつまらない事でもやる、ということに価値があるんだと思います。たい焼きの魚拓は素晴しい発想!happy01

越後屋さんはお下がりは嫌だったんですね。私は姉着たものや使ったものがみんな素晴しく見えて早く欲しくてたまりませんでしたよ。やっとお下がりになると嬉しくて嬉しくて。。。それが姉と私では何を着ても私が見劣りするんです。私は色白の姉と違い色が黒くて貧相でしたからね。これは哀しかった。。。weep

投稿: おキヨ | 2011年1月25日 (火) 16時56分

御殿場市で、泰然自若として何をするでもなく悠然と暮らしておられるお妹様、仲がおよろしそうでケッコウ結構。
その御殿場市は小爺の住まいする在所から車なら下道で20分足らず、元日本国有鉄道でもそんなもの。

小爺のお袋は男女合わせて7人兄弟のど真ん中、上から叩かれ下から突かれ一番辛い思いをしたように言っていましたが死んでから伯母さんや叔母さんの話を聞くといちばんかわいがられた姫だったとか、さてさてどっちの言い分が正しいのやら。

爺@小文字、また改名いたしました。

投稿: g | 2011年1月25日 (火) 21時30分

g様
まぁ、それは奇遇でしたね。gさんがわが妹とたった20分の距離の場でお暮らしとは。。。御殿場までお出かけの際には妹宅でお茶など召し上がってくださいdelicious

確かに、確かに。。。周りが可愛がったつもりでも当人としては〔いじめられた〕と思い込んでいる場合があります。
私の場合は完全に兄二人、姉一人にいじめられて育ちました。

成人してから逆襲にまわりましたけどね。。。good

投稿: おキヨ | 2011年1月25日 (火) 23時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 朝寝坊のわけ | トップページ | 馴染みのレストラン延焼被害! »