« 笑えなかった罰! | トップページ | 紅茶男子って? »

安部譲二さん

10日ほど前、サイトめぐりしているうち、作家安部譲二さんのホームページ〔大人気ないオトナ、あんぽんたんな日々〕にたどり着き、以来はまり込んでいます。1980年代に〔堀の中の懲りない面々〕がベストセラーになり、ちょっとした社会現象になりました。安部譲二さんといえば、此方の頭が混乱しそうになるくらい変わった経歴の人物なんですね。お育ちがいいと思えば、やくざの世界に、そうかと思えば航空機のスチュワード。交友関係もやくざから政治家まで。。。エピソードも派手。ただし書かれていることが全部事実とは限らないそうです。

以前の事はどうあれ〔あんぽんたんな日々〕の安部譲二さんは飼い猫ウニちゃんを愛するフツーの好好爺。実に魅力的な文章でご自分の生活、思考を赤裸々に書きつづっています。

TBSラジオ〔ラジオ相談室〕にも回答者として時々出演されていましたが、聞いていると彼の言葉は実に美しい日本語で、丁寧な回答だったので、〔はて、この作家はやくざさん上がりのはずだが?〕と不思議に感じていましたが、元スチュワードであれば頷けますね。

ただ、更新が頻繁ではないので、面白いからと言ってそうはいっぺんに読めません。美味しいご馳走を大急ぎで食べてしまう事もないので、私は毎日2日分だけ楽しみに読むことにしています。notes

P1130449

豆まきは我が家も大事な年行事。今年も元気に鬼を追い払いました。

|

« 笑えなかった罰! | トップページ | 紅茶男子って? »

日記」カテゴリの記事

コメント

おキよさん
 安部譲二と言う人は「塀の中の懲りない面々」でしたかを読んだことがあります。
 若干の誇張はあるでしょうが、随分痛快ですね。
文も読みやすく、すべて落ちがあったように思います。
 それにもまして、おキヨさんの文章も面白いのですよ。
 人生相談にしろ、痛快なほど言いと思うのです。元々、それを聞いて、従った人なんて無いんですから・・。
 それにもまして、豆まきを続けられていることも痛快です。鬼も画面の鬼なら、ご一緒のほうが良いでしょうから、鬼も内と、声をかけてください。

投稿: 風の樹人 | 2011年2月 4日 (金) 18時02分

風の樹人様
先生が〔堀の中の懲りない面々〕をお読みになったとはちょっと以外でした(~o~)
私はこの本が騒がれた当時、どうせ興味を煽った売らんがためのことだろうと読みませんでしたが、、これから読んでみようかなと。。。

独特の文体は知性をもろに出す事をよしとしない、作者の照れというか美学なのでしょうね。そして率直で豪快です。

我が家の豆まきは、結婚当時から1度も欠かさず行なっています。若い頃は夫のバカ声に度肝を抜かれましたがいまや、〔大いにおやりください!〕と言う気持ちです。何事も慣れですね。。。〔笑〕

投稿: おキヨ | 2011年2月 4日 (金) 21時01分

譲二 がいせんしゃ いちだいかせ 民主党にのりこむ かんからかん たたきのめす だめだ 俺がやったほうがいい

投稿: 田中純一 | 2011年4月 4日 (月) 22時41分

田中純一様
ようこそおいでくださいました♪
できればもうちっと解りいい文章をお願いします。^_^;

投稿: おキヨ | 2011年4月 5日 (火) 00時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 笑えなかった罰! | トップページ | 紅茶男子って? »