« お弁当好きの男性 | トップページ | 字が幼すぎます! »

神流川合戦ご存知?

NHK大河ドラマ〔江〕では2週間前に織田信長が本能寺の変で敗死しました。実はこの〔本能寺の変〕がわが市と群馬県を結ぶ神流川〔かんながわ〕に大きな関係があるのです。

織田信長の死に乗じて、関東全域を収めようとした北条氏直が5万6千人という兵を引き連れ、信長の家臣であった、厩橋〔群馬県前橋〕城主滝川一益〔いちます〕を攻めにかかります。滝川一益はまだ上野を収めて日が浅く、兵はやっと2万足らず。それでも第一戦には勝ちますが、3日を置いて戦った第二戦には敗れてしまいました。

神流川合戦は関東地方では最も大きな野戦で、戦いで死んだ兵士は3千700人とも言われますが、資料がまちまちで定かな事はわかりません。神流川合戦は信長の死がきっかけで起った合戦にしてはいまいち知名度が低いようですね。。。

P1130543

P1130546

P1130547

1582年、この地で激しい合戦が繰り広げられたのですね。。。川はこの向こう橋の上からでないと見えません(^^ゞ

P1130542

|

« お弁当好きの男性 | トップページ | 字が幼すぎます! »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

今年の大河についちゃ、私は既に脱落組で(^^ゞ、今のところ先週の日曜日だけ(!)見ることが出来ました。
 
主君の悲報を聞くも、馳せ戻るのが遅れたのが猛将滝川一益。
そうでしたか、この地で引っ掛かってたんですね。
私も歴史小説やなにかで読んではいる筈ですけれど、スミマセン、すっかり忘れちゃってます。(^^ゞ
その間に羽柴秀吉は怒涛の中国大返しを敢行して、三日天下の明智光秀をスピード討伐。
さしもの猛将滝川一益も、これがケチの付きはじめってところでしょうか。
 
戦国の史跡となれば人気スポットになりそうなものですけれど、今は訪れる人も多くはないのでしょうか・・・・けれど、それもまた、悲運の猛将に相応しい気もしますね。

投稿: もとよし | 2011年2月19日 (土) 11時23分

もとよし様
おっしゃる通り滝川一益はこの戦いが悲運の始まりだと思います。そもそも、この地に任命された事に内心不満があったようですので、運命を察知した?〔勝手な憶測(^^ゞ〕
この川ひとつ挟んで北条側と相対していたのですから、いつ何が起こっても、という状態は現在私が住む住民達も戦々恐々ということのようでした。戦国時代はどこでも同じでしょうね(^^ゞ
そして、案の定ということになったと云うわけです。
歴史に興味のある方がたまに立ち止まっていますが、古戦場跡の河川敷は畑になっていて見るべきものがなんもない状態ですcoldsweats01
近くの新町というところでは、この合戦を偲んで武将の行列祭りがあるようですが、みた事がないです。。。

投稿: おキヨ | 2011年2月19日 (土) 12時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お弁当好きの男性 | トップページ | 字が幼すぎます! »