« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

こんな場所も避難所に!・・・

昨日軽井沢の帰りに、妙義山中腹にある富岡市営の大衆浴場に寄ろうと行きかけ、手前の道の駅に立ち寄りました。この季節新鮮なヨモギで作った草もちが欲しかったからです。ここでも営業中とは思えないほど節電で暗く、店内は品薄で欲しいものはありません。中年の女性がただ一人仕事をしていましたが、〔これから上の風呂へ行くんだけど、この調子なら空いているね?〕と夫が言うと〔お風呂はいまやって居ないんですよ。津波被害に遭われた方の避難所になっているんです〕とのこと。。。

正直驚きました。ここは妙義山の中腹、周りには何もないのです。確かにお風呂には存分に入れるには違いないのですが、日が落ちると怖いくらい真っ暗だし山はまだ寒い。。。考えようで、桜の名所としても名高い妙義はこれからが見どころ、散歩も楽しく、静かな環境を好む方にはいい場所かもしれませんが、それもこれからのことを考えなければならない方々、楽しむ余裕などないのが本当でしょう。。。

日本の各地でこのように公衆施設が避難場所として受け入れているのですね。暢気に入浴に立ち寄った我が夫婦、こんな山奥に辛い目に遭われた方々が避難されていると聞きすっかり恥じ入ってしまいました。。。

P1130707

P1130708

妙義山

| | コメント (4)

久々の軽井沢

ガソリンスタンドがやっと平常営業になって、心配なく外出できるとあって、今までじっと我慢の子であったお爺、さっそくドライブ行くと言い出しました。程よいドライブコースといえばまず軽井沢。。。もう年齢的に馴れた道以外億劫なのでしょう。私もそのほうが安心。

P1130651_2

今日は高速を使わずのんびりと17号線で。。。高崎だるまのお出迎え^^

P1130653

安中精錬所

P1130663

昭和初期の匂いが残る町並み

P1130675

秋間梅林は時期が過ぎていて人っ子一人居ません^_^;

P1130679

妙義山と松井田町

P1130683

スキーヤーの車?

P1130689

元有島武郎の別荘でした。喫茶店は営業しておらず、浅間山を眺めながら一服というわけには行きませんでした(>_<)

P1130688

道を挟んで野上弥生子の書斎

P1130694

浅間山

峠の釜飯、峠の風呂と帰りは判で押したように同じ(^^ゞ

| | コメント (6)

二枚目の代名詞 池部良

BS第2放送で、昨年92歳で亡くなった往年のスター池部良の特集を12時近くまで観ていました。池部良は二枚目スターとして名を欲しい侭にした、厳密には最初にして最後の俳優ではなかったでしょうか。。。二枚目とは姿かたちが良いばかりでは駄目で、天性のスター性を持った華のある俳優の事です。といかにも知ったかぶりで云うものの、実は私、池部良の出演映画は〔青い山脈〕と〔雪国〕 それと,私が今暮らしているH市を舞台にした〔暴力の町〕という映画で、新聞記者に扮した池部良が戦後間もないこの町を走り回って居る映画の3本ぐらいしか観ていません^_^;

知ったかぶりでいえるのは、彼のエッセイを結構読んでいるから。あの二枚目で鳴らした俳優が一転、知的で洒脱 飾らない人柄を存分に発揮した文章の達人となってしまったのです。

それはさておき古い映画でみる池部良が本領を発揮しだしたのは〔雪国〕辺りではなかったかと思います。篠田正浩監督の云うように〔立っているだけで存在感を示す俳優〕と云う意味が今になって判ります。いわれて見れば、芝居らしい芝居はしていないようにも見受けられます。池部良の池部良たる所以です。

Images

| | コメント (6)

命を救う石段

私の実家のすぐ後ろは高台の公園になっていて、今は桜の名所にもなっているようです。私が子供の頃は公園といっても特にそれらしく整備されていたわけでもなく、ただ釣り船が太平洋にでてゆく様子を眺める事ができただけのことでした。そこには測候所とその近くに昭和8年に起きた三陸津波の被害者の慰霊塔があったのを覚えています。しかし、この公園はこの近辺のものには、十数年に1度は経験する津波、または暴風時に川の水位が増したときにすばやく避難できる命綱ともいえる場所なのです。

今回、東日本大津波で、私の実家周辺も少なからずの被害があったようですが、人的被害を免れたのは、こういう自然災害のある土地で、急げば5分程度で高台に逃げられる場所があることもさいわいしているのです。

115_1547

いつ頃作られた石段かわかりませんが、現在も立派に役立っているようです。

| | コメント (0)

ひっつみの話

私の郷に〔ひっつみ〕という郷土料理があり、これはすいとんによく似た食べ物です。すいとんといってもお若い方々方にはわからないと思いますが、戦時中によく食べられたもの。うどん粉を解いて野菜と一緒に煮込んだ料理でです。。。すいとんのほうには戦争当時のイメージが湧きますが、我が郷土料理〔ひっつみ〕には暗いイメージなど微塵も無く、私は寒い時期時々作ります。最も郷里のほうでは今〔せんべい汁〕がブームのようで〔ひっつみ〕の出る幕はないようですが、なにどちらも似たようなもの。。。

ところが、我が家の爺、私が歯ごたえのあるように作るものに不満で〔もっと柔らかく〕というんですね。つまり自分が戦時中に食べたと同じものが食べたいらしい。しかし、どうやっても当時のようには出来ないのです。粉の質が上等すぎて昔の粗末なメリケン粉のように半分解けかかったような状態にはなりません。野菜や肉も戦争当時とは違うのですから夫の望むようなものにはならないのです。

夫に言わせれば〔味がよすぎて美味くねぇ・・・〕のだそうで、どうやら不味くて美味いもの?が食べたいらしい。。。think

106_0634_2

| | コメント (2)

石原都知事の涙

先日、〔天罰〕発言にかっとし、〔暴言爺ぃ!〕と石原都知事を罵ったばかりですので、この記事を書くのはいささか面映いのですが^_^; このたび福島原発事故現場で、命がけの活躍をした東京消防庁のハイパーレスキュー隊を前に、涙を隠さずに感謝の言葉を述べた石原都知事に、私は今までの数々の彼の暴言を帳消しにしたいとさえ思いました。私も老齢者のご他聞に漏れず〔感動の涙〕には弱い口。。。

石原都知事は人前で涙を見せたのは恐らく初めてのことではないでしょうか。彼の涙には作為は無いと信じます。〔男が涙を流すのは一生に三度だけ。。。〕の時代の人間です。石原都知事の暴言はその鋭い感性ゆえ、一言で人の心を抉る力を発揮します。その暴言そのものを許せないのであって、石原都知事その人に嫌悪感は持っては居ない。ですから私が〔暴言婆ぁ〕になるのは彼が酷い言葉を吐いたときだけ。。。

私といえばもとは純真な乙女の成れの果て、コロリと騙され易いタイプですが、それでも石原さんのあの涙は〔天罰〕の埋め合わせパフォーマンスでは?。。。eyeなどと疑ぐったりはいたしません!

P1020778

| | コメント (7)

災害募金に思うこと。。。

国を揺るがす大災害に見舞われた方々を支援する募金が各地で行なわれているようです。大型銭湯や、スーパーなどでも、お気の毒な被災者ために少しでもという善意のほどが透明な募金容器からよく見て取れました。

スーパーの前では大勢の中学生が募金箱を胸に抱え〔お願いします〕と頭を下げています。勉学の時間を返上し社会に役立とうとする健気な姿です。

でも少し気になることが。。。

中学生達が隙間の無いくらいびっしりとスーパーの入り口まで立ち並んで、買い物に来た人々に一斉に〔お願いすまぁ~す!〕と連呼・・・買い物客は確実に募金をしなければならない仕立てになっています。若い男性教師が2人ほど一緒。

他の方はどうか解りませんが、私、このやり方気に入りませんね。募金が嫌なのではなく、この確実性だけを狙ったやり方がえげつない。子供達は〔被災者の為少しでもたくさんの募金を。。。〕で頭が一杯だと思うのです。2人の教師は分別ある大人。〔ここは買い物客の邪魔になるからスーパーの脇に横並びに立とう〕となぜ指導しないのでしょう。。。ちょっとわきにずれて立ったとしても子供達の懸命な善行為に募金額はそうは変わらないと思うのです。

結果しか考えず他人の思惑を無視した行為は、たとえ善意に基づいたものにしてもいただけませんね。

P1030224 

| | コメント (6)

皇后様の微笑ましい話

出久根達郎のエッセイ集〔嘘も隠しも〕という本のなかに、皇后様の楽しい話題が書いてあります。それによると〔子供時代の読書の思い出〕というビデオの中で、皇后様が少女時代〔赤ノッポ青ノッポ〕という2匹の鬼を主人公とする作品を繰り返し楽しまれ、かなり乱暴な〔鬼語〕に熟達した と述べられたということです

その言葉とは・・・

〔おい、赤公、何を独り言を言っているんだい〕〔ナニ、鳥小屋を作っているのだがね、兄貴これぐらいあったらにわとりは寝られるだろうかなぁ・・・〕〔おめぇが寝てみたって仕方がネエよ。にわとりはおめぇの頭ぐらいしかねぇぜ〕というのだそうです。鬼は自分のことを〔オイラ〕とも。。。

このエッセイを読んで、上品な皇后様と〔鬼語〕とやらの組み合わせの意外性に笑ってしまいましたが、なんと楽しく微笑ましいエピソードでしょう。深窓のご令嬢であった美智子様といえどもこういう普通の子供らしい時代がおありだったのですね。聞きなれない〔鬼語〕がどれほど幼い少女にとって魅力的な言葉だったのかこれは解りますね。

ご想像ください、美しい少女美智子様が〔おめぇ、〕とか〔オイラ〕という言葉を楽しまれている御様子。。。happy01

P1030222

P1030229 

| | コメント (0)

9日ぶりの外出

少し自粛を解いてマッサージへ。〔股関節症の為、定期的に長年マッサージを受けているので間が開くと不安なのです〕今週末にはガソリン不足も緩和されると新聞に書いてあったので少々気が緩んだのと、精神衛生のためです。それに街の様子も見ないと。。。

マッサージルームのある大型銭湯は営業中だというのに節電中で薄暗い。6箇所ある湯ぶねのうち2箇所にはお湯が無く、室内全体がなんとなく温度が低め。洗い場のシャワーのお湯もチョロチョロとぬるい。。。それでも狭い我が家のお風呂よりのびのびと入れたし、マッサージをうけて身体も軽く機嫌よく帰ってくると、えっ!また!?大渋滞だ。来るときはなんでもなかったのにガソリンが入荷したんですね。仕方なく、馴れない道を迂回し、しばし迷いながらなんとか本道へ出て、スーパーで買い物。完全とはいえませんが物不足はほとんど解消されています。パンもお豆腐もありましたよ。

帰路は停電中、信号のつかない道を走るのはちょっと怖いですね。お互い相手の走り方を確認しながらノロノロ運転で、何とか無事に家にたどり着きました。

まだ数日は外出を控えたほうが無難なようです。。。^_^;

P1030210

P1030211

P1030205

何事も無いような光景です。

| | コメント (0)

姉妹以上の仲

私の長兄夫婦と妹四女宅は歩いて5分程度の距離です。妹は10年前、私の実家である、長兄夫婦の住んでいる近くに家を建てました。いわゆる〔スープの冷めない距離〕です。妹は5人姉妹のうちただ一人郷に残っていて、離れて暮らす姉妹よりも、兄嫁のほうがはるかに〔うまの合う〕仲。76歳と65歳の2人はまるで本当の姉妹か母子のように親密です。兄嫁もまた嫁した娘、別に暮らす息子夫婦より小姑である妹と行動を共にするほうが多く、この不思議な関係に到るまでには複雑な事情があるのですが、それを書くと死ぬほど長くなりますので。。。

東北関東大災害で、我が実家はからくも水没をまぬがれたのですが、兄夫婦と妹宅は、今でも一緒で、不便な暮らしを協力し合い暮らしています。兄夫婦の子供達も彼らの関係には余計な感情をさしはさむことなく、この状態を自然な事と受け止め、我々姉妹もこれが最もいい形と思っているのです。。。

P1130628_3   

| | コメント (0)

魅力あふれる中川一政の絵

私が好きな画家の中で5本の指に入る、いえ、一番好きと言い切ってもよい中川一政を今日のNHK日曜美術館で紹介しました。私が知る限りでも日曜美術館は一政を3度取上げていますので、日本人が最も好む画家の一人だと思うのです。

なぜ好きか。。。画家の魂が作品から立ちのぼり観るものの心をわしづかみにするから。。。洒脱とか技巧とかいう安っぽいものから最も縁遠く、絵は画家そのものということがよく解るからです。

私は一時中川一政に夢中になり、真鶴にある美術館に幾度となく足を運び、作品に描かれた場所を辿り歩いて、遠くは岡山県の下津井までいったことがあります。一政が立った同じ場所で同じ風景を描きたかったのです。

もちろんどれもお笑いぐさのスケッチどまりです。。。happy02

P1130641

薔薇は最も多く描かれたモチーフ

| | コメント (2)

粗食の清清しさ

先週の日曜に用事で外出して以来、そのときに見た買いあさりの異様な光景におののいて外出していません。テレビ新聞などで、スーパーの食料が品不足と云うのを知り、我が家でも買い置きの食料を大事に利用しながら一週間経ちました。野菜は夫が、5月になれば持ち主に返さなければならない畑に植えてあるほうれん草やブロッコリー、大根などで間に合わせています。

冷凍庫の生ものも加減しながらなので自然食卓は質素に。。。ありあわせの野菜と鳥の炊き合せのなんと美味しい事!乾物を入れてある箱の底から引っ張り出した高野豆腐と昨年暮れ郷の妹が送ってくれたふのりの味噌汁、夫が自転車で出かけ〔こんなものが残ってた。。。〕と買ってきてくれた納豆だけの夕食。暖かいご飯がずいぶん美味しく感じられました。

なんとかなるさ。。。

121_2157 

とはいいながら、とらやの羊羹をデザートに。。。^_^;

| | コメント (10)

ブレーキのない車同様。。。

今回の福島原発事故で思ったのは、まるで〔ブレーキの無い車を運転しているようだ〕ということです。だって事故が起きて直ちに事故回避が出来ないどころか、事故が大きくなっていく一方じゃないですか。。。福島原発事故はとうとうレベル5となってしまいましたね。

危険なものを作りだすときに、万が一に供えた回避力、たとへは毒物だったら、解毒剤、車だったらブレーキというものを同時に作られるものと私は稚拙な頭で思っていたのですが、今回の事故で、そうではなかった、事故などあろう筈がない、100%に近い高い確率の〔安全〕という前提で、原発がこの地震大国の日本に、再処理工場などをあわせると69基所在するのです〔にわか仕込み〕

次々と起こる恐ろしい事故現場の映像を見せられ、いくら〔人体にたいした影響がない、冷静になれ〕といわれてもにわかに信じられますか?日頃発電所の恩恵にあずかり、それが当たり前のように感じてしまっているいる私たちに今回の事故は一石を投じたはずです。便利は事故の恐怖と隣り合わせということを知らしめました。

形あるものは未来永劫そのままであるということはありえないわけで、劣化や不測の事故など 何かが起こる、を想定し、安全処置がになって存在するのが正しいのではと思うのですが。。。

聞き伝えで知ったのですが、私の知人Wさんが事故現場で処理作業に当っているとのこと。命がけの仕事、Wさんのご無事を心から願っています。

P1010221

| | コメント (4)

エキセントリック爺ィ

暴力的な発言を数え上げれば分厚い一冊の本が出来上がるのではないかと思われる某都知事。それにしても今回の〔津波を上手く利用して我慾を洗い流す必要が・・・これは天罰だと思う〕はあまりにも酷い!平常時に云うのならともかく、自国が阿鼻叫喚の地獄絵図と化しているさなかに極度の無神経な〔天罰〕という言葉を使える人間が居るとは想像もできませんでした。

後で訂正、陳謝をしたようですが一旦その口をついて出た言葉は取り消しようがありません。その人間の心根が最初の言葉で判断されるのです。撤回は自己弁護!

聖書〔ノアの箱舟〕を例えたかったのは容易に判断できますが、良識のある大人はこういう場合、決して〔天罰〕という言葉は出ない筈です。天罰は受けるべく理由のあるものだけに下る罰で、快楽という言葉に最も縁の薄いと思われる人々が受けるものではないのです。

かの人物に〔貴方と云う人間は異常性がある〕ということをはっきりと伝えられる方は居ないものでしょうか。。。

P1080561

| | コメント (9)

計画停電実施

何度も肩透かしをされた計画停電、今夜やっと7時~9時の2時間行なわれました。狼少年のたとへで、〔どうせ今日も実行されないだろう〕と思っていたところふいに真っ暗。。。でも停電になってなんだかほっとしたというのもおかしな気持ちです。。。

2時間の停電は一般家庭が無理なく我慢できる時間だと思います。やっぱり布団へ入るしか手がありませんね。かといって宵っ張りの私の眠くなる時間帯ではない。。。懐中電灯では本を読むのは無理だし、ラジオは私の部屋では雑音が入り聞きにくい。。。瞑想・・・か〔笑〕夫は早寝が得意な人ですから問題なし(-_-)zzz

私も節電に協力してここ数日記事は数分で書ける簡単で短めにしています。

P1080552

| | コメント (4)

おまわりさんも愚痴る

ガソリン不足で車が使えず自転車で出歩いている夫、国道の信号機の前にいるおまわりさんに〔ご苦労さまですね。計画停電待ちですか〕と声をかけたところ、〔停電になる時間はとっくに過ぎたんですけどねぇ。。。〕と云う話からガソリン不足の話におよぶと、おまわりさんは〔僕らも通勤に困っちゃっているんです〕とのこと。。。

おまわりさん言えども個人的には一般庶民と同等で、自宅と勤務地が離れていても通勤の足は自分で考えなければならず、不便をしいられているとのこと。。。市民を守る重要な任務にある警察官が速やかに職務につくてだてがない?

今日また静岡地方で震度6強の地震。。。青森のほうが一段落と思ったら、御殿場に住む妹一家が心配。今回は東北に比べたいした事がないようだけど。私は日本の真ん中あたりで首を左右にして心配しなければなりません。。。

Ae30cdf741b5aba5d0378110da2353e9

| | コメント (4)

津波の恐怖を聴く

大災害が起きて4日目の今日、やっとじかに兄嫁と妹の二人と電話で言葉を交わせました。今日になってそれぞれの自宅にやっと電気がついて電話も通じるようになり、家に戻る事が出来たそうです。二人の話では、海水は家の前まで来たものの、実家のほうはわずか3段の階段をまえにかろうじて止まり、妹宅も少し実家より奥まった場所であった為にこれも何とかセーフ、というかたちで、我が身内は岩手や宮城その他の被災地に比べ幸運だったといわねばなりません。

災害時の恐怖や、寒さ、食糧不足を訴えるのですが、家が流されずに済んだと言う事で他のお気の毒な被災者を思い、ここでは述べずにおきましょう。。。

兄はなぜか電話口に出ず。80歳になっても、妹の私に恐怖体験を事細かくうったえるのは男として沽券に関わるとでもおもっているようで、これが私の兄なのです〔苦笑〕

115_1567

ウミネコの繁殖地で知られる蕪島という名勝地があるのですがテレビで見る限りこれもすっぽり津波に呑み込まれた様子。。。

| | コメント (8)

不安な状況・・・

驚きました。今朝9時に出かけたときにはいつもと変わらぬ街の様子が、4時に隣県から帰るとき目にした光景は。。。国道にあるガソリンスタンドのほとんどが長蛇の列です。そうでないスタンドは〔ガソリン売り切れ〕の張り紙が。。。またコンビニの前にもたくさんの車です。すると道路の異常な渋滞はガソリンや食料を求める人たちでしょうか?

東北関東の今回の災害で、物流が乱れ、買占めが始まったようですね。暢気な私、状況を目の当たりにするまで考えもしませんでした。いつものスーパーに寄ったところ、食料品の品切れが目立ちました。私も不安になり、残っていたカップラーメン、缶詰 味噌、醤油 などを買いましたが、パン、肉、豆腐 納豆などはまったくありません。 

しかし、明日から計画停電ということで、冷蔵庫も不安な状態。冷凍品を買いだめした方はどうするんでしょう。。。

世の中不安の真っ只中にあります。。。

P1020876

| | コメント (10)

身内の無事確認

ひとまずほっとしました。兄夫婦、妹の家族は一旦公民館へ非難したそうですが、高台にある新築したばかりの娘夫婦のもとへ全員避難し、ひとかたまりになっているとのこと。。。寒さとか食物の事などいろいろ心配ですが、今の状況をテレビで知ると、命があったというだけでありがたいと思わなければならないようです。

P1010079

| | コメント (2)

郷が大変な事に!

買い物に出かけようとした矢先に大きな揺れが!思わず外に飛び出すと駐車場の数台の車が一斉に波打っていて電線が激しく揺れています。揺れが収まって家に入ると棚から花瓶などが落ちて散乱しています。最近にない怖い思いをしましたが、テレビを付けてそれどころではないことがわかりました。

実家の周辺が大変な事になっています。すぐに電話をしてみましたが繋がらない。。。夕方になり何とか電話が繋がったものの、実家の兄夫婦も妹宅も電話に出ません。伊豆に居る妹から電話があり、携帯も繋がらないという話です。。。

恐らく避難場所に居ると思われるので、調べたところ最寄の避難場所である小学校がわかりました。明日一番に電話で確かめましょう。。。

115_1545 

このあたりですけど・・・(ーー;)

| | コメント (14)

映画〔ミリオンダーラーベイビー〕

この映画、そんな遠くない前に1度観ていますが、やはり2度目のほうがよく理解でき、感動します。

孤独な女性ボクサーマギーと、トレーナー フランキーにやがて肉親のような絆がうまれ、試合は勝ち続けますが、あるとき危険な反則をするボクサーと試合中、くやしまぎれの反則に出た相手ボクサーに打たれ全身不随となったマギーを、フランキーが苦しみながら安楽死という行為に出るという物語。。。

クリント・イーストウッドは若い頃マカロニウエスタンに出演していた頃とは別人のようないい映画人になりました。老年期に入った〔許されざるもの〕とか〔マディソン郡の橋〕あたりから魅力を増してきましたね。背の高いクリントイー・ストウッド、若い頃から背骨が一個少ないような妙な体型だなと思っていましたが、老年になってからはそれが不自然ではなくなりましたhappy01

ボクサーを演じた主演女優、マット・ディモンによく似た顔だなと思ったのは私だけかな(*^_^*)

121_2111

| | コメント (2)

ある意味暴露本?

高峰秀子著〔わたしの渡世日記〕第三巻を読んでいます。歯に衣着せぬ痛快さ、鋭い洞察力や飾りけのない文章で、交流のあった著名人のエピソードを実名で繰り広げますが、尊厳を傷つけたり、過剰な持ち上げをすることなく、一人ひとりの人物像を鮮やかに書き表していて、名エッセイストといわれる所以を遺憾なく発揮しています。

なかでも文豪谷崎潤一郎が面白かった。高峰秀子さんの目には文豪の顔が魚の鯛によく似ていたとか。。。大谷崎は大変な美食家で、そのためなら時間を惜しまずどこまでも出かけたそうです。馴染みの店でも味付けが悪かったり、意にそまぬ料理が出ると、女将を呼びつけ〔今日のお客様に対して、このような料理だと招待した私が恥ずかしい!〕と不機嫌を露わしたいうことです。また大好きなお吸い物をテーブルにこぼし、かの大谷崎、〔あァ、勿体ない!〕といって、テーブルに口を付けてじゅうじゅう音を立てて吸ったという話。親交の深かった高峰秀子さんならでは文豪の知られざる一面とても興味深く読みました。

その他、黒沢明との淡い初恋、中村メイコに対しての余計なお世話の話、チャーチル会という絵画クラブで一緒だった藤山愛一郎の下手な絵の話、木下恵介の女に対する辛らつさなどなど。

昨年86歳で亡くなられた高峰秀子は私の年代では偉大な女優。哀惜の念をもって自伝物語を読んでいます。

Img_2415

| | コメント (9)

女でもだてし〔伊達氏〕

久しぶりに郷の嫂から電話。22歳で鬼千匹が数多居る我が家に単身〔あたりまえ(^^ゞ〕乗り込んできた勇敢な女。難しい長女が嫁に行ったあとは〔アンタたちが怖くてどうする!〕といった嫂の勢いに大人しいbleah私以下父母兄弟までが毒気を抜かれてしまいましたcoldsweats01彼女は嫁ぎ先の家族にひたすら尽くす人生を経て老後に到っていますが、我が子のように〔といっても、私とは4才しか違わない〕面倒をみた義妹たちが遠方で暮らしているので寂しくてしょうがない。。。で時々〔どしてる~。元気でいるべが・・・〕と相変わらずの方丸出しで電話をしてくるわけです。

彼女の方言が懐かしく昔話をしているうち〔アンダァ(貴女)、まんで(ほんとに)だでしだったなし。。。〕だでし?一瞬えっ?と思いましたが(おしゃれだったわねぇ。。。)ということです。

だてしとは〔伊達氏〔うじ〕〕伊達藩の武士達のこと。伊達藩の武士達は身につけるものがが煌びやかで派手なのが特徴で、それが後々派手な身なりをしたものを揶揄をこめて〔伊達氏〕と呼ぶようになったのです。北東北の南部藩であった我が郷里でも、私が子供の頃まで方言として男女とも〔おしゃれな人間〕を〔伊達氏〕と言っていました。今はどうか知りませんが、気取りのない嫂は昔のままの言葉で私に〔伊達氏ーおしゃれ〕だったねといったのでした。

郷の友人や妹などはテレビなどの影響でいまはだいぶ方言が抑えられ、私としてはあまり面白くない。。。気取りのない嫂との会話は楽しいですね。

そうか、自分が〔だてし〕だった事も今や懐かしい思い出話になりました。

P1030333

月の形は独眼流正宗の兜。。。

| | コメント (8)

懐かしの〔アッシー、メッシー〕

もう〔アッシー、メッシー〕は死語ですかね。。。〔20歳で交際相手がいないのは3人に2人〕だそうで、この、〔交際相手〕とは単なるボーイフレンド、ガールフレンドの事なのか、もっと深い関係の交際という事なのか、私の年代では判断しにくいのですが。。。どちらにしても一昔、いや二昔?前に流行った〔アッシー、メッシー〕さえも居ないという恋愛に超淡白な現代の若者達。メッシーとは単に食事を奢ってくれる男性。アッシーとは外出の際車などで送り迎えしてくれる便利な男性。確かにアッシー、メッシーといってもお金がかかる事に違いなく、恋人になる見込みの薄い女性に、ただでさえも貧弱なお財布の中身のいくばくかを無駄にされてしまう気になれないのは判らないでもないですが。。。一昔,二昔前の男性はそれでもそこに賭ける意欲があったんですね。

私はこの〔アッシー、メッシー〕が流行り出したときに、〔なんとえげつない!大和なでしこも地に落ちたものよ。。。。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。〕と嘆いたもの。しかしここまで若者が恋愛にたいして覇気がなくなると、いまや、アッシーメッシーでもいいから盛り返してもらいたいものなどと思ってしまいます。

恋愛さえもめんどくさいというふうに冷めた考えをしまう今の若者、いったいどうしてしまったやら。。。

P1030322

| | コメント (10)

日本の教育方針は過保護?

先日、ある調査でわかった事として、他の先進国に比べ、日本の高校生は〔自分に自身がもてない〕が他国に比べ極端に低かった。。と言う記事を数日前書きました。一昨日ラジオでTBS放送を聴いていたら、同じ事を話題にしていまして、コメンティターの話では〔アメリカでは高校生なると授業を自分で選択、自由に教室を変更し、そういうことで積極的に社会性、社交性を身につける術を学ぶ〕ということを述べていました。

アメリカに比べ、日本の教育方針は学力が主になっていて社交性とか、社会性いうものが二の次になっているのではないでしょうか。。。それでは大学まで進まずに高校を出てすぐ社会人になったとしても、社交性、社会性が身についていなければ挫折を味わう率も多いのではないかと思うのです。諸外国が18歳を成人年齢としている国が多いのに日本では20歳が成人年齢なんですね。国の事情があるにせよ、日本が成人年齢を下げられない理由のひとつを個人的に判断すれば、〔過保護な教育方針で子供の精神面が成長しない〕を上げてもいいと思います。お膳立てが過ぎて、自発的に物事を考え、行動するという力が弱い人間を育てることになるのではと思うのですが。

成長できにくい教育方針を改善しないといつまでたっても他の国に比べ日本の高校生は幼く〔自分に自信が持てない〕高校生が増える一方では。。。?

P1030318

| | コメント (0)

小野田寛郎さん

NHKアーカイブスで〔生き抜く 小野田寛郎〕という番組を深夜1時過ぎまで観ていました。私は1974年に小野田さんがルバング島から帰国され、その2年後ブラジルへ渡られた事は新聞等で知ってはいましたが、その人となりはほとんど知らずにいましたので、この番組である作家のインタビューに長時間にわたって答えた83歳〔現在は88歳〕の小野田さんを拝見し、現代の日本人が失ってしまった〔最も理想的な日本人〕なのではという思いに駆られました。

若い頃からまっすぐな精神は、特異な体験を経て現在に至った今でもそのまま持ち続けていられる高潔さにまず脱帽してしまいます。不必要に複雑な言い回しをしない語り口にも率直な人間性を物語っていて、インタビュアーはかなり聞きにくい質問もしていましたが、そのときの思いを端的に語り、私の時代のものとしてはその一言一言がすべて肯定できるものでした。かといって、四角四面の昔者というようではなく、柔和な笑顔が物語るように、充分に柔軟性を持った性格で、時代に合わせるすべも心得ているようでした。パソコンを駆使し、馬で牧場を駈け、農場で働く姿はとても80過ぎのご老人には見えません。

なるほど、あのような性格であれば、今の日本は2年居て見切りをつける気持ちになったのは判るような気がします。

180pxonodayoung

| | コメント (4)

ひな祭りの嫌な思い出

55年も前の話^_^;

高校時代、私の仲のよかった友達に老舗の薬問屋の嬢やがいて、ひな祭りには市の新聞に載るほど旧い、歴史のあるお雛様を飾り、お客を招いて優雅な〔ひな祭り〕を祝うのが慣わしだったのです。私も招かれて出かけたのですが、前年制服で出かけ、友達の何人かがお着物を着ていたので、今年は母にねだって姉の着物を着せてもらい出かけたのでした。ところが、お膳のものを着物に落としてしまい汚してしまったのです。

汚れはほんの少しでしたが、私は家に帰りそのことを正直に謝りました。神経質な姉は着物を汚された怒りを私ばかりか、自分に相談無しに、着物を妹に着せた母にもしばらく口を利きませんでした。母は着物の管理をすべて自分がしていたので、その着物をそろそろ私へお下がりにしてもいいと思っていたに違いないのです。

私の子供の頃は、制服以外に着るものといえば普段着が2,3枚ある程度で、長姉からのお下がりがただひとつ衣装が増える手段。お下がりを惨めだなどと思うどころか、待ち望んでいたものですが、そのときを境に、姉からの借り物やお下がりが嬉しいものではなくなりましたね。自我が目覚める時期だったのです。

P1130612

| | コメント (2)

夫婦共通で好きな俳優 ジャック・ニコルソン

昨日に引き続き、今日も映画の話題。 普段9時には就寝する夫が今日は珍しく12時までBSテレビ映画劇場を見ました。我が夫婦が共通して好きな俳優、ジャック・ニコルソン主演の〔恋愛小説家〕を眠気を返上して観たのです。

ジャック・ニコルソンは1975年制作の〔カッコウの巣の上で〕以来、わが夫婦が揃って、〔演じる人〕に興味を持って観るただひとりの俳優です。

ストーリーは潔癖症、毒舌、変人ぶりで嫌われ者の人気作家が巻き起こす、ラヴコメディー。。。

見栄えのいい俳優とはいえないものの、そのあくの強い個性と抜群の演技力には定評があり、アカデミー賞ノミネートの常連俳優で幾度かの受賞をしているはずです。どんな美男スターと並んでもひけをとらない強烈な風貌が夫の好みであり、中年男の隠しても隠し切れない可愛さやペーソスを上手く表現する役者振りが私の好み。。。げんに実生活でもかなりのモテぶりだとか。

夫婦共通で好きなものなどほとんど無いといっていい我が家で和気藹々と同じ箇所で笑えたジャック・ニコルソンの名演技は芯から楽しめました。notes

Jacknicholson

| | コメント (4)

老年の魅力 ポール・ニューマン

1986年制作〔ハスラー2〕を観ました。1961年にヒットした〔ハスラー〕の続編です。老年になったポール・ニューマン扮する元ハスラー、エディは現役を退き酒屋家業をしていますが、トムクルーズ扮する、若いハスラーにかっての自分を重ねて育ててみようと行動を共にします。

映画では50代という設定のポール・ニューマンですが、実際は60代?と年齢の詮索など無用なかっこよさ。。。heart02若いトムクルーズなど魅力的なポール・ニューマンに遠くおよばずただのガキにしか見えません。それにしてもこの映画のトム・クルーズは実にやぼったかったですね。ちょっとさびしかったのは、ポールニューマンの魅力のひとつである〔緑がかった瞳〕の色がやや褪せた感じ。。。(ーー;)〕

ポール・ニューマンは、左側から真横にとらえた、額、鼻梁 口から顎にかけた線と後頭部が抜群に美しい、と気づいた方は彼のファンの資格があります。

女優2人はどちらもセクシーでした。〔どちらも私の知らない女優〕

76482084

| | コメント (4)

デッサン会設立!

今日はIさんに迎えに来てもらい隣県F市まで行ってきました。新しく設立するデッサン会の会場の下見をする為です。

私は他県の人間なので、会場を借りるに当たり、手続きの交渉はすべて地元のIさんがしてくれ、私は部屋を確認するだけでした。広々とした綺麗な部屋で、エレベーターを利用できるのが脚の悪い私には好都合です。

F市には絵を勉強したい人が大勢居るにもかかわらず、地元にデッサン会などというものがなく、Iさんが会を設立すると絵の勉強をしたい人は他県まで行かずとも地元で出来るようになるわけです。Iさんの話ではすでに勉強したい方の申し込みが10人はいるとか。。。幸先がいいですね。。。

ただし会場を借りるに当たり、Iさんは指導者の欄に名前を記入するだけのキャリア、というか資格がないので、一応絵画団体会員の末席を汚しているわたくしめがその欄に名前を書き込む役目と言う事です。

ということで、5月より、Iさんの並々ならぬ意欲の賜でF市にはじめてデッサン会が設立される事にあいなりました。shine

P1050874

| | コメント (9)

叶姉妹似のIさん!(^^)!

最近用があって時々我が家を訪れるIさん、叶姉妹の妹の美香さんに一寸似たタイプです。見かけはそうでも絵の勉強はなかなか熱心で、解らない事があると積極的に聞いて来るので私は好意的に感じていました。彼女は私の画友が催しているデッサン会に、同じ年頃の友人3人と見えてかれこれ10年になるでしょうか。現在続いているのはIさん一人。〔SさんとTさんはどうしたの?〕と聞くと〔別の会へ行ったみたい。私が嫌みたいなの〕〔仲よさそうだったけど?〕〔私はあまり人に好かれないですよ。〕〔そうなの・・・〕とどうでもいい事なので話を打ち切りましたが、3人を知っている私、なんとなく解ります。

3人を比べて、Iさん一人がきわだって華やか、60代にしては色っぽいeye 色っぽいのは彼女自身の罪ではないのですが、同性、ことに同年代はこのような異分子を好みません。げんに彼女の陰口を耳にしたことがあります。

〔私は別に気にしないんですよ。男っぽい性格だから。〕Iさんはそういいますが、お色気たっぷりの彼女に〔男っぽい〕と言われて、正真正銘、男っぽくなってしまった私、思わず笑ってしまいました。

ほんに女同士と言うものはやっかいなものです。。。

P1060899

| | コメント (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »