« 粗食の清清しさ | トップページ | 姉妹以上の仲 »

魅力あふれる中川一政の絵

私が好きな画家の中で5本の指に入る、いえ、一番好きと言い切ってもよい中川一政を今日のNHK日曜美術館で紹介しました。私が知る限りでも日曜美術館は一政を3度取上げていますので、日本人が最も好む画家の一人だと思うのです。

なぜ好きか。。。画家の魂が作品から立ちのぼり観るものの心をわしづかみにするから。。。洒脱とか技巧とかいう安っぽいものから最も縁遠く、絵は画家そのものということがよく解るからです。

私は一時中川一政に夢中になり、真鶴にある美術館に幾度となく足を運び、作品に描かれた場所を辿り歩いて、遠くは岡山県の下津井までいったことがあります。一政が立った同じ場所で同じ風景を描きたかったのです。

もちろんどれもお笑いぐさのスケッチどまりです。。。happy02

P1130641

薔薇は最も多く描かれたモチーフ

|

« 粗食の清清しさ | トップページ | 姉妹以上の仲 »

日記」カテゴリの記事

コメント

中川一政の画に夢中になるおキヨさんを羨ましく思います。
私にも画に限らず夢中になれる芸術家がいればいいのにと思います。
そういう人がいないということは、私にそういう心がないからです。

投稿: 周坊 | 2011年3月21日 (月) 09時50分

周坊様
人にはそれぞれ好きなものや得意なものがあり、私はたまたま下手の横好きといえる絵に興味を向けることが出来、そこから絵画の世界をのぞき見ることが出来ました。〔ただし、上っ面だけ。〕
いわばきっかけがあるかないかのことだと思います。
私はきっかけのなかった音楽などの他の芸術には、周坊さん流にいえば心がありません。(ーー;)


投稿: おキヨ | 2011年3月21日 (月) 11時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 粗食の清清しさ | トップページ | 姉妹以上の仲 »