« 計画停電実施 | トップページ | ブレーキのない車同様。。。 »

エキセントリック爺ィ

暴力的な発言を数え上げれば分厚い一冊の本が出来上がるのではないかと思われる某都知事。それにしても今回の〔津波を上手く利用して我慾を洗い流す必要が・・・これは天罰だと思う〕はあまりにも酷い!平常時に云うのならともかく、自国が阿鼻叫喚の地獄絵図と化しているさなかに極度の無神経な〔天罰〕という言葉を使える人間が居るとは想像もできませんでした。

後で訂正、陳謝をしたようですが一旦その口をついて出た言葉は取り消しようがありません。その人間の心根が最初の言葉で判断されるのです。撤回は自己弁護!

聖書〔ノアの箱舟〕を例えたかったのは容易に判断できますが、良識のある大人はこういう場合、決して〔天罰〕という言葉は出ない筈です。天罰は受けるべく理由のあるものだけに下る罰で、快楽という言葉に最も縁の薄いと思われる人々が受けるものではないのです。

かの人物に〔貴方と云う人間は異常性がある〕ということをはっきりと伝えられる方は居ないものでしょうか。。。

P1080561

|

« 計画停電実施 | トップページ | ブレーキのない車同様。。。 »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

>かの人物に〔貴方と云う人間は異常性がある〕ということをはっきりと伝えられる方は居ないものでしょうか。。。

そうですねぇ・・佐藤春夫さんなんかが適任じゃないでしょうか? でもとっくの昔に死んじゃってるからダメですネ(笑) あの「太陽の季節」が芥川賞に選ばれた時の選考委員の一人だった佐藤春夫氏の評価は次のようです。


「反倫理的なのは必ずも排撃はしないが、こういう風俗小説一般を文芸として最も低級なものと見ている上、この作者の鋭敏げな時代感覚もジャナリストや興行者の域を出ず、決して文学者のものではないと思ったし、またこの作品から作者の美的節度の欠如を見て最も嫌悪を禁じ得なかった。」「僕はまたしても小谷剛を世に送るのかとその経過を傍観しながらも、これに感心したとあっては恥しいから僕は選者でもこの当選には連帯責任は負わないよと念を押し宣言して置いた。」

まぁ、結局は佐藤春夫の眼力通り、その後の石原氏は小説家としても大成しなかったから、政治家になっちゃう訳だけど、やっぱし政治の世界に於いても氏の言う「低級」さは抜けきれなかったとこかな?(爆)

投稿: 伊藤 | 2011年3月18日 (金) 06時43分

彼が我々より優れているところは「あつかましさ」だけです。
始末に負えないのは自分が高級な人間だと錯覚していることです。だから多くの人々を見下しているのです。
しょっちゅう失言(おキヨさんご指摘のとおり実は本音)をするのはそのためです。
選挙で落としてやればいいのです。当選させるから
何時までも気がつかないのです。

投稿: 周坊 | 2011年3月18日 (金) 09時30分

伊藤様

〔太陽の季節〕がセンセーショナルな話題で世に送り出されましたが、芥川賞選考委員の間で賛否両論だったのはよく知られた話です。佐藤春夫はあの作品に嫌悪を隠さなかったと聞きました。
要するに、作者は時代を読む、いわば勝負師的才能が突出していて作為的であり、文学性、芸術性ということではなかった、ということです。
今の時代あのくらいの作品ならおおよそ話題になりません。

そして人気はマスコミによって持ち上げられました。

人格というのはそうは変わらないものなんですね。。。

投稿: おキヨ | 2011年3月18日 (金) 11時18分

周坊様
若くして人気の頂点に立ってしまった人間は自分の地位を引き下げない為の知恵だけに奔走したのでしょうか。
小説家のままだったら恐らく鳴かず飛ばずの人だったに違いありませんが、のし上る才覚というか才能は素晴しいものがありますねeye

人間性はまったく育ってないと見るべきでしょうね。。。

投稿: おキヨ | 2011年3月18日 (金) 11時28分

世の中「あの方」が嫌いな人は多いのに、何故か選挙に勝ってしまうのです。
一度だけ美濃部さんに負けましたが・・・。
こういう人にどのように対処したら良いのでしょうか。
1、もうクソミソにこき下ろす。
2、徹頭徹尾、無視する。
3、都知事選に勝たせない運動を起こす。
4、・・・・あと何があるかな・・・
私は?・・・ノーコメントにしておきます。

投稿: 風花爺さん | 2011年3月18日 (金) 15時06分

風花爺さん様

・・・なんですよねぇ・・・
性格云々は別にして、他人に左右されない妙に強気な姿勢が〔なんだかんだいっても石原さん〕ということなんでしょうか?
いまの都知事選出馬の顔ぶれを見てもあの方に圧倒的に勝る人物は居ませんものね。。。う~む!((ノ)゚ω(ヾ))

投稿: おキヨ | 2011年3月18日 (金) 17時03分

>のし上る才覚というか才能は素晴しいものがありますね

あぁ・そう言われてみると、弟、石原裕次郎にしたって、俳優として心に残る特別の名演技は遺しておりませんよネ・・でもその人気は絶大だった。 (笑)

投稿: 伊藤 | 2011年3月18日 (金) 22時29分

伊藤様
じっさい、あの兄妹は輝かしい一時代を残しましたね。新進作家時代慎太郎の刃のような鋭さを私は嫌いではなかったのですが、政治家になって異様な貝人物になっってしまいました。
云うことがいちいち癪に障る!!o(゚Д゚)っ

邦画を観なかった私、裕次郎の良さが良くわからんのです^_^;
でも若くして亡くなった人は嫌いなスターでも仲の悪かった友人でもみんな愛おしさに似た気持ちがありますね。

投稿: おキヨ | 2011年3月18日 (金) 23時52分

伊藤様追伸
怪人物と書きたかったのが〔貝人物〕となっています。どんな人物じゃ〔爆〕

投稿: おキヨ | 2011年3月18日 (金) 23時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 計画停電実施 | トップページ | ブレーキのない車同様。。。 »