« 叶姉妹似のIさん!(^^)! | トップページ | 老年の魅力 ポール・ニューマン »

デッサン会設立!

今日はIさんに迎えに来てもらい隣県F市まで行ってきました。新しく設立するデッサン会の会場の下見をする為です。

私は他県の人間なので、会場を借りるに当たり、手続きの交渉はすべて地元のIさんがしてくれ、私は部屋を確認するだけでした。広々とした綺麗な部屋で、エレベーターを利用できるのが脚の悪い私には好都合です。

F市には絵を勉強したい人が大勢居るにもかかわらず、地元にデッサン会などというものがなく、Iさんが会を設立すると絵の勉強をしたい人は他県まで行かずとも地元で出来るようになるわけです。Iさんの話ではすでに勉強したい方の申し込みが10人はいるとか。。。幸先がいいですね。。。

ただし会場を借りるに当たり、Iさんは指導者の欄に名前を記入するだけのキャリア、というか資格がないので、一応絵画団体会員の末席を汚しているわたくしめがその欄に名前を書き込む役目と言う事です。

ということで、5月より、Iさんの並々ならぬ意欲の賜でF市にはじめてデッサン会が設立される事にあいなりました。shine

P1050874

|

« 叶姉妹似のIさん!(^^)! | トップページ | 老年の魅力 ポール・ニューマン »

今日の出来事」カテゴリの記事

コメント

新しいデッサン会の設立、おめでとうございます。
いつも思うのですが、絵画を通じて人を知り、友好が深まるというのは素晴らしいことですね。
残念ながら私は芸術を通しての交流がないので、羨ましく思います。
会の運営など面倒なことも多いかもしれませんが、新しい会が盛り上がることを願っています。heart02

投稿: 矢嶋武弘 | 2011年3月 2日 (水) 07時07分

矢嶋様
有難うございます。と言いましても、私はあくまでお手伝い。表立っての事はいたしません。
〔友好が深まる・・・〕こともあるし、逆の場合が多いのが現実です〔爆〕
芸術といいましても、今回はどちらかと言うと〔趣味の会〕といったほうが正しいのです。
なんでもいいから極力手を動かしていないとデッサン力が衰えるおそれがあるので、と言うのが私の本心です。coldsweats01

投稿: おキヨ | 2011年3月 2日 (水) 11時44分

おキヨさん
 デッサン会が始められる土地柄。素敵です。
 私たちの町は、合併を繰り返しながらでも、44000人です。  過疎と云うものですね。
 絵を描いている人の数も少ないうえに、「絵手紙」も同じ絵描きの田舎町です。
 絵手紙は私も描いていますので、矛盾のある話ですが、本質的なアートも、お遊びも同じテーブルにあります。
 それが不満な訳ではないのですが、何となく淋しくなっています。  変ですね。
 あの人もこの人もみんな芸術家です。
  一寸絵をかじると、美術協会事務局長に成れます。愉快な土地です。
 

投稿: 風の樹人 | 2011年3月 2日 (水) 17時43分

新しい勉強会の発足、高揚しますね。
私は根気が無いので、こういった運営は苦手ですので、
バリバリやる方は尊敬しちゃいますね。

そうそう、新聞にジェーン・ラッセルの訃報記事が
載ってました。やはりお色気女優的な説明でしたが、
以前おキヨさんから彼女が敬虔なクリスチャンと聞いて
たので、色々と思い馳せました。

投稿: バルおばさん | 2011年3月 2日 (水) 17時50分

風の樹人様
昨年私の市でやっていたデッサン会を事情で脱会しましたのでちょうど手が空き、隣県にちょっかいを出したしだいです〔苦笑〕
私としては途切れることなくデッサンの勉強が出来れば御の字です。
そうですね。初めは誰もが初心者。そのうち芸術に目覚める人も出るかもしれません。
Iさんの才覚で長続きできるデッサン会にしたいと思っています。
何事も新しくはじめる事には夢と期待がもてますね。shine

投稿: おキヨ | 2011年3月 2日 (水) 20時14分

バルおばさん様
年のころはバルさんと同じだと思うIさんなかなか積極的な女性で、何とか5月に勉強会が出来る事になりました。こんな婆さんでも担ぎ出してくれる奇特な方も居ると言う事です(^^ゞ
そうそう!私も数日前の新聞で、ジェーン・ラッセルが亡くなったことを知りました。
アメリカではベトナム戦争の兵士だった方々は残念に思ったでしょう。ピンナップガールとして人気があった女優でしたからね。

それにしてもよくジェーン・ラッセルを思い出しましたね。
どちらかと言うとバルちゃんのお母様のほうに近い
女優でしょう〔爆〕

投稿: おキヨ | 2011年3月 2日 (水) 20時31分

バルさんへ訂正
ジェーンラッセルはベトナム兵士ではなく、第二次世界大戦の兵士達のアイドルだったんですよ!びっくりですね。そういう私も旧いってこと〔爆〕

投稿: おキヨ | 2011年3月 2日 (水) 20時39分

実は母親が大正生まれながら、洋画ファンだったんです。
ジェーン・ラッセルどころか、フレッド・アステア、
もっと古いところではルドルフ・バレンチノ等々。
邦画では目玉の松っちゃんさえ知ってます(笑)

投稿: バルおばさん | 2011年3月 2日 (水) 22時02分

バルおばさん様

私もフレッド・アステァが大好き!リバイバルで何度も観てますが何度観てもあきません。

さすがにルドルフ・バレンチノは名前ばかりでよく知りません。美貌の男性の代名詞だったのは知っています。
アランドロンを抜く美貌だったら認めないこともありませんが。。。eye

目玉のまっちゃんも名前だけは・・・。

バルちゃん、お母様のお話よく記憶していますね。びっくり!

投稿: おキヨ | 2011年3月 3日 (木) 01時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 叶姉妹似のIさん!(^^)! | トップページ | 老年の魅力 ポール・ニューマン »