« 夫婦共通で好きな俳優 ジャック・ニコルソン | トップページ | 小野田寛郎さん »

ひな祭りの嫌な思い出

55年も前の話^_^;

高校時代、私の仲のよかった友達に老舗の薬問屋の嬢やがいて、ひな祭りには市の新聞に載るほど旧い、歴史のあるお雛様を飾り、お客を招いて優雅な〔ひな祭り〕を祝うのが慣わしだったのです。私も招かれて出かけたのですが、前年制服で出かけ、友達の何人かがお着物を着ていたので、今年は母にねだって姉の着物を着せてもらい出かけたのでした。ところが、お膳のものを着物に落としてしまい汚してしまったのです。

汚れはほんの少しでしたが、私は家に帰りそのことを正直に謝りました。神経質な姉は着物を汚された怒りを私ばかりか、自分に相談無しに、着物を妹に着せた母にもしばらく口を利きませんでした。母は着物の管理をすべて自分がしていたので、その着物をそろそろ私へお下がりにしてもいいと思っていたに違いないのです。

私の子供の頃は、制服以外に着るものといえば普段着が2,3枚ある程度で、長姉からのお下がりがただひとつ衣装が増える手段。お下がりを惨めだなどと思うどころか、待ち望んでいたものですが、そのときを境に、姉からの借り物やお下がりが嬉しいものではなくなりましたね。自我が目覚める時期だったのです。

P1130612

|

« 夫婦共通で好きな俳優 ジャック・ニコルソン | トップページ | 小野田寛郎さん »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

私には四つ違いの兄がいますが、その兄のお下がりを貰って着た覚えは全くないのであります・・つまりはボロボロになるまで兄は着続けたということになるのでしょうか、上着の袖の肱のあたりやらズボンの膝のあたりなどすりきれて穴のあくまで着ておりましたよ・・またそれに、よそ行きの一張羅といえる程の上等の物は買い与えては貰えなかったのでしょう(笑)
しかし、「一張羅」という言葉も完全な死語となりましたねぇ。。昔は「おっ! 今日は一張羅の服を着てドコへお出かけだネ?」そんな言葉のやりとりもありましたけど、きょうびそんなことは誰も申しは致しません(爆)

投稿: 伊藤 | 2011年3月 5日 (土) 08時06分

伊藤様
なるほど、男の子はボロボロになるまで着る。それくらい元気だったのですよ、当時の男の子は。。。そこが女の子との違いでしょうね。
言われてみれば、病弱であった長姉のお下がりはいつでも新品同様、成長期の子供にあわなくなる為のお下がりでした。
方や、活発に遊びまわる私のお下がりを貰う妹はさぞや迷惑だったでしょう〔爆〕思い返せば、私より妹が新品を買ってもらう率が高かったのはそのあたりの理由か。。。?eye

ですねぇ・・・一張羅死語になりますかねぇ。。。think

投稿: おキヨ | 2011年3月 5日 (土) 11時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夫婦共通で好きな俳優 ジャック・ニコルソン | トップページ | 小野田寛郎さん »