« ある意味暴露本? | トップページ | 郷が大変な事に! »

映画〔ミリオンダーラーベイビー〕

この映画、そんな遠くない前に1度観ていますが、やはり2度目のほうがよく理解でき、感動します。

孤独な女性ボクサーマギーと、トレーナー フランキーにやがて肉親のような絆がうまれ、試合は勝ち続けますが、あるとき危険な反則をするボクサーと試合中、くやしまぎれの反則に出た相手ボクサーに打たれ全身不随となったマギーを、フランキーが苦しみながら安楽死という行為に出るという物語。。。

クリント・イーストウッドは若い頃マカロニウエスタンに出演していた頃とは別人のようないい映画人になりました。老年期に入った〔許されざるもの〕とか〔マディソン郡の橋〕あたりから魅力を増してきましたね。背の高いクリントイー・ストウッド、若い頃から背骨が一個少ないような妙な体型だなと思っていましたが、老年になってからはそれが不自然ではなくなりましたhappy01

ボクサーを演じた主演女優、マット・ディモンによく似た顔だなと思ったのは私だけかな(*^_^*)

121_2111

|

« ある意味暴露本? | トップページ | 郷が大変な事に! »

日記」カテゴリの記事

コメント

TV映画「ローハイド」で副隊長・ロディ役で日本にデビューしたころのK・イーストウッドは少しヤンチャな雰囲気がありましたね。
マカロニウエスタン時代はアウトロー。
その彼が、実に良い役者、いや人として年輪を刻んだ良い顔になってきているな、ということは私もまったく同感です。


投稿: 風花爺さん | 2011年3月11日 (金) 09時48分

風花爺さん様
私は当時の超人気番組〔ローハイド〕を観た記憶がないのです(>_<)今動画を探して観ましたが、若いクリント・イーストウッド、いました、いました!\(~o~)/
しかし、老年になってあれほど味のある人間性を魅力的に見せる俳優になるとは思いませんでした。監督、プロデューサーとしても優れていますね。

投稿: おキヨ | 2011年3月11日 (金) 12時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ある意味暴露本? | トップページ | 郷が大変な事に! »