« 北アルプスと若尾文子 | トップページ | 自粛を返上、清里へ »

犬のトラウマ

大地震と津波に見舞われ地獄絵のような被災現場から、3週間経って漂流中の犬が救助され話題を呼びましたが、無事救出の幸運を得たワンちゃん、さらに飼い主に巡り会う事が出来た記事を読みました。大災害の中から拾い上げられたこれも貴重な命です。

ただ、このワンちゃん、漂流中の恐怖と孤独がトラウマとなって生涯残る恐れがあるのではと危惧します。私の飼い犬の経験からそう思うのです。

私は以前チワワを飼っていて、どこへ行くにも一緒に連れ歩いていたのですが、北海道旅行中、阿寒湖付近で事故に遭いました。広い自然の中を自由に走らせてやりたいという親心から首輪を解いてやり、犬は喜んで走り回ったあげくヒョイと道路に出てしまったんですね。そこへダンプカーが通り、あっという間に下に入ってしまいました。片足の先を失ってしまいましたが生きていたのは幸いと思わなければなりません。

それを境にどうしても車に乗りたがりません。エンジンの音であの恐怖が蘇るのです。動物病院などへ行くときどうしても車に乗せなければならないのですが、犬は半狂乱になってしまうので可哀想でたまりませんでした。これが14歳で死ぬまで一生続いたのです。

3週間漂流した犬はまだ若いといいます。人間は道理が解るので理性でトラウマを回避できるかもしれませんが犬はそうはいきません。なんとかその恐ろしい記憶から解放してあげたい思いです。 人も動物も命は同じと考えるから。。。

P1000372

胸にハト印のある子でした。

|

« 北アルプスと若尾文子 | トップページ | 自粛を返上、清里へ »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

それは旅行先で大変な事でしたね
よりによって道路に出ちゃ 広い場所だった
でしょうに。でも生きていたのはとても幸運
でしたね。今回救助された犬もかなりの
幸運でしょう ヘリで助けてもらった上に
飼い主に会えたんだから。

投稿: 越後屋 | 2011年4月 6日 (水) 10時14分

今頃気がつきました タイトル
犬の虎馬happy01
笑っちゃいけませんね。

投稿: 越後屋 | 2011年4月 6日 (水) 20時08分

おキヨさん 旅行に行かれているのでしょうか
返しのコメントがまだついていないのは
とても珍しいけど 体調でも崩しているのかな?
いずれにしましても日常に戻れますように。
旅行なら楽しんでください。

投稿: 越後屋 | 2011年4月 7日 (木) 09時57分

おキヨさん、こんにちは。
犬もトラウマになるんですね。それはつらいですね。人間でもPTSDになったら、自分の気力や理性だけではどうにもなりませんから。
漂流ワンちゃん、記憶がフラッシュバックしないような、海から離れた場所に住めるといいですね。

おキヨさんも事故のことで辛い思いをされたんですね。でも、車に乗せる時だけ嫌がったのなら、おキヨさんやご主人にかなり心を癒されたのだと思います。トラウマになった後で信頼できる人がいなかったら、テレビの車の音だけでパニックを起こすと思いますから。

投稿: みのまま | 2011年4月 7日 (木) 10時39分

越後屋様
コメントレスが遅れまして申し訳ありませんでした。ご心配もおかけしたようで。。。有難うございます。
ご推察のひとつ、一泊旅行をしました(^^ゞ
夫が天気具合を朝自分の目で確認してから〔それ行くぞ!〕と言いますのでPCを見ないまま出てしまうんです。

もう20年も前の話になるのです(^^ゞ
今回のワンちゃんは本当に運の強い子ですね。この先幸せになって、辛い思い出など忘れて生きてもらいたいですね。

なるほど、なるほど、犬なのに虎馬・・・よく思いつきました〔爆〕

旅行はこの時期顰蹙ものと思うのですが、最近自粛ムードの風向きが変わってきたようですよ。
災害に遭われた方に心は寄せますが、結局フツーが一番だと思います。

投稿: おキヨ | 2011年4月 7日 (木) 19時38分

みのまま様
なるんですよ、これが。。。愛犬家なら解ると思うのですが、理屈がわからない分かわいそうですね。人間は日が経つに連れて忘れる、記憶の底に沈めると言う事ができますが、動物はそうではないようですよ。
そうですね。車に乗らなければ恐怖を思い出すことは無かったかもしれませんが、一人で留守番は嫌、一緒に車に乗るのは恐怖、で犬も私たち夫婦も困りました。いちいち犬猫ホテルへ頼むんです。費用がバカにならない。。。^_^;

投稿: おキヨ | 2011年4月 7日 (木) 19時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北アルプスと若尾文子 | トップページ | 自粛を返上、清里へ »