« 邪険だったかも。。。(ーー;) | トップページ | トドヶ崎灯台 »

繰り返す言葉

日課としてブログを書き続けていると、意識、無意識に関わらず多く用いてしまう言葉があります。私の場合〔美しい〕が結構多く、〔いわば、〕とか 〔あるいは〕〔おもい〕なども多用している気がします。語彙に乏しいから同じ言葉を繰り返すこともありますが、その言葉が好きで繰り返し使うということもあります。

美しいと同じ意味の言葉で、〔きれい〕と云う言葉がありますが、こちらはめったに使いません。言葉に心を込めて使いたいときに〔きれい〕では物足りない気がするのです。

たとえば、赤子の小さな爪をみて〔まぁなんと可愛らしい爪〕と書けば充分に伝わると思うのですが、私はたぶん〔生まれたての美しい爪〕とかくと思います。〔美しい〕という言葉が好きなんですね。。。

ここで作家の名を出すのは恐れ多い話ですが、中野重冶は〔美しい〕を、佐田稲子は〔おもい〕を意図を持って多様したと何かで読んだ事があります。繰り返しますが私が同じ言葉を多用するのは単に〔馬鹿の一つ覚え〕です。。。coldsweats01

P1130955_2

P1130954

田舎道で見つけた芸術happy01

|

« 邪険だったかも。。。(ーー;) | トップページ | トドヶ崎灯台 »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

美しい に呼応するものを、何かしら心にお持ちなのだと思います。
 私も何度も使ってしまう形容詞、副詞が何かあるかもしれません。 調べてみようと思います

投稿: AKB48才 | 2011年4月21日 (木) 02時20分

おキヨさん
 言葉と人との関係は面白いと思います。
 どんなものでしょうね。自分にあった言葉を「造語」すれば・・。
 昔、と言っても私にとっての昔ですが、「風の音」を「風韻」と言う言葉で、雰囲気を持たせて自作俳句に詠みこんだ事があります。
 「造語」の心算でしたが、昔からある言葉だったことを、そのあと知ったことがありました。
 それはそうですね、そんな単純な意味ではなく「風の持つ厚みのある風情や、響きあう情感」を醸す言葉として既にあったのですから・・。
 渡辺淳一さんは「・・・なぞ。」と「・・・など」書かれます。 出版物は全てそのようになっていると記憶しています。  敢えて、出版社もそのまま使っているのでしょうね。
 

投稿: 風の樹人 | 2011年4月21日 (木) 09時48分

AKB48才様
おそらくその言葉に頼ってしまうんでしょうね。適切でないと思えるところにもあえて使っている場合もあります(^^ゞ
文章の個性、癖はおなじみになると大体判るようになりますね^^


投稿: おキヨ | 2011年4月21日 (木) 11時10分

風に樹人様
文章もまた人なりですね。人が作り出すものは書も絵も文章もまず〔人ありき〕だと思います。

文豪と呼ばれる作家でも、こちらの感性の鈍さを棚に上げて〔読みづらい、こういう文章はおかしいのではないか?〕ということが度々ありました。時を経て読み直してきてそれがなんとも味わい深い流れを作っているのだと思えるようになったのです。

因みに私は〔なぞ、など〕を〔なんぞ・・・〕と書いています。砕けた書き方のときに限りますが。。。


投稿: おキヨ | 2011年4月21日 (木) 11時32分

ブログ拝見しました。また楽しみにしてます。

投稿: 大塚 美容院 | 2011年4月21日 (木) 13時25分

大塚美容院様
ありがとうございます。

投稿: おキヨ | 2011年4月21日 (木) 16時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 邪険だったかも。。。(ーー;) | トップページ | トドヶ崎灯台 »