« トドヶ崎灯台 | トップページ | ご当地映画観賞 »

ところ変われば。。。麺類あれこれ

私の好きな若いブロガーGさんをお訪ねしたら、キャンディーズのスーちゃんが亡くなったことに触れていましたが、この方、キャンディーズ時代の彼女より〔揖保の糸〕のコマーシャルのほうの田中好子さんを連想されていました。じつは私も。。。かって短いスカートから若々しい脚を覗かせていたあのスーちゃんが55歳になっていたいうのにも驚かされました。ご冥福をお祈りします。

ところでGさんは〔ジーさんといっても40代前後の青年^_^〕揖保の糸のようなそうめんは、夏の暑いときの冷やしそーめんしかご存じないようで、熱々のソーメンを疑問視。。。彼ばかりではなくほとんどの方がそうかもしれませんね。しかし、私は奈良の旧い暖簾のお店で三ノ輪ソーメンの熱々を頂きましたがこれがなんとも絶品で、ソーメンは夏のものという固定観念を覆しました。

私の子供時代、郷ではうどんといえば冷麦の太さのものでした。私は関東へきて、太いうどんにびっくりしたものです。いまでは郷も関東と同じ太いうどんを食べるようになったようですが。。。ところ変われば形も、食べ方も様々に変化するんですね。

ついでに。。。うどんの平べったい〔ひもかわ〕というのがありますが、郷ではこのひもかわうどんを甘いあずきの中に入れて食べました。〔あずきばっと〕という郷土料理です。うどんの事を方言で〔はっと〕といい、あずきが前に来た場合には〔ばっと〕とにごります。この食べ方は郷里でもいまの若い人は受け付けないかも知れません〔笑〕

P1080875 

P1080810

P1080750

P1080759

|

« トドヶ崎灯台 | トップページ | ご当地映画観賞 »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

キャンディ-ズの3人に中でスーちゃんが
一番好きでした すこしぽちゃっとしたところが、
55歳とは惜しい事ですね~。
昔実家では盆に鍋で煮た熱い素麺?を食べる習慣が
あり 好きではありませんでした。
冷たくして出汁で食べたらおいしいのにな~
その頃は冷たい食べ方を知らなかったのです。
冷蔵庫のない時代もありましたからね。
ある時期インスタントラーメン(袋入り)を
箱で頂いて おいしかったな~
今食べたらどんな味なんでしょうね(笑)
きっと体に悪いものが一杯入っていたかも。 

投稿: 越後屋 | 2011年4月23日 (土) 01時36分

きのう朝起き掛けに我が家の可南子サンが田中好子さんが、元キャンディ-ズのスーちゃんが、乳がんで、55歳で、亡くなったんだってと普段はいそがず、慌てずの彼女が一気に話してくれました 田中好子さんの揖保の糸のコマーシャルはいかにも美味しそうに見えました ご冥福をお祈りします

C級グルメの、いやしんぼですが何故か冷やしそうめんは昔から苦手でして真夏でもあまり口にしません
熱い素麺のことを当地ではにゅうめんと言いますがそれよりも熱いうどんの方がいいです、子供の頃はさぬきうどんのような太さのうどんで育ちましたが、疎開先で60余年の今は近隣の製麺所のものの方が口に合っています
熱々の美味しいカレーうどんを食べたくなりました

投稿: sasahiro | 2011年4月23日 (土) 07時29分

越後屋様
キャンディーズの世代ではなくとも、あの人気だったので私もなんとなく知っています。一番可愛らしいのがスーちゃんですよね。本当に残念です。
私も子供の頃は麺類は嫌いでしたね。特に地方のお蕎麦は独特で子供の口には合いませんでしたが、大人になってその風味が解り、今で大好きです。

そういえばインスタントラーメンが出来初めのころ次兄がはまり込んでよく食べていたのを思い出しました。

投稿: おキヨ | 2011年4月23日 (土) 10時23分

sasahiro様
そうですか。田中好子さんは万人に好かれる女優さんで、お宅の可南子さんもファンだったのでしょう。人は亡くなってどんなに好かれているかがよく解りますね。残念な事でした。。。
まぁ、夏のおそうめん、美味しいのに・・・といったって嫌いな方には通用しないのは、好き嫌いの激しい私よく解ります^_^;

カレーうどんは私も好きです!お昼ご一緒にカレーうどんにします?good

投稿: おキヨ | 2011年4月23日 (土) 10時33分

そうなんですよ。 スーちゃんが。(悲)
私は昨日からPCつけっぱなし、懐かしのキャンディーズ動画見っぱなしです。


大分以前、気になって調べてみたんですけれど、「ソーメン」は主として西日本、一方「冷麦」は東日本で食されてきたようですね。
「揖保の糸」は私も好く食べてましたけれど、あれのCMがスーちゃんでしたか!
生え抜きの関西人の両親に育てられた私。 「ソーメン」の熱いのは、折々食卓に上っておりましたよ。
丼ではなく、お椀に入れて頂きます。 確かこれを「にゅうめん」と呼んでました。
身体が暖まりますネ。(^ァ^)

投稿: もとよし | 2011年4月23日 (土) 13時43分

もとよし様
貴方様もスーちゃんのファンでしたか。柔らかい雰囲気が男性ファンを魅了するんでしょうね。。。このたびは残念な事になりました。

へぇ~・・・そうですか。。。そうめんは関西、冷麦は関東というところでしょうか。。。そういえば夫がそうめんより冷麦を好みますね。

そうです、揖保の糸といえばスーちゃんです。揖保の糸本舗も痛手ですね。

そうめんの熱々、にゅうめんというんですね。この年まで知りませんでした。奈良で頂いた三ノ輪そうめんは上品な味付けて美味しかったですね。

投稿: おキヨ | 2011年4月23日 (土) 19時10分

追伸
平成14年か15年の初め頃かにテレビの放送で長浜地方を取材した番組がありました、その中で郷土料理の「焼き鯖そうめん」なるものをを紹介していたのを見て15年4月にそれをを食べに行く為のドライブをしました
少し濃い目に煮込んだそうめんの上に
焼いてから、やはり濃い目に煮込んだ鯖が載っていて「揖保の糸」のコマーシャルのようにきれいなウエーブで器に盛られていました
マイピクチャーに保存の画像を探して見たところ店頭で撮った写真に「翼果楼」と大きな店の看板が写っていましたが外もなかもひなびた感じのする店で観光客と思しき人達で一杯でした。

投稿: sasahiro | 2011年4月23日 (土) 20時59分

sasahiro様
〔焼き鯖そうめん〕は聞いたことがあります。長浜地方の郷土料理でしたか。。。食べてみたいですね。

京都には何度も入っているのに、長浜は一度行きたい行きたいと思いながらとうとう一度も行っていません。風情のあるいい場所のようですね。

ついでに立ち寄るというのではなく長浜へ旅行しなくてはいけませんね。焼き鯖そうめんを食べに行きたいですね。。。

投稿: おキヨ | 2011年4月24日 (日) 01時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トドヶ崎灯台 | トップページ | ご当地映画観賞 »