« 初心者同士 | トップページ | 身につまされる映画 »

柄の悪い客・・・汗!

一泊旅行で思い出したことがあるので逆戻りで記事にします(^^

ホテルの食事は個室で夜は和食、海が近いこともありこれは美味しかった。。。朝は洋食でした。ボーイさんが、絵のようにお皿に並べた彩の野菜を恭しくテーブルに。。。。ここはどうしても気取らなければならない雰囲気を感じて、我々老夫婦おもむろにフォークで白とピンクのグラデーションの美しいカブを口にしたのですが、夫〔・・・!固くて喰えねぇ!!・・・〕そんな大きな声ではなかったのですが、ボーイさんがしっかり聞きつけ、歩み寄ってきたので、私〔す、すみません、歯の治療中なもので。。。coldsweats01〕ボーイさん微笑みながら〔申しわけ御座いません。お取替えいたします〕しばらくして同じお皿が。。。夫は私の形相をみてさすがに今度は黙って食事をすませました。でもお皿にはカブと人参が残っています。私、カブは嫌いなので解りませんでしたが、人参は確かに和食のものと違い固い。。。

昨日、馴染みの〔洋食や〕にいって口に馴染んだものを頂きながら、その話をして〔ヨーロッパでは日本のように野菜を柔らかくしないんだって?〕と聞いてみるとシェフは〔そ~んなこと無いよォ!そりゃホテルの料理人の腕がおかしいんだよ!〕夫も〔だろう!あんな生煮えのものなんかどこの国の人間だって喰わねぇよ。。。俺ァ、よっぽどボーイにちょっとアンタ喰ってみろ、と言いたかったね〕店内はウエートレスの2人も含めて爆笑。

本当はどうなんでしょう。ヨーロッパの料理にお詳しい方教えて。。。(*^_^*)

P1040840 

|

« 初心者同士 | トップページ | 身につまされる映画 »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

私の乏しいヨーロッパの旅では、火を通したものでありながら、固くて歯が立たないような野菜が出てきた、という記憶は無いですね。
日本と調理方法が違う?というような経験はしていません。
登場する人参とカブはどんな料理で供されたものですか?
もちろん煮物としてで、生食ではなかったのでしょうね。
話の筋とは異なりますが、野菜でも、果物でも日本産のものは品質が数等高いな、という印象はあります。

投稿: 風花爺さん | 2011年5月29日 (日) 10時45分

風花爺さん様

〔固くて喰えねぇ!〕は歯が立たないわけではなく、普段カブというものは柔らかいものという思い込みがって、柄の悪いお爺の表現とお思いください^_^;
お料理は浅い器に無色のスープと共に盛られた色彩豊な野菜です。
想像するに、野菜の持つ美しさ、自然な味を味わうということではなかったでしょうか?

柔らかい根菜に慣れきってしまった私どもにはやはり馴染めませんでしたね。

それと似たようなことが数年前にも、これは風花さんもご存知のあるぶどう園で経営するレストランで頂いたランチもそういうことがありました。
付け合せのお野菜が美しかったのですがやや固い〔お爺流に言えば、固くてくえねぇ!〕ものでした^_^;

投稿: おキヨ | 2011年5月29日 (日) 11時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初心者同士 | トップページ | 身につまされる映画 »