« ボケのもと | トップページ | 保田春彦 衝撃的裸婦デッサン »

日影温泉の思い出

NHKプレミアムで朝ドラ〔おひさま〕を見た後に続き、火野正平さんの自転車の旅〔日本縦断 こころ旅〕を見ています。昨日は秋田県の〔日影温泉〕  

日影温泉の思い出・・・といったって私は一度も行ったことのないところ。  私がまだ中学生だった頃ですからやや、半世紀も前の話です。私のすぐ下の妹が皮膚病にかかり、皮膚病に効くという、秋田県大館市にある日影温泉に湯治に行くことになりました。当然母親といっしょにいくのですが、母が出かけるときにはなぜかなからず長女が一緒。湯治は最低10日は居ないと病気に効きませんので長逗留になります。残されたのは幼い妹2人と男達。お手伝いさんが居たとはいえ夕飯が済むと帰りますので父や兄達が居たにしろ心細いものでした。

数日して3人が戻ると湯治の話をして聞かせるのですが、なんだかとても楽しそう。。。それが一度ならず、学校が休みになるたびに3人で出かけるのですから、妹たちの世話をしなければならない私たまったものではありません。ようするに、妹の皮膚病をだしに使った母の休養だっだんですね。

というわけで、〔日影温泉〕という名のひびきは、一度も行った事がないのに、恨みがましい気持ちを含みつつ懐かしいさを感じるところなのです。

テレビの中の温泉場を見て亡母が好んだ日影温泉に一度は出かけて見たい気分になりました。

P1040880 

|

« ボケのもと | トップページ | 保田春彦 衝撃的裸婦デッサン »

日記」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
こころ旅>>私も見てます♪ なかなかいい番組ですね。 火野氏の素顔も拝見できるしbicycle
おキヨさんの日影温泉の思い出はそうなんですね☆
きっととても心地よいすてきな場所なのでしょうね。
一度ぜひリベンジを(^_-)-☆

投稿: エメ | 2011年6月 5日 (日) 09時39分

エメ様
こんにちは~♪
火野正平さんのてらいのない様子なんだかいいですね。見事に枯れました、といってもまだ60台なんですね。(~o~)

日影温泉というのは私の実家から当時5時間ぐらいかかった秋田の山奥だったと思います。置いてきぼりの思い出に繋がる温泉ですね。
今となっては懐かしい名前、一度は行って見たいとは思うものの現在の場所からは遠くなりました。

この先郷へ行く事があったら行ってみたいですね。。。

投稿: おキヨ | 2011年6月 5日 (日) 11時24分

京都を出発点とした「こころ旅・日本縦断」日本海沿いを北上し、いつしか秋田県に到達ですか・・私も時折観てますよ・・しかし自転車を踏む六十代の火野正平の息遣いはさすがに荒いですよネ(無理も無い)

お話を読ませて戴けば、我が子への思いは如何に公平なりと言えども、やはりそこには若干の差別がある様ですね
(苦笑)御母上からみて、長女であるおキヨ様の姉上は
いつでも連れ歩きたい自慢の子であったのかも知れませんネ・・・(これじゃ、おキヨ様が如何にも可哀そ過ぎっ!)(爆)

投稿: 伊藤 | 2011年6月 5日 (日) 20時49分

伊藤様
火野正平さん、さすがに坂道はきつそうですね。
あの方お爺ぃお爺ぃしてきてからの方が好感が持てます。どこか可愛らしい〔爆〕

そうです。私はずっと可哀想な子だったんです。
ですから大人になってから可哀想はしっかり返上させていただきました。

しかし、可愛がられた子はもろいですね。李香蘭似の姉も、今では80に手の届く婆様になってしまい
我がままだけは昔のままという嫁からみればク○ババ。smile家族泣かせの状態です。


投稿: おキヨ | 2011年6月 6日 (月) 00時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ボケのもと | トップページ | 保田春彦 衝撃的裸婦デッサン »