« 時間に几帳面な青年 | トップページ | 永遠のラヴ・ロマンス〔カサブランカ〕 »

輝かしき時代と没落

昨日で58年間に及ぶアナログテレビの時代が終了しました。

50数年前の我が家に、東北地方の片田舎としては比較的早い段階で、三種の神器 テレビ、冷蔵庫 洗濯機 が到来。なかでも輝かしいのがテレビの存在でした。私が中学3年頃だったと思います。

とはいっても、テレビはもともとは相撲好きの父が、相撲中継を見たいがために買った様なもので、NNKのニュースぐらいしか観るものはなく、普段は煌びやかなカバーをかけた役に立たない箱でした。それでも〔ゼスチャー〕という番組がある日はご近所を誘い我が家の居間は結構な〔劇場〕に変わり大勢で楽しんだものです。テレビが本格的に面白くなったのはやはり民放が田舎にも写るようになってから。。。なかでも花形番組はなんといっても〔プロレス中継でした。この頃は私も高校生になっていて、もう近所の子供達とプロレスを見て楽しむのは気恥ずかしい年頃。爆発的な人気の力道山は知っていましたが夢中にはなれませんでした。テレビを観るのが日常化したのは私が成人してからではなかったでしょうか。。。それでも田舎の事、当時は2チャンネルぐらいだったと思います。

鋳造所を営んでいた我が家は、戦後進駐軍の仕事をしたおかげで、いち早くテレビを購入できるほどの経済的余裕が出来ましたが、それはほんの一時期、日本経済の大きな波が東北の片田舎にも押し寄せ、個人企業だった我が家などあっという間に大規模工場に飲み込まれてしまいました。

4年前田舎に帰ったとき、昔と同じ場所に、型の古いテレビがぼやけた映像を写していましたが、長兄夫婦、テレビを買い換えたかと気がかりです。。。

115_1551

廃墟になってしまった仕事場

|

« 時間に几帳面な青年 | トップページ | 永遠のラヴ・ロマンス〔カサブランカ〕 »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

日本人の生活の中におけるテレビの存在、
この60年足らずの間で、様々に変化したのでしょうね。
最近はあまりテレビを見ない若い世代も
増えているとか聞きました。
実は我が家も、日頃からあまりテレビを見ないもので、
まだ買い換えていないのですcoldsweats01
まぁ、そのうちに・・・と考えているうちに、
数か月が過ぎてしまいそうですsweat01

投稿: hanano | 2011年7月26日 (火) 00時13分

hanano様
テレビというのは冷蔵庫や洗濯機と違い、無ければ無くてもいいものなのですが、なぜか家庭おいては最も必需品。。。

私も朝は習慣で必ずテレビは付けますね。日中はまったく観ません。夜はレトロな映画を楽しむくらいかなlovely
相撲や野球中継は夫と観ます。

話は違いますけど、ココログ広場をみたら、よその方も数人私のブログをご覧になっていて〔いいね〕を押して下さっているんですね。知りませんでした。
申し訳ないので何とかお返事をと思ってあれこれいじっていたらこんどはココログの編集画面が出なくなり往生しました。今は何とか戻りましたけど。。。coldsweats01
早く慣れて皆さんにお返事をしないと。。。^_^;

投稿: おキヨ | 2011年7月26日 (火) 02時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 時間に几帳面な青年 | トップページ | 永遠のラヴ・ロマンス〔カサブランカ〕 »