« 日光アレルギー | トップページ | 医療用円座クッション購入 »

男はサクランボ嫌い?

私はサクランボがモモの次に好きな果物。毎年サクランボが店内から消えるまで食べ続けます。

昔、夫にサクランボを差し出したら、二つ三つ抓んで〔こんなもの男の食うものじゃねぇ。〕といって、以来さくらんぼを食べるふうはありません。私は内心しめしめdeliciousサクランボが夫の好物だったらこれはたまりません。好きなものはとことん豪快に食べる人ですから。

子供の頃農家の人がリヤカーに季節の果物を積んで売り歩きましたが、当時東北ではサクランボはそう高い果物ではなく、我が家ではザル一杯のサクランボを買うのが常でした。ただしテーブルに集まって食べるのは女だけ。。。父はもちろん兄二人もその場に見た記憶がないですね。。。思えば、サクランボが大好物、と言う男性を知りません。あの小さく赤い、2個づつお手手をつないだような形が気恥ずかしくて男性を遠ざけてしまうかも?

昔〔黄色いサクランボ〕という歌が大流行しましたが、あの歌詞を作った星野哲郎さんはサクランボを好きだったのかな?〔♪若ぁ~いむすめは・・・〕ではじまる歌詞をおもえば、男性ばかりではなく、お婆がサクランボを食べている図もさまにならない・・・か^_^;cherry

P1120035

|

« 日光アレルギー | トップページ | 医療用円座クッション購入 »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

あらら、羨ましい。
我が「異常に果物大好き夫」の手(口)にかかれば
サクランンボ1パックなんぞ訳なく消えてなくなります。
だからいつもなるべく安いのを探してきて…(悲)。

だから、お皿に各自の分、取り分けてます。
まったくねぇ。

投稿: バルおばさん | 2011年7月21日 (木) 15時49分

バルおばさん様
ほう!サクランボ好きの殿様か~。。。食の幼児体験がなせるわざと思います。

我が家のお爺はものの無い時代の東京育ちですからおそらくサクランボなどと言うものを食べた事がないとおもいますよ。

その点東北は果物が安くて豊富でした。ですから私、果物貴族shine

投稿: おキヨ | 2011年7月21日 (木) 19時06分

サクランボは男の私でも食べれば品のよい甘さで、美味しく食べます。
アメリカンチェリーなどと比べても、日本の果物造りの技術の高さがわかります。
理由を幾つか挙げると、何となく男が口にする果物ではないような刷り込みがなされていて、男がサクランボを食べる姿がイメージし難い現象があるのではないでしょうか?
1、小さい~可愛い
2、色がキレイ
3、フルーツパフェなどに乗っかっている
4、サクランボなどと言う名前がそもそも気恥ずかしい・・・etc

とはいえ、今時の草食系オノコならそんなこと全然気にしないのかも知れませんね。

ところでサクランボは何でサクランボなんでしょうか?
日本中、どこに行ってもサクランボなんでしょうか?

投稿: 風花爺さん | 2011年7月22日 (金) 06時51分

風花爺さん様

私も、見るからに婦女子が好むような形と名前のサクランボを男性が表面的に好まないふり?をする、というところで風花さんと同意見です^^

サクランボを好きな男性は〔密かにでも^^〕味覚が発達しているに違いありません。

我が夫はというと・・・
1・・・どっちつかずの味 2 実の割りに種が大きくいちいち吐き出さなくてはならない 3 食べても食べても腹いっぱいにならない・・・あたりがサクランボを嫌う理由ではないかと。。。^_^;

単純ですが、桜に樹になる坊やのような可愛らしい実ということで、桜坊・・・さくらんぼう・・・サクランボ ではと思っていましたが?

投稿: おキヨ | 2011年7月22日 (金) 10時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日光アレルギー | トップページ | 医療用円座クッション購入 »