« 前途多難!(ーー;) | トップページ | 輝かしき時代と没落 »

時間に几帳面な青年

昨日、時間にルーズなオバチャンたちの話を書いていて、ふと、今時珍しいくらいくらい時間に正確な青年を思い出してしまいました。以前に書いた気もしますが新しい訪問者のために。。。

私がPCを使いはじめてかれこれ10年ぐらい経ちますが、その2年後辺りから我が家に出入りし始めたPCサポーターのO青年。最初のO君の印象は〔!高校生ヵ?〕と思うほど頼りない初々しい感じでしたが、仕事ぶりは充分に信頼できるものでした。機械ものに赤子同然の無知な私、何かと言えばすぐにO君に頼っていましたが、そのうち彼の来訪時間の正確さに気づかされます。

私自身時間にはかなり几帳面なほうなので、初めのうちは正確な約束時間に到着する彼を当たり前のように思っていたのです。しかし2,3年して、ふとその正確さがただ事ではない?ように思えてきました。午後1時というとほぼ間違いなく1時5分以内にチャイムがなります。気付いてから面白いので、窓から覗いていると、彼はどうやら早めに着いたときには車の中に居るようで、早く着いたからといって約束時間前にはチャイムを押す事がありません。約束時間ぴったりなんですね。。。

もう7,8年の付き合いで、プライベートな話などをするようになっても、約束時間がおろそかになる事は一度たりともありません。お客の信頼を得るためなどということではなく、O君自身の性格だと思うのです。

当然のこと、当たり前のことだった話を、今、特異な例として書かなければならないのが不思議ですね。。。

P1130058

|

« 前途多難!(ーー;) | トップページ | 輝かしき時代と没落 »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
今日はブログへのコメントや広場での
つぶやきをいただいて、ありがとうございましたheart04
時間に几帳面な青年のお話、感心しながら
読ませていただきました。
実は、ずっと若い頃の私はよく遅刻していたもので
(気持ちは、とても申し訳なく、焦っているのですが、
なぜか遅れてしまう・・・coldsweats01)、耳の痛いお話でした。
今では、少しは成長して、遅れることはなくなりましたが、
やはり時間に正確であるということは大切で、
誠実さや信頼を感じることができますねshine

投稿: hanano | 2011年7月24日 (日) 17時28分

おきよさん・hananoさん
 ズーと昔の話です。 ある公的な委員会で、尊敬していたDR.M 先生がメンバーにいらっゃいました。
 やはりその日も、田舎の時間で、開会時間から15分が経過しても、会議が始められなかったことがありました。 なにもいわないでDr.は席を外されて帰宅されてしまいました。
 私も同感でしたが、席を立たずに会議の始るのを待ったことを思い出すのです。
 Dr.はすでに故人に成られていますが、私はその事件の後、懇意にして頂いていたこともあって、そのことに付いて、質問したことがあったのでした。   「15分殺されたのだよ」と、自分の書斎で、当然だよ、と悪びれず解説を戴いたのでした。
 以降、私は、会議など、時間の指定されている招集には10分以上早く、席に付く癖が付いています。
 家内には、「貴方いらちね」と冷やかされながら・・。

投稿: 風の樹人 | 2011年7月24日 (日) 18時12分

私もhanano様と同じく(恥)、若い頃は5分くらい遅れる
事が結構ありました。
さすがにこの年までくると遅れまいと必死で(泣)
間に合わせますが。
でも最近始めた英会話、なんと私が一番若い(最年長は
75才)、なのに私ともう一人のおじぃちゃん以外
全員が!20分以上遅れてくる、それも毎回!
習い事で先生を待たせるという申し訳なさを年配の彼らが
持ってないのが、本当に理解出来ません。

投稿: バルおばさん | 2011年7月24日 (日) 22時19分

hanano様
あ、ではココログ広場のほうは上手くいっていたんですね♪
まだ成人していない頃の事、誰だって失敗の一つや二つ当たり前ではないですかchick
しかし、これとて、皆がそういうことであるならば間違いということにはならないのです。たまたま私という煩い婆さんが居たからで、私も時間にルーズであったならなんら問題のない話。。。〔爆〕

時間に几帳面な青年だって、私には申し分のない青年でもでも、きっちり出来ない若い女性から見ると嫌味な人間にならないとも限りませんからね。eye

投稿: おキヨ | 2011年7月25日 (月) 00時28分

風の樹人様

私はDRの態度に賛成です!時間がいかに大切なものかを周囲に知らしめる行動だと思います。ただ、私は帰宅する勇気はないかもしれませんね。私などがDRと同じ行動をとったら了見の狭い偏屈婆さんとなってしまいます。そこはやっぱり行動に相応しい〔人〕でしょうね。

私も親しい人とも待ち合わせのような場合でも10分は余裕を持って出かけます。待たせると相手に失礼とかいうのではなくそういう性分なのです。
おそらく私中高時代学校の教育方針から学んだ事かもしれません。

投稿: おキヨ | 2011年7月25日 (月) 00時50分

バルおばさん様

まだ人として出来上がっていない頃はそんなものですよgood理由があって遅れるのはやむを得ません。
必ず遅れるという人確かに居ますな〔爆〕もうある年代に入るとこれも苦笑で許してしまいますcoldsweats01
許せないのはやっぱりしょうもない話に夢中になって時間を忘れてしまう若いオバちゃん達。。。
人を待たせるのが悪い事だという認識のない〔立派な大人たち〕です。。。

投稿: おキヨ | 2011年7月25日 (月) 01時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 前途多難!(ーー;) | トップページ | 輝かしき時代と没落 »